Hatena::ブログ(Diary)

旧ブログ:異色な物語その他の物語

2013-11-08

『青い薬』 フレデリック・ペータース


 主人公はジュネーブ漫画家。旧知の女性に再会し、意気投合してつき合いはじめる。それはどこにでもある男女の出来事なのだが、女性はその息子と共にHIV感染者だった。




 自伝的な作品らしい。愛する女性を支えながらも感染に怯え、連れ子への対応にとまどう主人公が等身大に描かれ、ともすると硬い内容になりがちなテーマが穏やかにほどよい情感で語られ大変身近に感じられる。観念的なパートもあり、その辺に好みは分かれると思うが素晴らしい作品である。
 惜しむらくはビビッドなテーマにも関わらず日本で訳されるのに12年経っていることで、海外コミック出版のブームが無ければ出版されることも無かったことは理解しつつも、ちょっと残念に感じてしまう。



<iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=ishokunhanash-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4791767128&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1<1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0" style="width: 120px; height: 240px;"> </iframe>

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/funkenstein/20131108/1383881867
Connection: close