Hatena::ブログ(Diary)

男性不妊症について

2009-06-27

男性不妊症の検査方法は

男性不妊症の検査方法には、主に精液検査や血液検査などがあります。

精液検査では、精液の量や精子濃度、運動率、奇形率などを測定します。

血液検査では、男性ホルモンや精巣の働きを調節する下垂体ホルモンなどを測定します。

精液検査の結果、無精子症や乏精子症などであった場合、染色体検査を行い染色体に異常がないかを見ます。また、精索静脈瘤がある場合には、MRI検査を、射精障害がある場合は、経直腸エコー検査を行います。

その男性の症状によって検査方法は変わってきます。

タンポポ茶 ショウキT-1で不妊症を改善する

マカで不妊症を改善する

不妊治療:不妊症を治療して妊娠する

男性不妊 治療:男性不妊の原因を知り治療する

2009-06-23

男性不妊症の原因は

男性不妊症の原因は、大きく分けて2つに分類されます。1つは「性機能障害」で、もう1つは「精子の異常」です。

「性機能障害」とは、射精障害や勃起障害(インポテツ)などがあげられます。「精子の異常」とは、精液減少症や精子無力症、精子減少・無力症などがあげられます。

また、精子に抗体ができているケースがあるのですが、これは男性・女性双方に原因の可能性が考えられます。


男性不妊症とは?

男性不妊症が増えています

不妊で悩まないで下さい

男性不妊症を改善しましょう

2009-06-18

男性不妊症の検査方法は

男性不妊症の検査方法には、主に精液検査や血液検査などがあります。

精液検査では、精液の量や精子濃度、運動率、奇形率などを測定します。血液検査では、男性ホルモンや精巣の働きを調節する下垂体ホルモンなどを測定します。

精液検査の結果、無精子症や乏精子症などであった場合、染色体検査を行い染色体に異常がないかを見ます。また、精索静脈瘤がある場合には、MRI検査を、射精障害がある場合は、経直腸エコー検査を行います。

その男性の症状によって検査方法は変わってきます。


男性不妊症の原因と検査について

男性不妊症って?

男性不妊症の原因と検査・治療方法

男性不妊症の原因や検査について

2009-06-11

男性不妊症の治療方法は1

男性不妊症のほとんどは、精子に関するトラブルです。精子の数が少なかったり、精子の運動率が悪かったりということが原因になっています。

ですから、男性不妊症の治療方法としては、精子を元気にすることがキーワードとなります。

治療方法には、テストステロンや性腺刺激ホルモンを投与する治療、低位・高位結紮術や経皮的塞栓術、腹腔鏡下手術などの治療があります。


男性不妊症の原因は

男性不妊症の原因を考える

男性不妊症の検査は

不妊でお悩みの方へ

2009-06-08

男性不妊症の治療方法は2

・テストステロンを投与する治療

 男性ホルモンの一種であるテストステロンを投与する治療になります。まず、テストステロンを投与していきます。そして投与することを中止すると、精子の数が増えることがあるのです。この治療は、その性質を利用した不妊治療になります。


・性腺刺激ホルモンを投与する治療

 脳の中にある脳下垂体という所から分泌される性腺刺激ホルモンによって、男性の造精機能は活発化されます。ですから、この性腺刺激ホルモンを補って造精機能を高める不妊治療になります。


・精索静脈瘤の治療

 精索静脈瘤による不妊は、男性不妊の原因の3割近くをしめるといわれています。精索静脈瘤とは、精管の回りにある静脈が拡がって血液の循環を悪くし、造精機能が妨げられている状態のことです。この場合、低位・高位結紮術や経皮的塞栓術、腹腔鏡下手術などの治療を行います。


・精管通過障害などの治療

 精管通過障害とは、射精される際に、何らかの障害があって精子がうまく射精されない状態のことです。ですから、精管通過障害の場合は、精管が閉塞している部分を切り取って再びつなぎ合わせる手術を行います。


不妊の原因・男性不妊症

男性不妊症の方が増えているそうです

不妊でお悩みの方 −不妊検査について−

男性不妊症について