フラン☆Skin はてな支店 RSSフィード

2017-12-12

[]「このライトノベルがすごい! 2018」に協力者として参加しました報告

このライトノベルがすごい! 2018


今年も「このライトノベルがすごい! 2018」に協力者として参加しました。

ここしばらく読んでる新人の新作が小説家になろう発ばかりなのが最近の課題であります。


毎年恒例の私が投票した作品等をここで発表したいと思います。

このラノは誰が何に投票したかわからない方式なので…


文庫部門

1位:りゅうおうのおしごと!

りゅうおうのおしごと!6 (GA文庫)


2位:生ポアニキ パンプアップ

生ポアニキ パンプアップ (オーバーラップ文庫)


3位:エロマンガ先生

エロマンガ先生(7) アニメで始まる同棲生活 (電撃文庫)


4位:やがて恋するヴィヴィ・レイン

やがて恋するヴィヴィ・レイン 4 (ガガガ文庫)


5位:フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記

フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記 (角川スニーカー文庫)


既報の通り「りゅうおうのおしごと!」が二連覇達成ですが、私も1位で投票しました。

まぁ、飛び抜けて面白かったからなぁ…

特に5巻で「もうこれ以上面白くできないだろう」と思ったところへの6巻の銀子でしたからね。

そりゃ1位を取るのも当然ってなもんですよ。


2位はどう考えてもネタ枠だったはずなのに正統派ストレートなラブコメのラストでハートを撃ち抜かれました。

3位はアニメが面白かったで賞です。*1

4位は作者は人間じゃねぇよで賞です。*2

5位はやっとまともな書籍化されてよかったねで賞です。


あと、発行元が宝島社であることとレーベル的に選外だったので投票しませんでしたが、「君に恋をするなんて、ありえないはずだった」が「りゅうおうのおしごと!」と首位タイです。

君に恋をするなんて、ありえないはずだった (宝島社文庫)


それくらい面白かったです。


単行本・ノベルス部門部門

1位:本好きの下剋上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜

本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 第三部「領主の養女V」


2位:リワールド・フロンティア -最弱にして最強の支援術式使い-

リワールド・フロンティア2-最弱にして最強の支援術式使い-


3位:アイゼン・イェーガー

アイゼン・イェーガー 1 (アース・スターノベル)


4位:陶都物語 〜赤き炎の中に〜

陶都物語〜赤き炎の中に〜 (HJ NOVELS)


5位:第七異世界のラダッシュ村

第七異世界のラダッシュ村 2 (星海社FICTIONS)



既報の通り「本好きの下剋上」が「オーバーロード」「幼女戦記」等を抑えてのランキングトップで、私も一位に投票しました。

これは作者さんがコメントされているようにWeb版の完結が原動力となっていると思います。

それでも作品の面白さがあってこそなんですけどね。


2位はシンプルに面白いボーイ・ミーツ・ガールの冒険物で、好みにドンピシャでした。

3位と4位は面白いけど打ち切りの気配が濃厚で、とても惜しいですね…

5位は昨年に引き続き面白かったので普通に投票しました。


個人的には「本好きの下剋上」と「リワフロ」が飛び抜けて面白く、あとは横並びという感じでしたね。

他にも読んでないわけではないんですが…

期待していた「ゲート season2」は世界観共通なだけの主人公&ヒロイン総とっかえで肩透かしくらったのが…

私は伊丹とロゥリィ、レレイ、テュカ(あとついでにヤオ)が好きなだけで、自衛隊のドンパチや国同士のイザコザは刺し身のツマとして楽しんでいる程度なので、後者をクローズアップされても、という…



その他四方山

来年も文庫部門は「りゅうおうのおしごと!」が三連覇しそうで怖いですね。

というかこのままの勢いだったら本当にそうなりそうです。

私も順調にいけば「りゅうおうのおしごと!」にまた投票しそうだしなぁ…

もっとも「東京レイヴンズ」が見事な完結を魅せてくれたりしたらそちらに投票する可能性は高いですが。


単行本・ノベルス部門は有望な新作がなろうから出れば変動する可能性があるでしょうね。

そろそろエロノベルがトップ10に入ってきても良さそうな気がする今日このごろ。

侯爵嫡男好色物語」あたりが書籍化されたら私は間違いなく選びます。(キリッ


この1年で変わったことといえば、ヒーロー文庫作品のTVアニメ化やKindle化でしょうか。

ナイツ&マジック」に「異世界食堂」と結構良いアニメ化されてたと思います。


あと、なろう経由の書籍化レーベルの勃興というか、レッドほにゃららのドタキャンとか色々。

「取り敢えずランキング上位の作品に声かけて、宣伝とか特にせずに売れたヤツだけプッシュする」というレーベルが多い印象というか。

それ、出版社の意味ってどんだけあるんだろう? と疑問視せざるをえないというか。

KDPで出した方が案外儲かるんじゃないかなぁ、と思う今日このごろであります。

*1:もちろん原作も面白いですが

*2:あの展開はひどい

Connection: close