Hatena::ブログ(Diary)

All Tomorrow’s Girls このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-11-26-Wed

[]西牧徹 黒戯画集成『ロカイユの花粉』出版記念展 11:21 西牧徹 黒戯画集成『ロカイユの花粉』出版記念展を含むブックマーク

f:id:fumi_o:20141126105428j:image DM

鉛筆画家の西牧徹さんから新作展のお知らせが届きましたので、告知します。

西牧さんの個展は、今年1月の銀座・ヴァニラ画廊での開催以来ですね。今回はアトリサードから刊行予定の画集『ロカイユの花粉』に所収される作品など、新作11点を含む約20点を展示するとのこと。その画集も会場で先行販売されるそうなので、ご興味のある方、西牧さんの絵が好きな方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

西牧徹 黒戯画集成『ロカイユの花粉』出版記念展

会 期 : 2014年12月9日(火)〜28日(日)

時 間 : 12時〜19時 月休

会 場 : みうらじろうギャラリー

※12月9日(火)18時〜20時にオープニングパーティー開催!

因みに、ロカイユ(=Rocaille)とは、「1. ルネサンス期を中心に、庭園に造られた人工の洞窟(どうくつ)。2. 岩・貝などをかたどった曲線状の装飾文様。ロココ美術の基本的要素の一。」──goo辞書調べ。


関連ログ: All Tomorrow’s Girls - 西牧徹

[][]日本美術の名品をちらし寿司で表現 19:57 日本美術の名品をちらし寿司で表現を含むブックマーク

素晴らしい!そして、美味しそう。特に若冲のちらし寿司なんか。


[]1ヶ月ぶりの更新f:id:fumi_o:20141126201712j:image:right 12:28 1ヶ月ぶりの更新を含むブックマーク

先月もこのタイトルで日記を書いた気がするけど…

PTAの仕事で慌ただしく過ごしていたら、今月もあっという間に過ぎてしまった。疲労とストレスの度合いからいったら、なんと小さな達成感。でもとにかく山は超えたから嬉しい。

スーパーに鏡餅が並んでいる。え?もう?そういえば年賀状もまだ買っていない。ここ数年は毎年、お子さんが郵便局員という方から個人的に購入しているのだけど、その方の具合が悪くずっとお会いできないでいたからだ。早く元気になって会いましょう。


Image: ikilledjackjohnson


[][]Hi! roo  12:28 Hi! roo を含むブックマーク

お元気ですか?今年も新宿御苑の紅葉狩りに行けずに、年を越してしまいそうです。毎年晩秋になると、菊祭りのことや、暖を求めて入ったレストランで聞いたシベリア鉄道の話のことなどを思い出します。本当に懐かしがってばかりの私です。

D

Nick Drake "The Thoughts Of Mary Jane"

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fumi_o/20141126

2014-10-24-Fri

[]Murray Perahia plays J.S. Bach Partita No.3 in A minor, BWV827 21:33 Murray Perahia plays J.S. Bach Partita No.3 in A minor, BWV827を含むブックマーク

アメリカ人ピアニスト、指揮者であるマレイ・ペライアが弾くバッハの「パルティータ第3番イ短調 BWV827」が1〜7まで全てYouTubeで聴くことができるので、メモ用に貼り付けておく。


1. ファンタジア(幻想曲) (Fantasia

2. アルマンド (Allemande

3. コレンテ (Corrente

4. サラバンド (Sarabande

5. ブルレスカ (Burlesca

6. スケルツォ (Scherzo

7. ジーグ (Gigue


:: マレイ・ペライア - Wikipedia

[][]ADAM PETER JOHNSON 17:59 ADAM PETER JOHNSONを含むブックマーク

f:id:fumi_o:20141024175746j:image

:: http://adampeter.tumblr.com/

22歳のフランス人ファッション写真家。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fumi_o/20141024

2014-10-22-Wed

[]Audrey Kawasaki painted Hi Kitty for the Hello Kitty exhibition at the Japanese American National Museum in Los Angeles 19:33 Audrey Kawasaki painted Hi Kitty for the Hello Kitty exhibition at the Japanese American National Museum in Los Angelesを含むブックマーク

f:id:fumi_o:20141022192101j:image (Via)

ロサンゼルスにある全米日系人博物館で、サンリオと共同で「ハロー!ハローキティのスーパーキュートな世界への体験」と題した、世界初の大規模のハローキティ展が開催されています。(※ 2015年4月26日まで)

上記は、オードリー・カワサキの出展作品です。


:: About | Hello! | Japanese American National Museum


過去ログ: All Tomorrow’s Girls - Audrey Kawasaki

[]1ヶ月ぶりの更新 19:58 1ヶ月ぶりの更新を含むブックマーク

ほんの数日前まで日中は暑くて、皆が半袖姿で外を歩いていたと思ったら、今日はいきなり晩秋の寒さに襲われている。

10月に入ってからPTA活動が忙しくなり、週の半分は息子の中学校に足を運んでいる状態。11月に予定している学校を挙げての大きなイベントの準備に追われている所為なのだが、PTA室で地味な作業をしながら私は、もうただただ早く終わって欲しい、終われ!と、心で唱えている。今のこの山を超えたら、新宿御苑に行ってのんびりしたいなあ。駒場公園でもいいけど。

[]Nicholas Tolmachov 20:34 Nicholas Tolmachovを含むブックマーク

f:id:fumi_o:20141022203124j:image f:id:fumi_o:20141022203125j:image

:: NICHOLAS TOLMACHЕV

[]Truman Capote, Paris, 1947 20:47 Truman Capote, Paris, 1947を含むブックマーク

f:id:fumi_o:20141022204359j:image (Via)

23歳のトルーマン・カポーティ


関連ログ: All Tomorrow’s Girls - Truman Capote

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fumi_o/20141022

2014-09-22-Mon

[]EDITORIAL DARE Magazine #4 "La Beauté" (Dec.2011) 12:10 EDITORIAL DARE Magazine #4 "La Beauté" (Dec.2011)を含むブックマーク

f:id:fumi_o:20140922120228j:image

(Via)

f:id:fumi_o:20140922120229j:image

Seems like a master and his pet...


