Hatena::ブログ(Diary)

All Tomorrow’s Girls このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-07-14-Sat

[][]アオスジアゲハ(青条揚羽、学名: Graphium sarpedon) 15:31 アオスジアゲハ(青条揚羽、学名: Graphium sarpedon)を含むブックマーク

Graphium sarpedon ← click it!クリックで拡大

通院先の歯医者の階段にとまっていたよ。


関連ログ: All Tomorrow’s Girls - ナマアニエス

2018-07-05-Thu

[]Jean-Hugues Anglade in Subway (1985) 22:26 Jean-Hugues Anglade in Subway (1985)を含むブックマーク

f:id:fumi_o:20180706214909j:image:w560

ジャン=ユーグ・アングラードが30歳の時に出演した映画「Subway」のスチール写真。この翌年に、「ベティー・ブルー」(37°2 le matin)のゾルグ役を演じている。


:: Jean-Hugues Anglade - IMDb

[]日本語のフリーフォント 19:22 日本語のフリーフォントを含むブックマーク

:: ためしがき

はてブで話題になっていたので、早速、拙はてダのタイトル「All Tomorrow’s Girls」と入力して遊んでみた。日本語じゃないからか(?)表示されないフォントも幾つかあったが、ざっと55種類のフォントが表示された。その中で、現在使っているフォントに一番近いのが、『コーポレート明朝』のようだ。


因みに、「All Tomorrow’s Girls」のタイトル文字は、スタンリー・モリソン(1889-1967)による ”Times Ten” (1931)というフォントだ。もう8年も使っている。*1


関連ログ: All Tomorrow’s Girls - フォント

*1:2010年2月から使っている。http://d.hatena.ne.jp/fumi_o/20100209/1265681180

2018-07-01-Sun

[]Sprungturm [Diving Tower], by Peter Keetman 1957 00:09 Sprungturm [Diving Tower], by Peter Keetman 1957を含むブックマーク

f:id:fumi_o:20150214103328j:image:w360

ドイツの写真家ピーター・キートマン(1916-2005)の作品。第二次大戦で鉄十字勲章などの受賞歴もある元軍人。"Sprungturm"というのは、ドイツ語で飛び込み台の意。


:: Photographer PETER KEETMAN (1916 – 2005)

2018-06-28-Thu

[][]Women of History by Petter Lippmann 18:05 Women of History by Petter Lippmannを含むブックマーク

f:id:fumi_o:20180628180217j:image f:id:fumi_o:20180628180214j:image

(Via)

:: Peter Lippmann

[][] 18:28 を含むブックマーク

アシリパ :エゾフクロウは一生同じ相手と暮らす

      それなのに毎年この時期夜になると鳴き合って求愛するんだ

杉  元 :へえ〜 一途だね

アシリパ :不安だから相手の気持ちを確かめ合うんじゃないか?

杉  元 :もし片方が死んだときは?

アシリパ :そのときは別の相手を見つける 子孫を残すためには当然のことだ

杉  元 :…きれいごとじゃ生きてけねえもんな


(ヤングジャンプコミックス 野田サトルゴールデンカムイ4巻』第35話「求愛」より)


2018-06-20-Wed

[]Echo and Narcissus (1903) John William Waterhouse 20:38 Echo and Narcissus (1903) John William Waterhouseを含むブックマーク

f:id:fumi_o:20180620203328j:image

※ 大きい画像

:: ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス

[][] 15:33 を含むブックマーク

 ひとりの人間が、ほかのもうひとりの人間を多少とも必要としている様子を見せはじめると、このもうひとりの方がさっと遠ざかるのはなぜか。重力のため。


(筑摩書房『重力と恩寵シモーヌ・ヴェイユ著/田辺保訳 P.010 より)


 あるひとつのものが、よいものだと信じるからこそ、その方に向かってすすむのである。それが必要なものになったから、それにしばられたままでいるのである。


(筑摩書房『重力と恩寵』シモーヌ・ヴェイユ著/田辺保訳 P.090 より)


2018-06-19-Tue

[][]メガネ男子萌え 138 15:33 メガネ男子萌え 138を含むブックマーク

f:id:fumi_o:20180619152926j:image:w360

:: Oscar Kindelan for Kaleos | Uno models Barcelona & Madrid


関連ログ: メガネ男子萌え

[] Isle of Dogs (Original Soundtrack) 15:53  Isle of Dogs (Original Soundtrack) を含むブックマーク

毎日iPodで聴いている。超ヘビロテ。

2018-06-18-Mon

[][]映画「犬ヶ島」の感想 15:57 映画「犬ヶ島」の感想を含むブックマーク

はてダは昨年の9月以来、約8ヶ月ぶりの更新だ。

最後昨年の9月に映画「犬ヶ島」の予告編について書いたが、早く観たいという昨年来の願いを先日叶えたので、ちょっと感想を記したい。

因みに、私は観終わって映画館を後にしてからこれを書いている今この瞬間まで、かなり興奮している。そのくらい素晴らしかった!セットの作りが隅々まで美しく、これがパペットとアニメーションを用いたストップモーション映画とは、ウェスアンダーソン監督の熱量たるや物凄い気迫を感じた。ものがたりは20年後の日本が舞台であるが、登場するウニ県メガ崎市の街の風景や料理、市井の人々の生活ぶりや服装から、ビジュアル的な時代背景はかなり曖昧だ。けれど、「銀魂」や山口晃の作品が好きな人ならばすんなり受け入れられるのではないだろうか。台詞も、日本語と犬語(英語)に通訳が挟まる無秩序でごちゃごちゃした言葉の飛び交いが面白かった。ものがたりはファンタジーだけれども、内容は、日本の高度成長期の公害問題や学生運動を連想させられたし、さらに腐敗した政治権力も描いていて現代に通じる。そして、なにより犬たちが泣かせる。私は犬は飼ったことがないので分からないのだが、飼い主に忠誠を誓う犬たちの純粋さにほろりとさせられる場面が何度もあった。


フォックス・サーチライト・ピクチャーズ(20世紀フォックスの子会社)が、YouTubeに「犬ヶ島」冒頭の3分半をポストしている。

D


2:37 に黒い画面のスポットライトに登場する3人の和太鼓演奏が素晴らしい。バチが当たるたびに太鼓の皮が波打つ様に、ただただ驚く。私は、パペットではなく、小太りな3人の男子が実際に演奏しているような錯覚を起こしてしまった。そして、たった50秒間だが音の迫力に心酔した。宮太鼓に加え、摺鉦(すりがね)や木鉦(もくしょう)の音が小気味良く、最後は鈴の音も聞こえる。サントラのクレジットを見ると、米国出身の和太鼓と篠笛奏者である渡辺薫氏の演奏とある。


:: 映画「犬ヶ島」公式サイト

:: Inugashima (2018) Full Cast & Crew ※ 意外な俳優が多数声の出演をしていることが分かる。