フラン☆Skin はてな支店 RSSフィード

2016-03-23

[]この素晴らしい法治国家に祝福を! 〜渡世の義理に爆裂を〜

「小説家になろう講座」の名称、差し止め求めた理由は 「小説家になろう」運営元に聞く - ITmedia ニュース

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1603/22/news124.html

「名称の使用について正当性を主張して講座の名称を維持されるか、当社からの要請を受容して頂くかは先方の判断に委ねざるを得ないものであり、当社は先方の判断に回答を行なう立場にはない。講座の名称について先方がご自身でご判断されたものとして、当社はその意向を尊重する」


小説家になろうを運営しているヒナプロジェクトが山形で毎年開催している講座名が商標登録した「小説家になろう」と同じ名前なので名称の使用差し止め請求をしたところ思いの外話題に。

その要求自体は法律に則ったものであり何の違法性もないですし、要請された側も新名称に変えて商標登録して再スタートするらしいので丸く収まったかと思うのですが、


  • ヒナプロジェクトの企業イメージがダウン
  • 19年も前に先行しているんだから敬意をはらえよ。
  • ははは、ニュースになったのか。こっちのほうが先だってのに、ケチくせえ真似しやがって。

と外野や一部当事者から非難轟々なわけです。

ただ、法律的には全く問題ないですし*1、ヒナプロジェクト側も上記の回答から考えると先使用権の主張があったら普通に法律に則した対応をしそうです。

日本は(実態はどうあれ)法治国家なわけですから、法律に則った対応をするのが当然ですし、例外対応をするのは非常にコストが掛かるので全てに四角四面な対応をするのも当然だと思います。

本当にね、例外対応ってのは面倒なことこの上ないんだけど、現場のことを何も分かってないおっさん上司が義理があるからとかで仕事受けてきて現場の人間が忙殺されるわけなんですよ。そんな無茶を言うくせにちょっとでもミスがあったら烈火のごとく怒るし、そもそもそんなに義理があるならお前がやれよと小一時間(ry


えー、話を戻しますがヒナプロジェクトは今まで内部に対してもかなりルールに厳格というか四角四面でドライな対応をしています。

まず、利用規約に反したアカウントはたとえヒナプロジェクトも協賛した賞を受賞して商業作家デビューした相手だろうとBAN


スコ速@ネット小説まとめ 『魔王が地上では救世主になっている理由』や『最強勇者の弟子育成計画』で有名な栖原依夢先生、小説家になろうのアカウントをBANされる



最近だと何度も共同で賞を運営してきたオーバーラップ文庫から来月書籍化される作品であろうとも作中でとある歌詞を替え歌で使った規約違反のせいかBAN


現実主義勇者の王国再建記 1 (オーバーラップ文庫)
どぜう丸
オーバーラップ
売り上げランキング: 11,897



兎にも角にも、ヒナプロジェクトは扱っているモノの関係上、昔から法律や利用規約といったルールには非常に厳格に対応してきているんですよね。

ただ、講座に参加されていた作家さん側は未だに義理と人情という前時代的なモノで仕事が回っているのか、こういった四角四面な対応は受け入れがたいのでしょうか、今回の騒動では批判的な人が多い印象ですねー…

友人付き合いならともかくビジネスなんだから法律に則した対応して何が悪いんだろう… ルールに厳格な欧米人じゃなくて日本人なんだから義理と人情のヤクザ理論でビジネスをしろということなのでしょうか…


ヒナプロジェクト側に非があるとすれば、


  • 「小説家になろう」を商標登録する際に調査不足だった
  • そもそもサイト開設時に「小説家になろう」という名前を付けるべきではなかった

の二点だと思います。

前者に関しては上記の記事によると知らなかったらしいので、単に調査不足だっただけな気がします。そういった意味ではワキが甘いなぁ、と思います。

後者に関してはヒナプロジェクトは元々大学生の友人グループから始まったことから考えると仕方ないかな、という気持ちもあります。*2

学生時代に友人と趣味的な感じで始めたから適当に名前を付けてしまったというのはAppleの例を見てもわかりますしね。


今回の結論

  • ヒナプロジェクトは昔から内部にも外部にもルールに非常に厳格で四角四面な対応をする。
  • 渡世の義理とかいうヤクザ理論で例外対応を押し付けてくる者には爆裂魔法を撃ち込みたい(私怨