Photographer: Johannes Paul Spengler

Features: Author Harald Nicolas Stazol & Model Ruslan Kulov

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fumi_o/20140922

2014-09-08-Mon

[]甲秀樹展 〜15th Anniversary Exhibition in Tokyo〜 13:35 甲秀樹展 〜15th Anniversary Exhibition in Tokyo〜を含むブックマーク

f:id:fumi_o:20140908131427j:image DM

甲秀樹氏の作家活動15年の軌跡を辿る作品展が、吉祥寺のギャラリー「CLOSET」にて開催されます。新作の鉛筆画をはじめ油彩、人形も発表。先生が手掛けた『薔薇族』の表紙原画も公開予定とのこと。これはぜひ観に行かねば!

会 期 ◆ 2014年9月10日(水)〜15日(祝・月)

時 間 ◆ 12:00〜19:00 入場無料

     ※ 14日は、朗読劇のため16:00まで/最終日は、17:00まで

会 場 ◆ exhibition space CLOSET (旧 百想/地図


:: HIDEKI KOH ONLINE


過去ログ: All Tomorrow’s Girls - 甲秀樹


追記:2014-9-14

本日、甲秀樹先生の個展に行ってきました。吉祥寺に行くのは久しぶり。お天気もよく駅前は秋祭りで人集りができていました。

会場は路地裏に建つ古民家を利用したギャラリーです。玄関で靴を脱いで上がると、すぐ目の前の壁から作品が展示されていました。傾斜のきつい階段(懐かしい!)から2階に上がると、着流し姿の先生が座っていました。「絵楽塾」のモデルさん達も観に来ていて、つい描かれた絵とご本人を見比べたりしましたよ。絵画は日本人の青年が多いのに、人形は白人ばかりというのも面白い。人形は皮膚の下の血管まで透けて見えるような生々しさで、怖いくらいの印象...。私の大好きなルードヴィッヒ2世=ヘルムート・バーガーのお人形のフォトカードなどを購入し、先生にサインをいただいて会場を後にしました。

[]HELEN MIRREN PORTRAYING CHARACTER OF FAIRGROUND STRIPPER JUY, 1975 12:58 HELEN MIRREN PORTRAYING CHARACTER OF FAIRGROUND STRIPPER JUY, 1975を含むブックマーク

f:id:fumi_o:20140908124718j:image

(Via) [+

f:id:fumi_o:20140908124719j:image

撮影者は不明。美しくてかっこいい、そして私の中ではなぜか、映画で脱いでいるイメージが強い、女優ヘレン・ミレン。嘗てインタビュー記事で、「年を取るほどにヌードになることが楽になった。」と答えていた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fumi_o/20140908

2014-08-23-Sat

[][]In 1977 Governor Dukakis proclaimed August 23 as "Nicola Sacco and Bartolomeo Vanzetti Day" 21:46 In 1977 Governor Dukakis proclaimed August 23 as "Nicola Sacco and Bartolomeo Vanzetti Day" を含むブックマーク

『サッコ・ヴァンゼッティ事件』は1920年代にアメリカで問題となった事件。米国裁判史上に残る最大の冤罪事件と言われている。(参照12

そして、死刑執行の50年後にあたる1977年に、マサチューセッツ州知事が二人の無実を公表し、処刑日にあたる8月23日を「サッコとヴァンゼッティの日」と宣言した。

この事件を映画化したのが、1971年の『死刑台のメロディ』(Sacco and Vanzetti)だ。この映画のラストシーンで流れるエンニオ・モリコーネの美しい旋律とジョーン・バエズが歌う主題歌は子供の頃から大好きだった。もちろん子供の頃はただメロディーが印象に残っていただけで、歌詞の意味も事件の内容も全く知らなかった。

エンニオ・モリコーネ自身が指揮するオーケストラバージョンを見つけたので貼っておく。

D

ゆうけいゆうけい 2014/08/31 09:56  おひさしぶりです。懐かしさのあまり反応してしまいました。あの当時日本では「小さな恋のメロディ」が爆発的ヒットをしてしまったために「〜のメロディ」という題名がやたらつけられてしまいました。この作品もその一つですが、観てあまりのシリアスなドラマだったので驚いた覚えがあります。ラストシーンでジョーン・バエズの歌声がきこえてきた時は感動しました。「Here’s to you, Nicola and Bart、Rest forever here in our hearts」までは今でもすぐ口をついて出てきます。それにしてもモリコーネの作品だったとは知りませんでした。てっきりバエズのプロテスト・ソングだと思ってました。

fumi_ofumi_o 2014/08/31 13:10 ゆうけいさん
こんにちは。おひさしぶりです。コメントありがとうございます。
映画のタイトルですが、「死刑台の...」の後に「エレベーター」と続くルイ・マル監督の映画もあり、同時期に鑑賞していない私はつい混同してしまいます。
事件については、日本語のWikipediaより英語のWikipediaの方に詳細にポストされていました。
たった四行の歌詞の繰り返しが、聴けば、子供の頃から何十年にもわたって胸を打つというのもそうそうあるものじゃないなあと改めて思います。それにしても、この曲の邦題が「勝利への讃歌」というのも、映画のタイトル同様当時の流行りで安易につけられたものなのではという気がします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fumi_o/20140823