フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2012-06-10

[][]バーニンラバーとゼロイゼ

以前購入したX68030/Windows版「ロードブラスター」「サンダーストーム」

f:id:fukutake:20121125234048j:image

に、なんとおまけでデコカセのゲームが入っているという情報をつい最近耳にしまして、なんとX68k実機での稼働もできるとのこと。そんなことを聞いたらどうしても実機で起動したい!といてもたってもいられなくなり、先日、実機での起動を試みてみました。


我が家X68kLANはおろか工学ドライブさえついていないので、Windowsからファイル転送は、RS-232Cクロスケーブルシリアルポートを直結をしたのち、WinTeraTermX68k側ZM.xでのZMODEM通信で行うことに。思ったよりスムーズに導入出来ました。


さらに「バーニンラバー」「ゼロイゼ」は、Human68k Ver 3.00以降でないと起動しないとのこと。うちのX68kシステムは2.02なので、インターネット無償公開されているHuman68k 3.02のシステムディスクイメージシリアルで転送、実機側でディスクイメージを5インチフロッピーに展開し、必要ファイルコピーするという、すごいんだかすごくないんだか分からない手段を駆使して、なんとか起動ディスク作成成功、結果…

f:id:fukutake:20121125233306j:image

f:id:fukutake:20121125233307j:image

やったー!!動いたよー!!Windowsエミュレータ経由で動かすのもいいですけど、やっぱり実機で動かすのは、そりゃもう格別の気達成感なわけです。この時代にこんな素敵なソフトX68kに用意してくれた開発者のみなさまにただひたすら感謝感謝

2011-07-11

[]スプラッターハウス 今更パッチ発見

遥か8年前に買ってレビューしたWindows版の「スプラッターハウス」(id:fukutake:20031214#p2)、当時は「BGMが右パートしか鳴ってない!ありえない!フンヌー!!」とケチョンケチョンに書いたものですが、これって修正パッチが出てたんですね。

http://mk-hanbai.jp/support/mkw/298/update.html

メーカーでのサポートは終了してますが、ダウンロードページが残っていることについ先日気づきました。正直メディアカイトだし、こんなマイナーな商品サポートなんかされないよなぁ…と端から期待もしていなかったんですが、えらいぞメディアカイト。見直しました。


パッチ当てたらちゃんと両パートなるように鳴りましたよ。スピーカーがショボイのでちゃんとステレオになっているかどうかまでは分かりませんでしたが、モノラルでもちゃんと楽曲がなっていれば御の字かなーと思います

2003-12-14

[]スプラッターハウス

メディアカイトからWindows版「スプラッターハウス」が出ていたので購入しました。

http://store.gmani.com/detail/mkw-298/mkw-298.html

ややマイナー系のこの作品ですが、実はアーケード版は結構やったクチで、PCエンジン版はもちろんのことFM-TOWNS版も持ってる私なので、Windows版として正式にリリースされるのは非常にありがたく思います。これで「マーティにチャンネルを合わせ」なくて済むってもんです。

で、Windows版ですが、これまでのメディアカイト製品同様中身は単なるエミュレータのようです。ROMなんてディレクトリがあったり、DLL6809.dllなんてファイルがあったり。そういう意味でゲーム内容自体はほぼオリジナルのままの移植を実現できてると思います。MAMEでは実現できてなかった「ランダム発生イベント」もきっちり再現されているそうで(MAME版やったことないけど)。PCの要求スペックが高すぎることに不満もあるようですが、うちのPentium4 2.0GHzならノープロブレム。

が…唯一にして最悪な欠点が音楽の再現性。すべての曲、効果音がWAVファイルで再生されます。音源のエミュレーションは大変そうだし、これ以上マシンパワーを食うわけにもいかないだろうから、それはまぁいいでしょうし、ちゃんと演奏されるなら多少音質が悪くても目をつぶりましょう。ちゃんと演奏されるなら…。

聞いてみるとどうにもおかしいのです。歯抜けというか一部パートがごっそり鳴らないというか。手元にあったアーケード版のCDと聞き比べて仰天。なんとWindows版は原曲の右パートしか収録されてないのですよ。普通のステレオがモノラル収録されてるのならまだしも、右パートのみが左右スピーカーからモノラル再生されるという…どうしようもない仕様になっております。どうやったらこんな間違いを犯したまま作っちゃうんでしょうか?このゲーム、音楽と内容が密接に絡み合ってあの独特の雰囲気を醸し出しているというのに…きっと作者はさほど思い入れがないんでしょうなぁ。最悪。というかこんな間違い移植、原作者に失礼ってモンです。

その昔、PC-6001版ゼビウスが出たときは「ゲームとしての出来はいいけど、オリジナルには劣るので」という理由で「タイニーゼビウス」というタイトルになったという逸話がありますが、それだけ移植する側もされる側もオリジナルを尊重してたということなんでしょうねぇ。その精神は今いずこ…。