Hatena::ブログ(Diary)

All Tomorrow’s Girls このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-04-24-Thu

[][]メガネ男子萌え 118 18:21 メガネ男子萌え 118を含むブックマーク

D (Via)

ロシア・ニコリスク出身のアコーディオニスト、アレクサンドル・シルノフ君は30歳。ただただ凄い。

:: Alexander Shirunov, Accordionist


関連ログ: メガネ男子萌え

[]The portrait of Wynston by Jim Ferringer 17:40 The portrait of Wynston by Jim Ferringerを含むブックマーク

f:id:fumi_o:20140424173403j:image  (Via)

写真家ジム・フェリンガーの作品。絵画のようにフォトショ加工している。

:: Dreams and Other Mysteries  R18

[][]Sisterhood by Phillippe Jarringeon for Lula No.18 SS 2014 16:54 Sisterhood by Phillippe Jarringeon for Lula No.18 SS 2014 を含むブックマーク

f:id:fumi_o:20140424164643j:image f:id:fumi_o:20140424164644j:image

:: Phillippe Jarringeon for Lula No.18 SS 2014 - Fashion Copious

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fumi_o/20140424

2014-04-16-Wed

[][]The official 2014 Cannes Film Festival poster featuring Marcello Mastroianni from Federico Fellini's 8 1/2 16:00 The official 2014 Cannes Film Festival poster featuring Marcello Mastroianni from Federico Fellini's 8 1/2を含むブックマーク

f:id:fumi_o:20140416155439j:image (Via)

:: Festival de Cannes 2014 - Official Website

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fumi_o/20140416

2014-04-14-Mon

[][]近況と「高橋真琴の原画展」の感想 21:28 近況と「高橋真琴の原画展」の感想を含むブックマーク

先週は、月曜日から土曜日までびっちりPTA絡みの仕事(保護者会を含む)が入ってしまったのと、いよいよ昼間のシフト勤務を開始したことで、とても慌ただしかった。当初自分が考えていた予定では、先に勤務を開始して、その一週間ほど後から役員の仕事が始まる計算だったのが、本社の都合で変更となり、結局、同時期に2つの新規の仕事をスタートさせることになってしまった。慣れない仕事で食事のタイミングも失ってばかりなので、今後はどこでも食べられる兵糧丸のようなものをバッグに入れておこうと思った。


体調のほうは、私は風邪はひいていないのに、とにかく毎日悪寒がしている。昼間気温が上がり、コートを脱いで半袖姿で歩いている人も目につく陽気でも、私はきっちりコートを着込んでいる。そうしないと寒くてたまらない。



f:id:fumi_o:20140414185200j:image:right

今日は一日休みだったので、以前より観てみたかった高橋真琴先生の原画展へ出かけた。会期はちょうど本日14日で終了。間に合って良かった。私が渋谷西武の7階催事場へ来たのは、一昨年の「ロバート・メイプルソープ FLOWERS 写真展」以来だ。


私が訪れた昼過ぎは、若い女性よりご年配の御婦人方が多く観覧していた。画業60年にわたる高橋真琴先生の今回の原画展には、60年代初期から現在の作品まで約100点が、5つのテーマに分けられて展示されていた。先生の絵の第一の特徴は、淡い色を重ねた大量の花々に囲まれた少女であるが、色使いで印象的だったのは、赤色がどれも朱色に近かったこと。それが全体的に柔らかい絵の雰囲気にマッチしていて、とても美しかった。それから、動物たちの表情がどれも可愛くて優しい。最後に展示されていた作品『サモワール』(2006年)には、木立から顔を覗かせる小動物─ キツツキ、鹿、リス、羽ばたいている鳥 ─すべての眼が笑っていた。


ガラス・ショーケースに納められた小さな原画も数十点あったが、その中に、火が灯った夜の街角に佇む少年の後ろ姿を描いたイラストが一枚あった。原稿の縁に、『小学2年生・68年・?月号・小学館・オリバー』とメモが書かれていた。これはディケンズの長編小説“Oliver Twist”のイラストだとすぐに分かった。日本でも68年に、マーク・レスター主演のミュージカル映画「オリバー!」が上映されているので、そのことに関連したイラストだったのだろうか?


