フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2009-07-22

[][]皆既日食とゲーム

というわけで、今日の話題はなんといっても皆既日食。私の住んでいるところではあいにくのお天気であまりよく見えませんでしたが、それでも、厚い雲間からかろうじて欠けてる太陽の姿は見ることが出来ました。ちょっと時間が遅かったので、アップルのマークぐらいの欠け方でしたが。

皆さんはいかがでしたか?




という話は一般ネタブログに書くとして、ゲームさん的にはやっぱりゲームとからめてみたいわけです。

太陽といえばプロミネンス、といえば真っ先に思い出すのはこれ、と言う方も多いでしょう。

f:id:fukutake:20090722225152j:image

ご存知「沙羅曼蛇」(写真セガサターン版)。発表当時はこのプロミネンス演出に度肝を抜かれたものです。っていうか、プロミネンスって言葉を知ったのも、このゲームがきっかけだったかもしれません。

プロミネンスといえば、「ギャラクシーフォース」の2面では、立体表現されてましたね。あれもまた実にすばらしかった。

それはさておき、もっと直接的に「皆既日食」をストーリーに絡めている作品を見つけました。

f:id:fukutake:20090722225543j:image

きらり輝くダイヤモンドリング。まさにこれこそ皆既日食ですな。というわけで、そのゲームは、といいますと

f:id:fukutake:20090722225517j:image

ゲームボーイアドバンス版「キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲」です。ストーリーにも思いっきり「皆既日食」という単語が出てきます。

f:id:fukutake:20090722225355j:image

…ん?2035年?ってことは、次回の皆既日食ときの話なんですな。

2009-01-30

[]キャッスルヴァニア 白夜の協奏曲

id:fukutake:20090116#p1からプレイを始めた「白夜の協奏曲」をクリアしました。

…かなり難易度低いですね。割と力押しでもごりごり進めちゃいました。ボスもアドリブで攻略できましたし、ラスボスも弱い弱い。昨年末プレイした「悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印」に比べると難易度は雲泥の差ですよ。

何も考えずにサクサク進めるのは楽しかったですが、ちょっとマップが冗長だったかな、という気がしないでもないですね。ブロックごとのつながりがいちいち遠回りでかつワープポイントが後半にならないと作動しないので、移動がかったるかったです。前後にダッシュ移動が出来るのでまぁなんとかカバーできますが。

マップそのものに隠された最大のギミックは面白かったですね。途中まで何がなにやら分からずにプレイしてたら、あるときに「ああ、そういうことだったのか!」と分かって目からウロコ。「月下の夜想曲」に似ているけど別のアプローチうまいですなぁ。

探索型「ドラキュラ」の売りといえば緻密なグラフィックですが、GBAとしては及第点といえるでしょう。前作「サークル オブ ザ ムーン」と比較しても格段に表現力が上がっているのが分かります。この技術力が後の「暁月の円舞曲」に生かされているわけですなぁ。

2009-01-16

[]キャッスルヴァニア 白夜の協奏曲

てなわけで、なんだか年末から「ドラキュラシリーズ」づいているこのブログですが、昨夜ふと、「そういえば『白夜の協奏曲』って、どんな内容だったか全然覚えてないな」と思い、引っ張り出してみました。

…ははぁ、こりゃ覚えていないはずだわ。

最初のセーブ部屋までしかやってませんでした。あはははは。このころは探索型のゲームに食傷気味だったのかなぁ。

ということで、とりあえず今日の通勤時間に1時間ほどプレイしてみました。…序盤のせいか、ヌルいすね。とりあえずボスなんかも力押しでなんとかなっちゃう感じ。

このまま飽きなければ、しばらくやってみようと思います。

2008-06-18

[]リズム天国プレイ

来月、続編の「リズム天国ゴールド」が出るとのことで、久々にプレイしてみました。確か、発売当時(id:fukutake:20060816#p2)にはほぼ全部のゲームでパーフェクトを出したのですが、他人に貸したときにセーブデータを一旦消してしまったので、もう一度最初からやり直し、と。