以上です。

2016-01-18

[]漫画雑誌の電子書籍化状況を調べてみた 青年誌編

漫画雑誌の電子書籍化状況を調べてみた 少年誌編の続きです。


週刊青年誌

雑誌名独自アプリKindleBOOK☆WALKERKinoppy
ヤングジャンプ(集英社)----
ヤングマガジン(講談社)-
モーニング(講談社)
ビッグコミックスピリッツ(小学館)--
ゴラク(日本文芸社)----

週刊青年誌では先鞭をつけたモーニングが強いです。月額500円という安さも良いですね。載ってない漫画もありますが、逆に独自コンテンツも充実しています。

ヤングジャンプはWeb媒体のとなりのヤングジャンプとかやっているのだから頑張って欲しいところ。


意外なことに小学館のビッグコミックスピリッツKindleやKinoppyで出しています。

週刊ビッグコミックスピリッツ 2016年6・7合併号 [雑誌]
小学館 (2016-01-04)
売り上げランキング: 3,560


ただBOOK☆WALKERだけには置いていないのです。

BOOK☆WALKERはサンデーコミックスも置いてないし、何かKADOKAWAと小学館の間には確執があるのでしょうか。


ゴラクは… まぁ、客層から考えてやるはずがないですよね…


隔週青年誌

雑誌名独自アプリKindleBOOK☆WALKERKinoppy
グランドジャンプ(集英社)---
イブニング(講談社)-
ビッグコミック(小学館)----
ビッグコミックオリジナル(小学館)----
ビッグコミックスペリオール(小学館)----
ヤングチャンピオン秋田書店----
ヤングキング少年画報社----
ヤングガンガンスクエニ----
ヤングアニマル白泉社-
漫画アクション双葉社-

隔週誌*1では一部Kindle版が出てますね。

前号をKindle無料版として出しているグランドジャンプですが、一部作品は第1話のみ掲載とかになってます。あくまで販促用に置いているって感じです。

イブニングは講談社なので安心の全電子書籍プラットフォームでの販売です。


ビッグコミック系列はスピリッツは頑張っているのに他のビッグコミック系列は全滅。

ヤングチャンピオンも予想通り出していないですね。

ヤングガンガンも他のガンガン系列と同じで出していません。


ヤングアニマルは出しているんですが紙版に比べて電子書籍版は2週間遅れ、つまり前号が買えるという即時性の無さが辛いです。


権利関係の問題かグラビアも一部載ってないらしいです。

漫画アクションもほぼ同じです。


月刊青年誌

雑誌名独自アプリKindleBOOK☆WALKERKinoppy
ウルトラジャンプ(集英社)-
ミラクルジャンプ(集英社)----
グランドジャンプPREMIUM(集英社)----
ヤングマガジン(講談社)-
ヤングマガジンサード(講談社)-
アフタヌーン(講談社)-
good!アフタヌーン(講談社)-
モーニングツー(講談社)-
月刊!スピリッツ(小学館)--
ヒバナ(小学館)--
サンデーGX(小学館)----
ヤングチャンピオン烈秋田書店----
別冊ヤングチャンピオン秋田書店----
チャンピオンRED秋田書店-
アワーズ(少年画報社----
アワーズGH(少年画報社----
ビッグガンガンスクエニ----
ヤングアニマル嵐白泉社-
ヤングエースKADOKAWA---
フラッパー(KADOKAWA----
ビーム(KADOKAWA----
ハルタKADOKAWA----
リュウ徳間書店----
ゼノン(徳間書店--
@バンチ(新潮社)----
月刊アクション双葉社-

月刊誌ではウルトラジャンプが紙版より10日ほど遅れて各電子書籍プラットフォームから出ています。


ミラクルジャンプグランドジャンプPREMIUMは出ていません。

そしてやはり講談社は頑張っている状況です。まぁ、アフタヌーン以外だと電子書籍版はアンケートが出せないという不具合があるんですが…


月刊!スピリッツヒバナビッグコミックスピリッツと同じ編集部なのかこちらもBOOK☆WALKER以外のプラットフォームで販売中です。


サンデーGXは一部無料サンプルを配布してたりしているみたいですが基本的に販売していません。

秋田書店チャンピオンREDのみが無料お試し版を出しているくらいで、それ以外は全滅です。


少年画報社は相変わらず対応してくれませんが、少年画報を電子版で出したこともあるので可能性は若干あるかも…?