因みに、この映画「オリバー!」は、私が学生時代に舞台で演じた思い出深いミュージカル。演じたのは、葬儀屋のサワベリーと、フェイギン配下のスリ少年と、ジャック・ドーキンズを捕まえる警察官の三役。あと、美術担当だったので、水彩画でチラシとポスターも製作した。


関連ログ: All Tomorrow’s Girls - 高橋真琴先生

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fumi_o/20140414

2014-04-06-Sun

[]Naomi Okubo 16:10 Naomi Okuboを含むブックマーク

f:id:fumi_o:20140408184927j:image (Via)

『あの山を越えれば』アクリル・綿布・パネル  1620 x 1303mm


:: NAOMI OKUBO 大久保如彌

ひと目見て、ローラアシュレイのホームカタログを連想した。花柄を多用しているのと色がとても素敵。ボブカットの女性たちは、画家の分身のようだ。

[]Masha Demianova 15:34 Masha Demianovaを含むブックマーク

f:id:fumi_o:20140406152741j:image

(Via)

f:id:fumi_o:20140406152742j:image

:: Masha Demianova

Masha Demianova(マーシャ・デミアノヴァ)は、モスクワを拠点に活動をしているファッション写真家。彼女自身が若いのか、作品は全体的にガーリーでキュートな雰囲気。

2012年に撮影者が不明として、一度ポストしている。(参照

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fumi_o/20140406

2014-03-31-Mon

[][]Sir Georg Solti and Daniel Barenboim conclude Mozart's concerto for 2 pianos and Orchestra, K.365 23:01 Sir Georg Solti and Daniel Barenboim conclude Mozart's concerto for 2 pianos and Orchestra, K.365を含むブックマーク

D

最近、モーツァルトピアコン10番ばかり聴いている。

[]今日で3月も終わり 22:47 今日で3月も終わりを含むブックマーク

どこも桜が満開の東京地方。今日は「トイレットペーパー12ロール入り」の袋を持って歩いているご婦人を何人も見かけた。

研修も残すところ3日だけとなり、本格的に勤務が始まるのと同時に、PTA役員の仕事もスタートする。仕事始めは、地域の小中学校の入学式に来賓として参列すること。今年は春からがんばるぞー!

で、と、家族で映画『ホビット 竜に奪われた王国』を観に行く件は、21日に無事果たせた。個人的には第一話より面白かったと思う。レゴラスやキーリもたっぷり拝めたしね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fumi_o/20140331

2014-03-26-Wed

[]Peekaboo Butt by Harley Weir 14:24 Peekaboo Butt by Harley Weirを含むブックマーク

f:id:fumi_o:20140326140512j:image (Via)

:: HARLEY WEIR

:: HARLEY WEIR (Tumblr)

ハーレー・ウイアーは、ロンドンで生まれベルリンを拠点に活動している24歳の写真家。既に数多くのファッション誌や企業の広告写真で成功を収めている。彼女自身も美しくてキュート。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fumi_o/20140326

2014-03-24-Mon

[]Amy Judd 07:15 Amy Juddを含むブックマーク

f:id:fumi_o:20140325070912j:image (Via)

:: Amy Judd Art

アミー・ジャドは80年生まれの画家。ロンドンを拠点に活動している。作品は、羽や花などで顔を隠した女性のポートレートが中心。



[]ついにイサキの骨を抜いた! 22:45 ついにイサキの骨を抜いた!を含むブックマーク

2012年5月末に、私は家族が釣ってきたイサキを無謀にも素手で捌き、その際、背びれの骨が右の親指に刺さってしまったことを、以前書きました。

:: イサキの骨 - All Tomorrow’s Girls


そして昨年の夏に、その刺した箇所が白く盛り上がって来たので皮膚科で診てもらったら、ウイルス性のイボだと診断され、液体窒素で数回焼いてもらうも完治せず、結局勝手に市販薬を塗って治したと、書きました。

:: 「イサキの骨」後日談 - All Tomorrow’s Girls


しかし、あれから半年近く経過しても、親指に針で刺したような穴──皮膚科の医者曰く、イボの芯──は残ったままで、押すとズキンと痛むのは相変わらずだったのです。どうしたもんかと悩んでいたところ、今日の夜に急展開。

湯船に浸かりながら親指に空いた“穴”を改めてまじまじと観ているうち、いっそのこと“穴”の脇を押したら芯が飛び出してこないかな?と思いつき、左の親指と人差し指の爪で挟むようにしたら、いきなり黄色い膿が出てその中から芯、いえ、魚の骨が飛び出しました。びっくりして風呂場から大声で娘を呼んでピンセットを持ってきてもらい、ついに抜きましたよ。約一年半の間、私の右親指の中に潜んでいたイサキの骨を!

というわけで、あまりにも嬉しかったので、抜いたイサキの骨の写真を記念に撮った。ああ、さっぱりした。 →写真

hobbitonhobbiton 2014/03/28 23:07 すごい!人体の神秘と云うヤツですね。
私も、数ヶ月間掌に刺さったままだった鉛筆の木屑が、或る日突然何かの拍子に、にょきっと皮膚の下から出て来て驚いたことが在ります。
如何に医学が進もうと、人体の持つ不可思議な力には及ばないのかも知れません。

fumi_ofumi_o 2014/03/29 14:05 hobbitonさん、こんにちは。
おお、鉛筆の木屑がにょきっとですか。仲間ですね。

私もその瞬間は、まるでエイリアンが乗組員ケインの腹を突き破って出現した時のように衝撃的でした。(大袈裟)
医者の見立てより、自分の主張のほうが正しかったことを確認しましたよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fumi_o/20140324