Hatena::ブログ(Diary)

funny-rooの日記 このページをアンテナに追加

2018-08-27

私への悪質タックル事件

この話は過去に書いた気がするんですけど。

でも、いつ頃書いたか思い出せないし、その出来事のディテールももう朧げにしか憶えてないので、細かいところは過去の話と一致しないかも。
日大の悪質タックルの問題で日大田中理事長のその後が全然進展してないなあ、と思って思い出したこの話。


私、チャウチャウ犬に悪質タックル喰らった経験がありますの。



f:id:funny-roo:20180827194011j:image:w420




それは、まだ私が20代だった頃。
通勤で通る道に自動車かなんかの修理工場が建っていて、そこに大きなチャウチャウが2頭、放し飼いされていたんですよ。
私は生き物が怖いので、仔犬が放し飼いされているだけでビビリバビデブーになっちゃうんですけど、犬がいる時といない時があって、いなければラッキー、いたら目が合いませんようにって祈りながらいつもその道を通ってましたの。


で――― 。
その日は工場の従業員さんとチャウチャウ2頭が通りに面した広い作業場で鬼ごっこ?かなんかをしながら戯れてました。
もう、犬もキャッキャ喜んじゃって「バウワウ」言いながら飛び跳ねたり走ったり。
嫌〜な予感に怯えながらその横を通りかかる私。
と同時に、従業員さんが「ワッ!!」と犬に飛びかかる仕草を。
そのとたん、チャウチャウ1号がはしゃいで従業員さんの顔を後ろ向きに見ながら私の方向に突進してきて。
日大アメフト部よろしく私の膝から下にタックルかましてきたんです。
避ける暇なんてありませんでした。


ぶつかった瞬間、犬は「キュイーーーン」って変な声を上げて倒れたんですけど、私は「アッ!!」と叫ぶ間もなく道路に倒されてしまいました。
とても大きなチャウチャウでね。
当時、私は体重43キロくらいだったんですけど、その犬も30キロくらいありそうなガタイのいいチャウチャウで。
凄い衝撃でした。


従業員のお兄さんが「すみませ〜ん」って謝ってきたんですけど、こんな公共の道路に飛び出す危険があるのに犬を放し飼いにして遊んでることに腹が立ったのと、チャウチャウに足をすくわれて倒れ込んだ自分が恥ずかしいのとで、もう、「ふんっ」って思って。
「痛ーい!」って一言言ってお兄さんを無視してさっさと帰りました。




日大悪質タックル事件でチャウチャウ犬タックル事件を思い出したんですけど、私も無傷じゃなかったですしね。
今更ですけど「責任者出て来い」って問題にしてやればよかったかと。

――― まあ、ストッキングが破れただけですけどね。