フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2008-09-02

[][]グラディウス リバース

そういえば今日から配信開始だ、と思い、早速ダウンロードしてプレイしてみました。

オープニングに踊る「ジェイムズ・バートン」「ヴェノム博士」の人名を見てびっくり。MSX版「グラディウス2」とストーリー的なつながりがあったんですね。

他にもBGMやら面構成やら、なんだか妙にマニアックなモチーフが多い上に、「グラディウス外伝」「グラディウスジェネレーション」等々も含めた往年の作品を彷彿とさせるドットくっきりテイストのグラフィック。こいつは実にオヤジホイホイな内容だなぁ、と思ったら、こっちもM2開発だそうで。

ああ、納得。

ちなみに、WiiゲームワイドTVプレイするとき、画面比率をどうするかにいつも悩むのです。4:3比率で作られた画面が16:9に引き伸ばされるのが、個人的にはどうしても許せないんですよ。Wii場合、他の機種と違ってその辺はTV側で調整しなければならなかったりするのがちと面倒ですね。まぁ、パッケージ売りされているのは大体において16:9でそのまま出せばいいんですが、今作はどうでしょう?備忘録がてらメモ。ピンボケは気にしない。

本体設定を4:3TV4:3で出力

f:id:fukutake:20080903024918j:image

本体設定を16:9、TVも16:9で出力

f:id:fukutake:20080903024919j:image

本体設定16:9、TV4:3で出力

f:id:fukutake:20080903024920j:image

ロゴ表示なんかは16:9でも正しい比率になりますが、ゲームそのもののグラフィックは4:3が正しい比率っぽいですね。本体の設定をいちいち変えるのは面倒ですし、TV側を4:3で出すのがよさそうです。

2008-08-09

[]実機メンテナンス

どうしても遊びたいソフトがあったので、久々に実機(HitBit HB-F1XDJ)を引っ張り出してきたんですが、起動してみたらなんだか一部のキー入力が入りっぱなしになってしまい、マトモに動作しません。うーん、どうやらキーボードの調子が悪いみたい…。

というわけで、

f:id:fukutake:20080809154730j:image

軽やかに分解。背面のネジを6本を緩めて上面の筐体を外してしまえば、キーボードASSYそのものは非常に簡単に分離できます。が、そのキーボードASSYの中身を見るために外すネジがものすごく多くて、ちょっと面倒でした。

で、いろいろ調べてみたところ、どうやらキーボードの中に染み出した謎の液体でフレキシブルパターンの一部がショートしてしまっていたのが原因の模様。染みている部分を軽く拭いていたらパターン表面の保護層がはがれてしまったので、いっそそのままパターン層に染みている謎の液体を全部ふき取り、組み立てたら正常に動くようになりました。ラッキー

ただ、ふき取ってるときに思わぬ力が入ってパターンの一部を削ってしまいまして…なんとか髪の毛一本で繋がってる箇所が発生。いつ切れてもおかしくなさそうですし、保護層取っちゃったせいで今後パターンが腐食してしまうかもしれないので、早めにドナー見つけて移植しなおした方がよさそうですなぁ。

[]タケル伝説

で、そこまでしてプレイしたかったゲームがこれ。

f:id:fukutake:20080810015122j:image

いつ見てもステキタイトル画面…。名前のとおり、もともとは「ソフトベンダー タケル」で発売していたアクションゲームですが、その後「ディスクステーション #24」にも収録され、私が高校のとき、友人との間で一大ブーム(オオゲサな)が巻き起こったゲームなのです。昨日、会社帰りによったお店でたまたまこの「ディスクステーション」を発見して買ってしまいました(以前も持っていたはずなんですが、行方不明になってしまって…)。モノがディスクなので1Chip MSXは使えず、Windowsの「MSX Player」でもなぜか起動できなかったので、実機しか選択肢がありませんでした。

f:id:fukutake:20080809224030j:image

十字キーの左右で移動、上でジャンプ、ボタンで突きと蹴りを出す主人公「タケル」を操作して画面内の敵を全滅させるのが目的です。上の画面だとなんとなく「ドンキーコング」的な展開をイメージしますが、あくまで目的は敵の殲滅。ちなみに、上の画面のボスキャラっぽいヤツを倒すと

f:id:fukutake:20080810010857j:image

というセリフを残すあたりに時代を感じます(鬼瓦権造ですな)。この写真を見るように最初のころのステージは割と簡単なのですが、だんだん

f:id:fukutake:20080810011104j:image

アスレチック要素が入ってきたり、さらには

f:id:fukutake:20080810011533j:image

どう移動させていくか、考えさせられるパズル要素も。全16面あるそうですが、私、まだ10面までも行けてません…。

ちなみに、タイトル画面を始めとするグラフィックのセンスのステキさもさることながら、BGMの単調さがまたとても印象的なのです。印象的すぎて一度聞いたら頭から抜けなくなるぐらい。昔、このBGMをX68kMMLで再現したっけなーなんて思い出しながらプレイする、土曜日の午後なのでありました。

fukutakefukutake 2008/08/10 02:24 追記:「冗談じゃないよ」と言うボスの名前が「タケシ」だそうで…なるほど。

2008-05-29

[][]アレスタ for バーチャルコンソール

ようやっとリリースされたようですね。当初の予定では、確か2007年春リリースとかだったので、実に1年もかかっての配信開始ですか。D4エンタープライズはプロジェクトEGGでの実績もあるところだから、VC提供もその流れで楽に実現できたのかな?なんて思っていたんですが、ここまで遅れるにはそれなりの事情があったんでしょうなぁ。

しかも開発が、ひるいなきレゲー移植集団M2になったそうで。

http://www.mtwo.co.jp/news/20080527.html

しかもこのプレスリリース見ると開発したのは「2008年」となっており、ってことはそれまでの2007年には一体何が起こっていたのやら…と想像するのも面白い(おそろしい?)かもしれません。

まぁ、そんな事情はさておき、早速ダウンロードしてみました。ちゃんと音源にPSGとFM-PACが選べるところが泣かせてくれます。さすがM2、いい仕事してますねぇ…。

贅沢を言えば、MSXの起動ロゴが出て欲しかったわ。