Hatena::ブログ(Diary)

funny-rooの日記 このページをアンテナに追加

2018-07-17

悪い男

北見市も昨日は気温29℃くらいまで上がったと思うんですけど、そこはやっぱり北海道の本領発揮。
今日は予想最高気温19℃です。
西日本の皆様にこの冷気をおすそ分けして差し上げたい。


まあ、そんなことが出来るわけもなく、暑い中での被災者やボランティアの人たちの苦労に思いを馳せていると、昔のあることを思い出しまして――― 。




それは昔、私がまだ20代の時の事でした。
家の瞬間湯沸かし器が故障しちゃったんですよ。
すぐに直さないとシャワーも浴びられないし、ガス湯沸かし器だったから危険があったら怖いしですごく困っちゃったんですね。
で、修理を頼んで、大家さんがどこかの業者を手配してくれて、作業服に身を包んだ男性が一人、修理にやって来ました。


この作業服のお兄さんが私と同じく20代くらいで、イケメンだったんです。
こういうことには抜け目のないしずちゃん(母です)がすぐに反応しましてね。
「お兄さん、ずいぶんモテるでしょう?」って。
お兄さんは「ふふふ」と笑みをこぼしてガス湯沸かし器を分解しつつ、おもむろに煙草に火をつけて、ふぅと吐いた煙を湯沸かし器に吹きかけながら「モテませんよ」って軽くかわしたんですよ。
その仕草がまたカッコいいの。
でも、私はガス器具に煙草の火を近づけるのが怖くてたまらなかったんです。
ガスに引火して爆発しちゃったりしないのかしら?って思って。
お兄さんは「大丈夫だよ、煙の流れを確かめてるだけだから」って言うんですけどね。


「恋の吊り橋理論」ってヤツがあるじゃないですか。
危険な状態、ドキドキするところで異性に出会うと、恐怖のドキドキと恋のドキドキが一緒くたになるってヤツ。
そんな心理状態に置かれたのか、やたらとそのお兄さんが素敵に見えてね。
職業に貴賤はないとか言いつつも、私は「作業員」系の男は底辺じゃん、みたいに思ってたんですね。
でも、そんなことに関係なく、こんな色っぽい男は見たことないなあ、と正直思いました。
すごく女扱いに手練れてそうな雰囲気の男だったんですよ。
あ、こいつ悪い男だ――― ってその時すぐに思いました。


しずちゃんも吊り橋理論にかかっちゃったのか、「独身だったら、うちの娘(私のことね)なんてどう?」って。
冗談でもそこまで言うことないのにね。
「アナタ、結婚してるの?」っていきなり切り込んじゃったりして。
なぜってそのお兄さん、左手の薬指にね、指輪をしていたんですよ。
エンゲージリングではなくて、クロムハーツみたいなファッションリングだったんですけど。
そうしたら、そのお兄さん、なんて言ったと思います?


「ああ、これ?ふふ、、、これは魔除け」


あー、こいつ絶対悪い男だ!と思いました。
湯沸かし器は無事に直してくれましたケドねー。






2018-07-15

冷たい雨の降る日曜日

西日本の各地は命に危険が及ぶほどの暑さだそうですけれど、私の住んでいる北海道北見市は10時半の時点で17℃です。



f:id:funny-roo:20180715110705p:image:w450




はっきり言って寒いくらい。
いえ、窓を開けさえしなければ体感温度はもっと温かいんだと思うんですけど、空気の入れ替えをね、どうしてもしたくなってつい窓を開けてしまうんです。
そうすると、冷え冷えとした自然のクーラーが冷〜っと流れ込んできますのよ。
本当に猛暑の中の「平成30年7月豪雨」被災者の方々の後片付け作業に思いを馳せると、申し訳なくて申し訳なくて。
暑い中、熱中症の危機と戦いながら、黙々と作業してらっしゃるのでしょうからね。
体調には充分お気をつけて。



それにしても毎年、大相撲名古屋場所のテレビ中継を「暑い暑い」って言いながら見てたのに、今年はどうしちゃったんでしょう、お天気。
北海道は7月に入ってからも何度かストーブ焚くくらい寒い日もありましたしね。
ほんと、気象がおかしいYO。
――― 今、外は雨。
部屋の中もカーテンを開け放しても、なお暗いです。
今日は夕方から雷雨になりそうという予報。
雷が落ちて、パソコンがバーーーンッってならないことを祈ってます。
宝くじには当たりそうな気がさっぱりしないのに、雷様には当たっちゃう予感がするこのチキンなメンタルね。笑
くわばらくわばら――― 。






2018-07-13

リリー・ローズの生え際よりも

リリー・ローズ・デップちゃんの生え際がヤバイとかニュースになってましたけど、後ろでパパラッチしてるお姐さんの生え際もリリー・ローズちゃん並みにヤバイんと違います?
つまり、リリー・ローズちゃんの生え際はかろうじてセーフ――― なのではなかろうか、と。



f:id:funny-roo:20180713113959p:image:w400



でも、おでこが広すぎなのは紛れもなく事実ですよね。
人間の顔の最も美しいバランスは、

髪の生え際から眉頭:1
眉頭から鼻の下:1
鼻の下から顎先:1

このように1:1:1の比率が理想的なバランスとされていることを鑑みると、リリー・ローズちゃんは正統派美人とは言い難いですよね。
個性があってキュートで可愛いとは思いますけど。


でも、ご本人は髪の生え際をコンプレックスに思っているのでしょうか?
私も幼い時のあだ名が「キューピー」でしたから。
おでこが広くて、でこっぱちなのがコンプレックスなんですよ。
前髪で隠そうとしてきたんですけど、悔しいことに私、前髪部分につむじがありましてね、どうしても前髪がパカーンと分かれてしまうんです。
へんな癖流れができてしまって、美容師さんも「すごく切り揃えづらい」って。
そんな美容師泣かせの前髪に幼い頃から苦労してきました。


でもね、髪の生え際がヤバかろうとなんだろうとリリー・ローズちゃんはシャネルのミューズ。
堂々とお洋服を着倒してらっしゃる。
私も一着でいいから「おシャネル」のスーツ、着てみたかったもんですわ。
病気をする前は私だって「スレンダー」で「スタイル抜群」って褒めてもらえたものだったのですよ。
今はメンタルのお薬で「だるだる〜」なカラダなので、シャネルには体がはまらないですけれどね。




そういえば、シャネルに愛されたBIGBANGじよんくんも一時期、生え際が危ないヤバイって言われてましたけど、持ち直しましたよね。
じよんくん、、、その後の音沙汰がないですけれど、手術後の足は癒えたんでしょうか、どうでしょうか?
リリー・ローズちゃんの生え際よりも、じよんくんの足の方が百万倍、心配です。