雑感

ブログの情報

雑感

  • ユーザー登録から本日までに日記をつけた日数:141

プロフィール

fumino-tsuru

自己紹介

はじめまして

文月 長崎に生まれる

フランス・タイにて滞在経験あり

ばってんネットワーク(平和のメッセージを長崎から)

平和の鐘一振り運動

などで活動中

著書 「長崎の女」

   「ところてんの歌」

   「パリの風に吹かれて」等

作詞 「明日が来なかった子どもたちから、

    今を生きるあなたへ」

   「嘘だと言ってください」等

叶いそうにない「世界の平和」を願っています。

夢は大切ですから。


‘平和の鐘、一振り運動’に御参加を

ダメモトであなたもちょっと勇気を出して

行動してみませんか

「私が幼い頃、戦争があった!」

でも、もう忘れ去られようとしています。

64年前の8月9日、

アメリカによって長崎に原爆が落とされ、

その年の12月末までに、

長崎では約7万4千人を超える犠牲者を出しました。

たった一発の原子爆弾の炸裂、

わずか10秒間での結果でした。

その周りの友人、知人が50代を超える頃から、

癌や白血病で死んでいきます。

私も「次は私の番かなぁ」と、思いながら

今日まで生き長らえました。

ここまで来たら「くそばばあ!」

と言われるまで生きるぞう

当事者にはまだ、戦争は終わっていないのです。

日本は戦争で、

世界ではじめて核爆弾を落とされた国ですが、

その経験を生かして世界の核廃絶に

貢献すべきところを、そうはいきませんでした。

1945年当時、核爆弾は3、4発だったそうですが、

今は3万発を越えています。

このままでは、次世代の人たちが心配です。

しかし、これまでの歴史をみると

人の世に戦争はつきものと言えるでしょう。

民族、宗教、歴史文化など、それぞれが主義主張があり、

なかなか仲良く手を結べないのが現状です。

「1945年8月9日、午前11時02分、

米国、長崎原爆投下」を、最後の核兵器使用とし、

世界の平和を祈念することを誓うために、

教会、お寺、神社、公共施設など、

鐘やサイレン、鈴、太鼓など鳴り物を一打ち、一振りして、

皆さんに知らせ、祈願してもらいましょう。

たった10秒間の大量殺戮を体感するために、ほんの一振り、

一瞬でいいのです。(梵鐘の一振りは、10秒より長いかもしれません。)

愚かな人間の核兵器使用で、

地球を破壊しないよう手を結び、

危機から救いましょう。

(ばってんネットワーク、NO.8で、

世界60箇所にもよびかけています。)

「核兵器のない世界」なんて、もう夢かもしれませんが、

アメリカのオバマ大統領が「核兵器廃絶で、ノーベル平和賞を受賞」今こそ

諦めず「ダメモト」でやってみましょうよ。

あなたの呼びかけであなたの村の、町の

鐘や、サイレンが、

あなたがこの世を去っても鳴り続けるとしたら・・・・。

そして、それがいつか鳴り止む時を願って!


“お寺、教会、神社、公舎e.t.c.”方々へお願い

皆さんの鐘や鈴などを一振りして、世の中の人々へ

“平和”を呼びかけてください


明日が来なかった子どもたち

明日が来なかった子どもたち

つっきれ下駄とズック

つっきれ下駄とズック

[rakuten:book:11269973:detail]


プロフィールをもっと見る