funkasticsym567の日記

2015-04-29

男の子の育て方

| 15:50 |

先日、高松に住む中学校教師が遊びに来てくれた。

瓦せんべいとともに、お土産ということでこの本をくれた。

本の内容はまあ、わりかし普通(失礼!)だが、

著者の講演がおもしろいらしく、おすすめされました。

男の子の育て方~「結婚力」「学力」「仕事力」。0~12歳児の親が最低限しておくべきこと。~

男の子の育て方~「結婚力」「学力」「仕事力」。0~12歳児の親が最低限しておくべきこと。~

この本のおかげで、アサーショントレーニングを心掛けるようになっています。

単純に、子供に対してだけではなく、大人に対しても役立つコミュニケーションの手引きともなろう本です。

他にも、女の子の育て方、なり、ひとりっこの育て方、などを

出されているので、読んでみたいです。

(普通といいながら結構気に入ってます。ありがとう、いしくん。)

以上。

自分のアタマで考えよう

| 15:40 |

今日は、午前中に息子を遊ばせて、

午後に自由時間をゲットです。読書してせっせこログを残すべし。

自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう

独特な思考のフレームワークをお持ちのちきりん女史の著書。

読了後の思いとしては、ある内容に対して答えを求める前に、

自分でこれ以上は考えられないほど、とことん考えることを大事にしたい。

という気持ちが強くなった。

・”思考”と、その思考による効果をイメージすること。

・知識を思考の棚に整理する(思考の棚は単純なマトリクスでOK)

・空いている棚に入るべき、知識や事実などにアンテナをはること。

・それらの棚に知識を保管できれば何を結論づけられるかを事前にイメージしておくこと。(できればここまでをマトリクスで書きおこす)

ある程度書いて慣れれば、頭の中だけでもとっさにイメージできそう。

とっさにイメージできたらどんな効果があるだろうか。

ひとまず、今日の1冊目。

これは、練習が終わるまでは手元に置いておきたい。

Connection: close