Hatena::ブログ(Diary)

Welcome to Full House

2012-10-19 散歩の鉄人 !

fulmas2012-10-19

[] 東京駅&小川町 11:02

f:id:fulmas:20121019093058j:imagef:id:fulmas:20121019093053j:imagef:id:fulmas:20121019093047j:image

一雨毎に涼しさから寒さへと替わる今日この頃!猫肌が恋しくなりまする!(笑)

昨日は楽しいお上りさんして来ました!(再笑)曇空の中お色直し完成の「TOKYO・Station」東京駅であります。

まずは全国駅弁が一堂に会した駅弁屋「祭」へ(改札内1階セントラルストリート)あるはあるは美味しそうな

全国の駅弁、不埒なお父さんが出張と証して浮気旅行の際、アリバイ証明の為に我が家に買って帰るという(?)

金沢の「ますの寿司」や仙台の「牛タン弁当」が懐かしい!、先ずはイクラ、ウニ、カニの入った新千歳空港発「北の海鮮鮨」

と綺麗にデザインされた「信州寺町弁当」を買ってみました、東京駅は八重洲口、日本橋口、それに丸の内口があるのですね?

丸の内口を出て「新丸ビル」から写真をパチリ(とは言わないか・笑)、いるはいるはお上りカメラマン!

土日だったらもっと凄いんだろうな?お洒落な新丸ビルの7階テラスからの眺めは最高でした、生憎の雨が降り出し、

5階のレストラン欧風料理とワインの店「ヴァンルージュ・ヴァンブラン」の窓から東京駅を眺めながらのランチは最高!

6階だと四川料理屋になる、5階にはHIDE君が喜びそうなドイツビアバー「フランツ・クラブ」という

ドイツ直送のソーセージと独逸麦酒の店がある、色気より喰気が走ります(笑)5階と6階には旨いもん屋がひしめいているのだ、

お腹が一杯になり、時間も無いので友人の店へ珈琲飲みに、地下鉄丸ノ内線で小川町へ、新宿線に乗り換え

神保町で降りて靖国通りをぶらぶらしながら目指すCafe&Wineの店というより所謂ジャズ喫茶「GRAUERS」へ、

ドアを開けるとそこは正に最高の「オーディオ・ルーム」、黒い壁とデコボコしたレンガ、カウンターの天然木がマッチしている、

オーディオとアナログ盤以外は目に入らない!シンプルで几帳面!食器も酒もコーヒーも見えません(驚)

「丁度一周年目で音がシックリして来て良い感じになった!」とニコニコ顔のマスター!

JBLのスピーカー(4333A)が

奥に鎮座まし、マッキンのアンプがクールな青の光を放っている、入ってすぐのカウンターはとっても居心地が良い!

午後の1時から6時まではコーヒータイム、6時から11時まではバータイムだ、

ドノヴァン~マギーの後を76年から始めた稲毛のジャズ喫茶「キャンディー」の創始者フルショウ君がオーナーである、

キャンディーは現在ミヨコさんが立派に仕切っているが、あの頃同じ「しんちゃん」同志仲良くさせてもらい、

オーディオもマッキン&JBLを勉強させてもらった、ジャズの事もネ!

何年振りかで会って随分と時間が経っているのに、自然に打ち解け会話が出来る、欲張りで猥雑なロック屋の親父と

変わらぬジャズに対する愛情を持つジャズ喫茶のマスターだが、これからも付き合って行けそうだ!

昔通った今は無き有楽町の「ママ」、渋谷の「スイング」、新宿の「ディグ」が懐かしいが今は神保町のジャズスポットが熱い、

「GRAUERS」のほかにも老舗「NARU」や「ビッグボーイ」等10軒程あり、ロックでは「ウッドストック」という店が近くにある。

小雨降りしきる中楽器屋たくさんある坂道をJRお茶の水駅まで歩き黄色い電車の中で昼寝しながら帰って来た。

君思う 草野水路に 秋の雨 ! 降枡

成田山成田山 2012/10/19 17:58 おお〜!「リバーサイド」おたくのシンジロウー先生!
きっとお空でビル・グラウアーさんも謝謝してるょ〜!
しかし貴殿と同じく「志」のある方はキャッシュフロー
が潤沢なんだねぇ〜?!

ところで今度の「しん散歩」では成り行きツーショット
が無かったのかな?でも成り行きお持ち帰り?の駅弁を
ゲットしたから?(笑)

戦友トシさんの13回忌の年が50周年です?!
稲毛のシーラカンスと言われるまで元気で頑張って下さい!!


★秋菜漬ける母のうしろの暗がりにハイネ売りきし手を垂れており・・修司


井上陽水(64)が元気に歌ってるょ〜!

ホテルはリバーサイド
川沿いリバーサイド
食事もリバーサイド
OH〜 リバーサイド

ホテルはリバーサイド
水辺のリバーサイド
レジャーもリバーサイド
OH〜 リバーサイド

 
*CANDYのLink貼って無かったなぁ〜?(意味不明!

fulmasfulmas 2012/10/20 15:45 そういえば今は無き市川の山ちゃんのショットバー「リバーサイド」はいっぺん
行ってみたかったなァ!

普段電車にあまり乗ら無いので「スイカ」持って無かったけど、
イオンのワオンみたいに便利だネ!
癖になってまた「しん散歩」しちゃおっかな(笑)!

HideHide 2012/10/21 23:58 現在の東京駅は第一次大戦の勃発した1914年(大正3年)に開業、以後1921年(大正10年)平民宰相原敬暗殺事件、1930年(昭和5年)元祖ライオン宰相濱口首相遭難事件、の現場となった。(襲撃の現場であった所にはそれぞれプレートが付けられ、床に大理石の白い丸で印されている。)
大正12年の関東大震災、昭和20年の空襲にも耐え、日本の中心で近代史を見つめ続けてきた駅舎のリニューアル・オープン、現代の無味乾燥なコンクリート建築に比べ、鉄筋とレンガの組み合わせは景観の良さもさることながら耐久性にも優れていることの証明です。
今まで東京駅は只の通過点に過ぎませんでしたけれど、好評の「しん散歩」を拝見しまして途中下車して見学してみたくなりました。
情報量が豊富でさっと斜め読みしただけでは拾いきれませんで失礼しました。着眼点と切り取り方、それにそれを表現する簡潔でありながら想像力を沸き立たせる文章力と、構図や物語性を考慮した写真の数々によりまして、千葉の我らが大将の散歩記は完全に茅ヶ崎出身のあの人の散歩番組を凌駕しているのではないでしょうか。東京駅の駅弁屋「祭」、新丸ビル「ヴァンルージュ・ヴァンブラン」と「フランツ・クラブ」気にないますし、神保町は以前、古本漁りとDISCユニオンによく行き懐かしですね、様々な思いが交錯した今回の記事でありました!