日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-08-06 新設 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

http://blogger-masaki.blogspot.com/

何となく普段使うWEBサービスをgoogleに統一したい衝動に駆られて、bloggerでブロガーする事にしました。何となく検索しても出てこなさそうだし、こそこそブロガーやる(備忘録を付ける)のに丁度良さそう。googleソーシャルブックマークサービス提供してくれたらかなりのヘビーユーザー確定なんだけどなぁ、OS作る位ならそん位して欲しい。

何か全ての無駄を避けたいというか何というかそんな気分に支配されてます。もういらない本とか家具とか服とか、所有しない様に心がけています、価値の源泉はインタンジブルズ。肉体も可能ならもう少しスリムにしたい。

当面の目標は12月短答。後4ヶ月と少ししか時間無いんで、入院前の必死さで突っ走りたいと思います。

2009-07-08 1ヶ月ぶり このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

長らく更新をサボっていた訳ですが、会計士の勉強の方は決してサボっていたわけではありません。

6月の当初の予定とは大幅に打って変わり、6月からずっと租税法と経営学を集中的にやっていました。経営学は一通り講義を終えて、租税法は来週火曜日にも終わる予定。租税法とかやる前までは敬遠してたけど、やってみるとそこまで難しい箇所は無いかな。ただ量は他の科目と同様膨大な量があるんで、ある程度時間確保して地道にやってかないと本試験で解答出来るレベルまで仕上げるのは厳しいかなと。簿記と同じ様な性格があるかなぁと思ったり。

経営学は個人的に興味があったという事で学習もそこまで苦にならない。マーケティング論とかファイナンス論とか面白い。ファイナンス論は所謂インベストメント(証券投資論)とコーポレート・ファイナンス(企業財務論)に分けられるんだけど、インベストメントに関しては予備校は最低限しかやらないんだなという印象。試験委員に割りと数理ファイナンス寄りの方に強い方がいらっしゃるんで、やや不安な面もあり、まぁ対策しようがないんだけど。

院の方も前期の期末考査が近いので、それをしっかりこなしてから答練とアクセスの回転でアウトプット強化していこうかなと思います。

本当は会計大学院の授業に関して書きたいんだけど、前期ももうすぐ終わるという点と、本来は日記という形で特に外部に向けたものでは無かった点、会計士試験受験ブログ的な内容になってしまったという点等を勘案し、どうも性格が定まらないんで取り合えず保留しています。

書くなら別に立てて書くかなぁ、とまぁ色々考えてるんだけどどうしようかな…。

2009-06-11 6/11 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今日は講義終えてから軽く2時間程新宿の小滝橋通り沿いのエクセルシオールカフェで財務諸表論の学習をしてからTACに寄って来ました。目的は簿記のテキストの09年度から10年度にかけての改訂箇所の調査。連結で部分時価評価法が廃止されたり、09年では上級期の講義内容だった個別論点の一部がBM期におろされた等をしっかり確認すべく行ってきた。結論としては10年度のテキストは特に必要なくなった。以下備忘録

簿記BMテキストの改訂箇所一覧

09年度では上級論点だった以下の論点が10年度ではBMの論点となっている

  • 減損会計
  • 退職給付会計(差異の処理含む)
  • 税効果会計
  • 棚卸資産の期末評価(09年では棚卸資産の論点に含まれていたはず..。独立した論点として記載がありました)

連結会計において

  • 部分時価評価法が無くなって、全面時価評価法に一本化された(持分法では部分時価評価の考え方を用いる)
  • 支配獲得時に時価評価した資産・負債はその後子会社株式の追加取得が行われても見直さない(追加取得持分に相当する資産・負債の時価評価差額は考慮しない)
  • 09年では上級論点だった子会社が保有する自己株式がBM期の論点となっている
  • 子会社の支配獲得時に、負ののれんが発生した場合は発生年度に一括して「負ののれん発生益」で処理する

こんなもんでしょうか。上記以外に関しては精査していないので何ともいえないのですが、概ね去年と同じという認識で問題無さそうです。この流れだと上級W本科生を受講する流れになりそう。

2009-06-08 明日からの工程表 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

6月9日〜6月14日  

簿記・基礎マスター1〜5 総復習(テキスト・問題集)

6月15日〜6月20日  

管理・基礎マスター1〜5 総復習(テキスト・問題集(新トレ含む))

6月21日〜7月7日  

アクセス基礎マスター期(簿記第1回〜第15回、管理第1回〜第15回)←1日2アクセス

6月9日〜    

監査、企業、財表の上級期復習

租税法基礎マスターDVD視聴

経営学上級DVD視聴

7月8日〜     

簿記・管理上級期復習(基礎答練、応用答練、アクセス上級期)

7月7日までに計算科目の基礎マ期の復習と、理論の上級期復習。8日からは追々。

上級パック取るよりは、アクセス3科目と過年度テキストで行こうかなと思う。答練パックがあったら受講するかも。まだ悩み中。

2009-06-03 6/3 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

TACの会計士講座の上級コースを取るか取るまいかで非常に悩んでいる今日この頃。アクセス標準装備に思わず釣られそうw

明日で中間考査も終わりです。やっぱ去年の12月からTACでずっと勉強してきたのが効いているのか、試験もそんなに苦に感じない。会計士試験の勉強の延長戦上で出来るんでそこまで負荷を感じない。

むしろ明日以降の課題としては積み上げてある基礎〜応用答練と租税法・経営学の学習をどう進めていくかです。それと、12月落ちた場合は直ぐ就活(この言葉が適切かどうかは別として)する予定なんで、それまでに読んでおきたい専門書が結構家に積んであるんで、それもどう消化していくか..。金融とか事業会社の財務・経理部門とか志望するなら最低これ位は読んでおかなきゃ話にならないだろうといったもの(VC、PE、短期金融市場、金融政策、マクロ・ミクロ経済、産業組織論、コーポレート・ファイナンス、ヘッジファンド云々..)が積読状態になっているんで、12月短答の勉強と院でのタスクとこれらをうまーく平行して処理していきたいなと考えています。

ちなみに読んでおきたい本のリストアップは昨日終わらせたんで、以下備忘録として記載しておきます。

12月までに読んでおきたいもの

ベンチャーキャピタルハンドブック

プライベート・エクイティ―ケースと解説

リアルエステート・ファイナンス第12版・上

リアルエステート・ファイナンス第12版・下

不動産ファイナンス大全―機会とリスクのマネジメント

ヘッジファンド運用入門

証券化入門―資産価値に基づくファイナンス手法のすべて

現代の金融政策―理論と実際

短期金融市場入門

新・債券運用と投資戦略

株式運用と投資戦略―株式ポートフォリオ運用の理論と実務

コーポレート ファイナンス(第8版) 上

コーポレート ファイナンス(第8版) 下







会計学の本が一冊も無いのは、これは決して会計学を軽視している訳では無くて、会計学については院で相当の質・量の勉強をするし、専門書も読むんで、それを補う位置づけとして上記の本を読んでおきたいのです。というか上に挙げた本はもう常識レベルで知っておかなきゃいけないし、知らないと話にならないんで、再度就職する時に行きたい企業へ行くための備えでもあります。

6月5日からは、期末の考査までは暫く答練と租税・経営の自習、アクセスの復習を消化していく予定。

Connection: close