スクエニは一貫して出してくれませんね。

ヤングアニマル嵐は紙版よりも若干遅れて電子書籍版が発売されるのはヤングアニマル本誌と同じですね。

同じくグラビア等は載っていないみたいです。


KADOKAWAヤングエースがBOOK☆WALKERのみで販売中と、少年エースと同じ方針ですね。

その他、フラッパー、ビーム、ハルタは全滅。


リュウ、@バンチはなくてゼノンと月刊アクションは申し訳程度に無料サンプルがあるくらいですね。



4コマ漫画誌

雑誌名独自アプリKindleBOOK☆WALKERKinoppy
まんがタイム芳文社----
まんがタイムオリジナル芳文社----
まんがタイムファミリー(芳文社----
まんがタイムスペシャル(芳文社----
まんがタイムジャンボ芳文社----
まんがホーム芳文社----
まんがタイムきらら芳文社----
まんがタイムきららキャラット(芳文社----
まんがタイムきららMAX芳文社----
まんがタイムきららミラク芳文社----
まんがライフ(竹書房---
まんがライフオリジナル竹書房---
まんがライフMOMO竹書房---
まんがくらぶ竹書房---
電撃だいおうじ(KADOKAWA-
コミックキューンKADOKAWA---
まんが4コマぱれっと一迅社----

意外かも知れませんが竹書房が一番頑張ってます。

まんがライフGIGA(ギガ)というDモーニングやジャンプ+と同じようなアプリがあり、定期購読するとまんがライフシリーズが全部読めます。

むしろこの手の需要はまんがタイムきらら系を要する芳文社の方が多そうですが、こちらは全く手を付けていません。


意外なのがKADOKAWAの電撃だいおうじで、こちらは電撃G’sコミックと同じく各種電子書籍版が出てます。


それでいてコミックキューンはBOOK☆WALKERのみというチグハグさ…

それとREXは電子書籍化されてるのにぱれっとはされてない不思議さがあります。



エロマンガ雑誌

ほぼ全てのエロマンガ雑誌はDMMで電子書籍版を購入できます。

ただし、1ヶ月ほど発売日が遅れる上に紙版よりも値段が100円ほど高いことが多々あるので注意が必要です。

エロマンガ雑誌に関してはDMMが独占状態と言えるでしょう。


まとめ

全社を挙げてやっている講談社以外は編集部によって対応状況がマチマチであることがよく判りました。

プラットフォーム的にはKindleとBOOK☆WALKERで大体網羅出来るかと思います。


電子書籍は嵩張る雑誌でこそ普及して欲しいのでこれからも進んで欲しいですが…

みんなが電子書籍で買うと本屋に漫画雑誌が並ばなくなり、本屋で新しい雑誌に出会う機会が減る可能性、というか現に減っているのが問題ですね。

そのため、電子書籍の無料版を各出版社は出しているのでしょう。


女性向けのマンガ雑誌に関しては調べきれてません。

要望があれば調べてまとめたいと思います。

*1:一部雑誌は5日と15日発売と正確には隔週ではないですがまとめてます

2016-01-16

[]漫画雑誌の電子書籍化状況を調べてみた 少年誌編

はじめに

漫画雑誌と単行本の関係はいまのままでいいのか

http://anond.hatelabo.jp/20160113220837


この人の主張としては


  1. 電子書籍は雑誌の方が利点がある
  2. しかし雑誌が電子書籍化されたらデータ劣化もないし嵩張らないので単行本を買う動機が薄れる

恐らくこの2点がメインだと思われます。

確かに電子化で単行本の”印刷が綺麗”というメリットが薄れたので何かしらのテコ入れというか補完というかそういうのは欲しいですね。

久米田康治さんはこれを見越して昔から単行本には描き下ろしを入れるようにしてましたね。

よつばと!」のように雑誌連載版と単行本版で大きく違っている作品もあるので雑誌の電子書籍版を買えばOKとは一概には言えないのですが。

作家さんの中にはこれを嫌ってなのか雑誌の電子書籍版を掲載拒否する人もいらっしゃるので中々複雑です。


しかしそもそも漫画雑誌はそれほど電子書籍化されているのでしょうか?