で、今日ようやっと全ゲームでのパーフェクトプレイ達成。やっぱり鬼門だったのは「トスボーイズ」で、最後まで残ってしまいました(前回プレイしたときはパーフェクト出来なかったような記憶も…)。往復の通勤電車の中でひたすら1時間近くプレイしてようやっと「トスボーイズ」「トスボーイズ2」ともにクリア。最後の「きーやん」の一発は心臓バクバクものでしたよ。判定シビアだわー。

プレイしながら「絶対、あおくんとあかちゃんって出来てるよなー。一人で浮いてるきーやんカワイソス」とか、どうでもいいことを考えてしまったりしました。だから苦戦したんだわ。

2006-08-16

[]リズム天国

全ステージでハイレベルメダルをゲットしました。現在、パーフェクトプレイに挑戦中。

だけど、残り20個ほどで早くもあきらめモード。「トスボーイズ」とか「ゐあひ斬り」がどうも苦手。絶対むりぽ。

2006-08-03

[]リズム天国とG&W

バカゲーっぽいかほりに惹かれてゲットしましたが、おんもしれーっ☆

内容はひたすらボタンでリズムを刻むだけのミニゲーム集。やってることは単純なのですが、バリエーションに富んだ見せ方が非常に面白くて、始めたら止まらなくなります。細切れにサクサク進むのも小気味よくていいですね。以前に一度クリアしてしまったゲームを、あとで「キャンペーン期間中!」とか言って、もう一度プレイする気にさせるのがうまいなぁ、と思いました。グラフィックとか演出のテイストは「メイドインワリオ」っぽいですなぁ。開発チームが同じなのかも。

このゲームは明らかにリズムを前面に出してますが、僕は以前から密かに好きなリズムゲームがあるんです。ゲーム&ウォッチの「バーミン」。見た目はもぐらたたきなんですけど、あれ、絶対もぐらたたきの皮をかぶったリズムゲームだと思うんですヨ。スピード早くなるとノリノリになって、ドーパミン出まくり、みたいな。そういうゲームのテンポを大事にするところが、この「リズム天国」似合い通ずるところがあるような気がします。

ちなみにバーミンはゲームボーイの「ゲームボーイギャラリー2」でプレイできますよ

追記:おとなり日記見て知ったんですが、この「リズム天国」、つんく♂プロデュースなんですな。ステージ3のリミックス面にあの人の曲が使われててびっくりしましたが、うーん、納得。

2006-07-13

[]ビットジェネレーションズ

というわけで当然のごとく3本買ってきましたが、何か?タイトルが覚えられなくて、行きつけの店で店頭予約できなかったのはナイショ。

まず手にとって見て、箱がオッシャレー。化粧品みたいです(とはいってもオレ、化粧品なんかもってないですが)。引き出し式のジャケットはアイコンがレリーフ調に浮き出ていて、その部分だけツヤツヤ塗装。中箱は銀色のピカピカ。手にしたときの満足感にあふれています。ウォークマンAのパッケージで言われていた「おもてなしの心」って奴ですな。高級感あふれるパッケージは、ファミコンミニあたりからの系譜でしょうか。

で、内容。ぱっとやってみた感じですが…真っ先に思いついたのが「実にベーマガちっくだなぁ」ということでした。あの雑誌に載っていた「ちょっとアイデアに富んでいるシンプルゲーム」なかほりを感じます。もちろん、こっちのほうがやってることは高度なんでしょうけど、でも、いくらライトゲームがブームの昨今とはいえ、ゲームとしてのこの内容だけに2000円の価値を見出すのは正直厳しいのではないかと思います。ゲームウォッチが6000円で売れていた時代でもあるまいし(って、これでも飛ぶように売れちゃうのでしたら、ごめんなさい)。

かといって「じゃあ7種類を1本にまとめて売れよ」っていうのも違う気がします。そもそも、そういう売り方をしたら、ありきたりの「ミニゲーム集」みたいな、さほど話題にもならない凡作にしかならないと思います。

