すばらしきせかい このページをアンテナに追加

2012-12-10

[][][]2012/11/26〜2012/12/02 13:05

某日。「読んでみたいなあ」と思いつつ、なんだかんだで今回が初の読了となる阿部和重作品。

クエーサーと13番目の柱

クエーサーと13番目の柱

”スター”のプライベートを探る週刊誌の張り込み屋、いわゆる”パパラッチ”のグループを中心にした話。面白い題材でした。そして、こんなにどこにでも張り付かれるって、やっぱりスターって大変だなぁ…と思いましたです。グループのなかで、張り込みの対象となるスターを隠語(?)で「Q」と呼ぶのだけれど、その意味を読んで「ああ、なるほど」と。

クエーサー:クエーサー (Quasar、QSO) とは、非常に離れた距離において極めて明るく輝いているために、光学望遠鏡では内部構造が見えず、恒星のような点光源に見える天体(準恒星状電波源[1]、quasi-stellar radio source)のこと。(Wikipediaより)

小説のなかではもっとわかりやすく「準恒星状天体。地球から観測できるぎりぎりの、物凄く遠いところにあって、凄まじいエネルギーを放ちながら宇宙一明るく輝いている天体」と記されていました。そして「アイドルの活動を追うファンは、クエーサーの観測をしているようなものだ」と。普段、私はそこまで皮肉には考えていないけれど、「確かになあ」と思いました。ストーリーはやや不完全燃焼な感じ。もう少しいろいろ読んでみたいと思います

某日。彼氏が「すごいの見つけた!」と言って見せてくれた久石譲ジブリ25周年コンサートの映像にまんまとハマってしまい、原稿を書いているときや入浴中などについつい何度も観てしまう…。ナウシカ、ラピュタ、千と千尋、そしてトトロあたりはかなりリピートしています。聴く「音楽」としてももちろんいいけれど、中学生の3年間だけながら吹奏楽をやっていた身としては「ああ、こんなステージに立てたら本当に気持ちいいだろうなあ」と、演奏者の方々の心境にもなってしまったりします。また楽器持ってステージに立ってみたいなあ。そんなこんなでDVDを買おうか悩み中。実家の大きいテレビで観たいので、おそらく帰省する前に「自分への誕生日プレゼント★」とかなんとか言い訳して買ってしまう、と思う…。久石譲氏、宮崎駿氏には、長生きして少しでも多くの作品を世に残してほしいとつくづく感じます

週末は渋谷のプラネタリウムやら、六本木ヒルズでやってる会田誠展&スタークルーズプラネタリウムやらに出かけ、私としてはかなりアクティブに過ごしました。渋谷では、前々から気になっていたパン屋さんにも寄ってみました。シャレオツな外観のわりに(笑)値段もさほど高くなかったし、とても美味しかったのでまた行こうと思います。カフェやレストランも併設されているようなので、お店で食事もしてみたいなあ。

スタークルーズプラネタリウムでは、物販に宇宙食があって、仕事で取材した際に某タマネギ頭のご婦人が「普段食べてるカレーより美味しいわ!」と絶賛していた「スペースカレー」を購入。後日、食しましたが、まぁ、普通のレトルトカレーかな、と私は思いました…。

f:id:fur8823:20121210125111j:image:mediumf:id:fur8823:20121210125112j:image:mediumf:id:fur8823:20121210125109j:image:mediumf:id:fur8823:20121210125110j:image:medium