私もジャンプ+、Dモーニング、Kindleと色々と使っていますが全部を把握しているわけではありません。

中には友人であるヤマカムの山田さんのようにジャンプ+をスマホアプリでしか読めない&PCでKindleを読めないと勘違いしている人もいますしね。*1

これはちょっと調べてみても良いかもしれません。


という訳で2016年1月時点での漫画雑誌の電子書籍化状況を調べてみたのでその結果をまとめたいと思います。

調査対象はまずは少年誌で、電子書籍プラットフォームはAmazonKindleKADOKAWA直営のBOOK☆WALKER紀伊国屋書店Kinoppyです。

その他プラットフォームは数が多すぎるので調査していませんが、Kinoppyが取り扱ってるなら他のプラットフォームでも取り扱ってると思われます。


週刊少年誌

雑誌名独自アプリKindleBOOK☆WALKERKinoppy
ジャンプ(集英社)---
マガジン(講談社)
サンデー(小学館)----
チャンピオン(秋田書店----

週刊少年誌ではジャンプとマガジンは独自アプリがあります。

少年ジャンプ+は会員登録してログインすればPCやスマホ、どの端末でも買った作品を読めます。

マガポケはアプリのヘルプによると同時接続可能なのは3端末までみたいです。

ジャンプ+でジャンプの月額900円で定期購読するとジャンプNEXT!!も付いてくる状態になりますので紙で買うよりお得です。

マガポケの定期購読は月額840円とジャンプ+に比べてちょっとお得に見えますがマガスペは付いてきません。

更にはじめの一歩は載ってないので実質それほどお得感はないかもしれませんね。

ちなみにマガポケを使わなくてもKindle等でもマガジンは単品で購入可能です。


サンデーにはiアプリはあるんだけど、残念ながらそちらは雑誌が読めるアプリではありません。

MangaONE[マンガワン]というのもありますが、そちらもちょっと違う方向性みたいですしね…

サンデーは雑誌の電子書籍化もそうだけど単行本の電子書籍化が1ヶ月遅れなのをなんとかして欲しいです。


そしてチャンピオンに動きはありません。

秋田書店はここ1,2年は単行本の電子書籍化に力を入れているので今後の可能性に期待したいですね。


月刊少年誌

雑誌名独自アプリKindleBOOK☆WALKERKinoppy
ジャンプSQ(集英社)
マガジン(講談社)-
マガジンSPECIAL(講談社)-
別冊少年マガジン(講談社)-
シリウス(講談社)-
少年マガジンエッジ(講談社)-
ゲッサン(小学館)----
チャンピオン(秋田書店----
別冊少年チャンピオン秋田書店----
ガンガン(スクエニ----
ガンガンJOKERスクエニ----
少年エースKADOKAWA---
ガンダムエースKADOKAWA----
コンプエースKADOKAWA---
電撃大王KADOKAWA----
電撃マオウKADOKAWA----
電撃G’sコミック(KADOKAWA-
電撃大王KADOKAWA----
ドラゴンエイジKADOKAWA---
アライブ(KADOKAWA----
まんがタイムきららフォワード(芳文社----
REX(一迅社--

月刊少年誌はジャンプSQがジャンプ+で3ヶ月1500円の定期購読が可能です。

つまりToLOVEるダークネスのムフフな画面を見開きのノドに患わされることなく思う存分読むことが可能なのです!

そしてKindleやBOOK☆WALKER等の電子書籍プラットフォームも出している事にも驚きです。


そして全社挙げて頑張っている講談社もそれに追随していますが「修羅の刻」みたいに一部載ってない作品があるので注意が必要です。


表紙が「修羅の刻」なのに載ってない号とか割りと詐欺くさいですよね…


小学館は無料サンプルを挙げてるだけで雑誌そのものの発売はやる気はなさそうです。

秋田書店は無料サンプルすらないですね…

意外なのがスクエニでこちらも何もありません。

ガンガンONLINEという独自コンテンツを持っているからなのでしょうか?

単行本は紙と同日販売でカバー下までしっかり収録してくれいるのですが…


KADOKAWAComicWalkerとかやってる暇あったらさっさとしろと言いたいです。

少年エースコンプエースドラゴンエイジに関してはKADOKAWA直営のBOOK☆WALKERで買うことができますが、当然ながら付録はありません。(紙と値段は一緒なのに…)

個人的には一番嵩張る電撃大王とアライブをなんとか対応して欲しいんですが、もし対応したとしても「よつばと!」だけ掲載されてないとか普通にありそうです。

そして何故か「ロウきゅーぶ!」や魔性の潮で有名な比村奇石さんの「ソードアート・オンライン プログレッシブ」が載っている電撃G’sコミックはBOOK☆WALKERどころかKindleやKinoppyといった他社の電子書籍プラットフォームでも買えます。


