funkeydaddyちょい悪親父の日記

2012-06-20

七布施をもう一度心に刻みましょう。

仏教には,財施(ざいせ),法施(ほうせ),無畏施(むいせ)という3っつの 布施の行があるといわれています.では,施すべき財,説くべき教え,恐れを取り除く力がなければ布施の行ができないかというと,そうではないと言われています.地位や財産がなくても、誰もがいつでも容易にできる布施の行,それが「無財の七施」です.「無財の七施」とは,次の七つの施し( ここ から引用)をいいます.

1 眼 施 がんせ

慈眼施ともいい、慈しみに満ちた優しいまなざしで、すべてに接することをいいます。温かい心は、自らの目を通して相手に伝わるのです。

2 和顔施 わげんせ

和顔悦色施ともいいます.いつもなごやかで穏やかな顔つきで人や物に接する行為です。喜びを素直に顔の表情にあらわしましょう。

3 愛語施 あいごせ 

言辞施(ごんじせ)の別称もあります。文字通り優しい言葉、思いやりのある態度で言葉を交わす行ないをいいます。

4 身 施 しんせ

捨身施ともいいます。自分の身体で奉仕をすること。身体で示すことをさし自ら進んで他のために尽くす気持ちが大切です。

5 心 施 しんせ

心慮施。他のために心をくばり、心底から共に喜び共に悲しむことができ,他の痛みや苦しみを自らのものとして感じ取れる心持ち。

6 牀座施 しょうざせ

たとえば自分が疲れていても電車の中で喜んで席を譲る行為。また競争相手にさえも自分の地位を譲って悔いなく過ごせることをいいます。

7 房舎施 ぼうしゃせ

風や雨露をしのぐ所を与えること。自分が半身濡れながらも、相手に雨がかからないように傘を差し掛ける思いやりの行為など。


どれをとっても,人に対する思いやり,優しさに溢れた言葉であることが分かっていただけると思います.

 私がこの言葉を知ったのはある友達とのなにげない会話の中ででした.その友達はお祖父さんから教わったと言っていました.世知辛い現代社会なればこそ,人に対する慈しみ,思いやり,優しさの大切さについて諭しているこの言葉を是非大切にしたいものです.

 縁あって私の研究で卒業研究を行うことになった学生諸君が,知性と共に優しさ溢れた学生に育ってもらいたいと思い研究室の座右の銘とすることにしました.[高橋治道記]

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/funkeydaddy/20120620/1340161346
Connection: close