結局、これはゲームの中身と一緒に、シリーズのコンセプトとかデザインとかパッケージとか、そういったのを全部ひっくるめて「2000円」という価値で売っているってことなんでしょうね。そういう意味では「エレクトロプランクトン」に近いのかなぁ、と思ってみたり。多分これを買うような人には、1本単体で買うより、7種全部買っちゃう人が多いんじゃないかとも思います。ただ、やっぱり見た目的にはプロダクト寄りの傾向からは離れられず、アートにもなりきれていない、という感じ。素敵なパッケージも、前面の「CEROマーク」に気づくとかなり興ざめな感じがします。

それと、プレイするならやっぱり金属の高級感漂うゲームボーイミクロでないと魅力半減ですな。アドバンスやDSのプラスチッキーな筺体ではやっぱりイマイチかもしれません。

2006-01-19

[]ハドソンベストコレクション Vol.5 シューティングコレクション

アドバンスでハドソンゲー復刻シリーズ。スターソルジャーはファミコンミニ版に続いて2度目の移植ですね。ただ、どうも今回のこのシリーズは音の再現度に難があるらしく、このソフトも微妙にプチプチノイズが入ったり、ショット音のテイストがホンモノと違ったりしてます。でもスターソルジャーのボスBGMに関して言えば、ファミコンミニ版よりこっちの方がいいかもしれません。

あと、何よりありがたいのがソフトウェアで連射機能付いていること。PSPで「スターソルジャー」を出したときも連射機能がついてましたが、携帯機では連射がしづらいというハードの特性をちゃんと考えて作られていることには非常に好感が持てます。

それにしても、このシリーズをゲームボーイミクロのファミコンカラーでやってると、なんというか贅沢な時代になったもんだなぁと、感慨深いものを感じます。ジジイになった証拠ですな。

2005-10-20

[]ガンスタースーパーヒーローズ

発売日に買ってようやっとクリアしました。…イージーモードだけど。最終面に行くまで「バズーカ」の存在を忘れてました。それでもなんとかクリアはできるイージーモード素敵。

ラスボスはつらかったですね。何度も何度も再チャレンジしてようやっと、って感じです。それでも再チャレンジする気にさせるのがこのゲームの面白さなのかも。

アフターバーナー面とかギャラクシーフォース面って、どっちかっていうと背景が回転する派手なジャイラスのイメージでした。

2005-09-13

ホンモノとニセモノ?

[]ミクロがやってきた

というわけで、買ってきました。お前は家に何台アドバンスがあれば気が済むのかと小一時間(以下略)。

朝一で行ったトイザらス、さぞかし並んでいるのでは…と思ったら、私を含めておじさんおばさんが4人だけ。しかも一人のおじさんは店の入り口が開くと同時にトイレに駆け込んで行っただけみたいだし、僕のほかの二人はどちらも再販版の「スーパーマリオ」を買っただけでした。もしかして予約しなくても余裕で買えたのかしら。まぁ、確かにモノはアドバンスでしかありませんし、トイザらスのターゲット的なお子様にはあまり訴求しないんでしょうか。

というわけで記念撮影。ホンモノのコントローラより一回り小さいです。厚みほぼ同じか、ちょこっとだけミクロの方が厚いぐらい。液晶はちっちゃいけどすごく明るくて見やすいですね。

本体が金属チックでピカピカしてて、質感が実に良いですね。手に持っててわくわくします。なんとなく「初めてゲーム&ウォッチ」を買ってもらったときの優越感を彷彿としました。スタートとセレクトの文字が光るのもカッコイイ!

fukutakefukutake 2005/09/13 22:13 ちなみに、こっそり数えてみたら
・アドバンス x2
・アドバンスSP x3
・ゲームボーイプレイヤー x1
・DS x1
・ミクロ x1
アドバンスソフトが動くハードが8つもあった…。ガクブル

thidethide 2005/09/14 08:56 ウチも5つありました(上記が各1)。もうアホですな。