こういった事からもKADOKAWAはグループ内での意思統一が全く出来てないことが透けて見えて不安です。

だからBOOK☆WALKERは使うのが怖いんですよね…


一迅社コミックREXですがKindleやBOOK☆WALKERでは見かけますが、Kinoppyだと見つかりません。

Comic REX (コミック レックス) 2016年2月号[雑誌]
一迅社 (2016-01-05)
売り上げランキング: 13,931


全ての電子書籍プラットフォームに対応しているわけではないのでしょう。

それと一部作品は電子書籍版には載っていないみたい?*2


芳文社はある意味予想通りで全く対応しておりません。


青年誌編に続きます。

*1Kindle fp PC http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?docId=3078592246

*2:BOOK☆WALKERではアイマスが載ってないとアナウンスあり

2015-12-26

[]最近プレイしているゲーム(FGO,デレステ,うたわれ,MHX)の感想

ソシャゲはFate/Grand Order(以下FGO)とアイドルマスターシンデレラステージ(以下デレステ)、PS3でうたわれるもの 偽りの仮面(以下うたわれ)、3DSモンスターハンタークロス(以下MHX)をやっております。

で、プレイして感じた思ったコトを主観的につらつらと書いてみようと思います。

まずはザックリと表にするとこんな感じ。


FGOデレステうたわれMHX
キャラクターSA+A+C
シナリオS+A+A-C
グラフィックA-A+AA
音楽ASAA
AAAB
ガチャB-A B
サーバー安定性D-A+ B
バグの少なさD-A+AA
ゲームの楽しさC-A+AS+
イベント頻度B+A+ B
友人との繋がりBBCA+

以下ちょっと詳細なコメント。


キャラクター

FGO
Fateシリーズだけあってキャラクターの魅力はピカイチです。stay nightからのキャラも良いけど、新キャラも面白いサーヴァントばかりです。マシュはおっぱい大きいしメガネキャラだし。次に霊器再臨したらサーヴァント状態でもメガネ付けてくれませんかね?
デレステ
アイドルたちの個性が可愛くて、しかもローディング中にもその可愛さを見せてくれるサービス精神が溢れる仕様。今まで同人誌とアニメでしかキャラを把握してなかったのでこのゲームで再確認している感じでもあります。あと志希にゃんエロすぎ問題。
うたわれ
ヒロインたちが可愛いし、野郎どももBLバッチコイ状態というか。マロロが案外愛嬌があるキャラで妙に愛着が出てきてしまったですよ。ムネチカさんのおっぱいが大きいのも大変によろしいです、ハイ。
MHX
キャラクターが魅力なゲームじゃないですからね。ネコ嬢は可愛いですが。

シナリオ

FGO
シナリオがメチャクチャ面白いんですよ。元々そういうゲームですからね、Fateって。奈須きのこと愉快な仲間たちのはっちゃけ具合が最高にイカしてるんですな、デュフフ。
デレステ
アニメとはちょっと違ったストーリーが色々と体験できるのが良いですね。ボリュームが多すぎて時間を食いまくるのがネックといえばネック。
うたわれ
前作との繋がりも感じられるシナリオ構成や、思いもよらない展開や、日常シナリオでのほのぼの感とか概ね素晴らしいです。ですが、最後だけはちょっと… そこで終わっちゃうの…? 的な。
MHX
シナリオが魅力なゲームじゃないですからね。今回はたまごの秘密結社とかないのがちょっと残念かな。

グラフィック

FGO
カードのイラストも悪くないし、2Dキャラが動く様子も良いと思うんですが、どうしても3年位前のゲームに見えてしまうのがちょっと…
デレステ
3Dがグリグリ動くわ、担当曲だとそのアイドル専用のモーションを入れてたりと細かいところまで気を配ってるのが素晴らしいですね。バッテリー食うし熱も出ちゃうけど。
うたわれ
流石のみつみちゃん様で甘露樹さんでした。何故エロで出さなかったのか、と思ってしまうクオリティ。ノスリのエロいシーンを見たかった。おっぱい的な意味で。
MHX
流石の迫力あるグラフィックでしたね。ディノバルドさんとかパネェっす。怖い。

音楽

FGO
割りと良いです。とはいえ何度も聞かざるをえないので飽きてくるってのはある…
デレステ
アイドルだし、音ゲーだけあって素晴らしい完成度ですね。無料でこんなに聞けて良いのか心配するレベル。
うたわれ
Suaraさんを起用してくれたのが前作からのファンとしては嬉しいですね。BGMまで含めて全て良かったです。
MHX
ある意味いつも通りのクオリティで、不満がないというのが一番でしょうか。

FGO
キャラ毎にちゃんと声優さんが決まってるのが良いですね。早見沙織はここでも罵倒キャラだったのか、とちょっと心配になりましたが。あとセイバー多すぎで川澄綾子さん大変そう。
デレステ
全員に声優さんが決まっていないのが残念と言えば残念ですが、キャラ数考えると仕方ないよね。
うたわれ
声優さんは合ってると思うし、前作のキャラが前作の声優さんそのままなのが嬉しかったです。下品な方の小山さんとか三宅華也ちゃんとか。
MHX
今回新規ボイスが増えてましたね。私はかなり可愛い声にしたのでプレイ中に癒やされてますよ。

FGO
礼装とサーヴァントが一緒のガチャなので課金しようと無課金だろうと回したら黒鍵祭りという悲劇がありえるシビアすぎる内容。ただ、サーバーのメンテ等で石が配られまくるので侘び石とログインボーナスだけで月に一度は10連ガチャを回せます。気がついたらSSR(☆5)のサーヴァントが6人も居たよ。おかしいな、私は無課金なのにね…
デレステ
音ゲーをクリアしたりストーリーを進めたらジュエル(石)が貯まるし、課金ジュエルでしか回せない一日限定ガチャもあるし、SRはポンポン出てくるしで中々良い感じ。まぁ、私は未だにSSRの一枚も出てこないのですが!
うたわれ
ガチャ要素ないです。
MHX
相変わらず神おまを求めて炭坑夫の毎日です。くそぅ、ガード性能+7以上でスロット3つのお守りが欲しい…! 何故出ないんだ…!

サーバーの安定性

FGO
サーバーの安定性はクソです。最近大改修してマシになりましたが、それにしたってメンテ延長しまくりで凄かったしなぁ…
デレステ
そうそう問題が起こりません。問題が起こらないというのが最高の仕事だと思います。
うたわれ
そもそもサーバーとか関係ないので。こういったところはネトゲとは違うところですね。
MHX
たまにサーバーに繋がらない時があるのと、友人でしょっちゅう落ちる人がいるのがネック。

バグの少なさ

FGO
バグのオンパレードやで! 未だに修正されてないバグがてんこ盛り。表示バグや無音になるバグとかは可愛い物で、しょっちゅう固まって落ちます。
デレステ
バグはほぼ見ないですね。ログインボーナス画面に表示バグが稀に起こるくらいでしょうか。
うたわれ
バグには遭遇しませんでしたね。誤字を一度見つけたくらいかな?
MHX
バグはないけど、これバグなんじゃね? って思ってしまう理不尽な当たり判定はあります。まぁ、私が下手なだけなんですが。

ゲームの楽しさ

FGO
ゲームの楽しさは… あるかなぁ…? 好みのサーヴァントを育てる育成要素は気に入ってるけど、バトル自体はほぼ作業ゲーで惰性67パーセント
デレステ
音ゲーなので、音ゲーが楽しいと感じる人には合うと思います。しかしPROとMASTERの難易度は違いすぎると思う。MASTERのフルコンボ、まだ2曲しかできてない…
うたわれ
戦略シミュレーションなトコが好きなんですが、今回は色々要素盛り込みすぎて全部把握出来なかったというのが本音のところ。
MHX
プレイするのがひたすら楽しいし、装備考えるのも楽しいし、ハマる人が多いのも納得というものです。

イベント頻度

FGO
イベントは月に一度はやってる感じがするんで、それは良いんですが… 報酬コンプリートは基本的に無理なレベル。
デレステ
月に何度もイベントやってくれて報酬も大盤振る舞いしてくれて嬉しいんですが、イベントありすぎて時間が取られすぎなのが嬉しい悲鳴。
うたわれ
固定ハードなのでそういう要素はないです。
MHX
イベクエとか今回もしょっちゅう出してくれるのでしばらく飽きることはないでしょう。早くオトモのダンボー装備が欲しい。

友人との繋がり

FGO
フレンド上限がすぐ埋まるのがネックです。それと共闘してるという感覚が薄いですね。
デレステ
フレンド上限がすぐ埋まるし、助けてもらってる感はありますがそこまでは… って感じもあるかな。
うたわれ
友達とオフラインなりオンラインなりでトークするのが楽しいよね!
MHX
P2Gの頃からの友達とずっと楽しめるのが良いです。ネット経由でSkypeで話しながらってのが出来るのが良いですよね。

総評

FGO
色々と評判が悪いですが、キャラとシナリオに特化したゲームと考えれば良ゲーと言えると思います。
デレステ
全体的にクオリティが高く、死角が殆ど無いです。非常に優等生といった感じ。
うたわれ
早く第三部を出してくれ、というのが一番の希望でしょうか。
MHX
まだまだやることが多いのでこれからも数百時間費やすと思われます。先日EXレイアS装備が揃ったくらいなんですが、やっぱり二つ名装備も欲しいですね。

余談

最近はゲームに時間を取られて漫画やラノベを読む時間が減ってきてヤバイ。

2015-11-04

[]Webマンガの更新を一括でチェックできるWebサービス「Pinga(ピンガ)」を使ってみた

Pinga [ピンガ] | Webマンガ更新チェッカー

http://pinga.mu/


Webマンガ700作品の更新チェックを一括で!新サービス「Pinga」オープン - コミックナタリー

http://natalie.mu/comic/news/164942


Webマンガの更新を一括でチェックできるWebサービス「Pinga(ピンガ)」が、本日11月4日にオープンした。コミックナタリーを運営する株式会社ナターシャ、およびKDDI株式会社、株式会社はてなの3社が共同で運営を行う。


Web漫画の更新通知はガンガンONLINEが出来たあたりの頃から切望されていたんですが中々出来なかったんですよね。

近年ではアンテナ時代は個人で運営されているものが幾つか出てきており、私もWeb漫画アンテナを愛用しています。

しかしここにきて漫画情報に関して実績のあるコミックナタリーにKDDIにはてなという強力なタッグで新サイトがオープンしました。

早速使ってみた所感を報告したいと思います。


良いところ1:twitterFacebookやはてなのIDで利用可能

f:id:furan:20151104231715p:image


これは便利ですね。

Web漫画アンテナはクッキーを利用しているのでうっかりブラウザのクッキーを消したり、違うPC、違うブラウザでチェックしようと思うと移行するのが多少手間だし、どの環境でも状態を最新にしようと思ったら手間だったのでID管理になるとそういった不満が一気に解消出来ます。


良いところ2:ニュース記事がある

f:id:furan:20151104231716p:image


Web漫画特化のコミックナタリーのようなものでしょう。

Web漫画好きとしてこういったのが欲しかったので嬉しいです。

他にも特集記事とかも組まれてるあたりは流石はコミックナタリーが母体となっているな、と思います。


悪いところ1:お気に入りの追加方法が面倒

f:id:furan:20151104231717p:image


更新をチェックしたい作品をお気に入りに追加する際は作品の個別ページにいちいち飛ぶ必要があるのが非常に面倒です。

特に私のように100作品以上チェックしている人間にとっては致命的です。

また、各Web漫画サイトでのソートが出来ないのも面倒この上ないです。

ガンガンONLINE作品の一覧からお気に入り登録したい、という場合は作品一覧からタイトル名で逆引きして各作品のページに行ってお気に入りボタンを押す必要があります。


f:id:furan:20151104231719p:image


この機能に関してはWeb漫画アンテナの圧勝といって良いでしょう。


f:id:furan:20151104231718p:image


悪いところ2:対応サイトがまだ少ない

現在は約80サイト700以上の作品チェックができるとのことでこれでも充分多いです。

ですが、現時点で言えばWeb漫画アンテナの方が多いような気がします。

ただ、これに関してはこれから更に増えるらしいのでそこは今後に期待したいところです。

できればWeb漫画アンテナも対応が無理と判断した楽園Web増刊に対応して欲しいです。

あれは機械的にチェックするのは結構面倒だとは思いますが…

2015/11/09 追記

Web漫画アンテナは対応済みとのことです。


今後に期待したいこと

Web漫画アンテナからのコンバート機能が欲しいです。*1

個人運営とはいえ既存サービスがあるんだから、そこと上手いこと差別化するか、むしろ取り込むかして頑張って欲しいですね。

*1:無理だとは思いますが