フラン☆Skin はてな支店 RSSフィード

2018-06-06

[]ダンメモのすゝめ

ダンメモとは?

劇場版とTVアニメ2期が決定した大人気ライトノベルダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

D

そのスマホ向けソーシャルゲーム「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか メモリア・フレーゼ」の略です。

ダンまちのゲームは色々と出てますが、私はこれが一番好きです。


原作有りのゲームなので敬遠する人もいるかもしれませんが、原作を読んでなくても問題ありません。

もっと言えば、コミカライズ版もアニメ版も見てなくても大丈夫です。

何故ならアニメ版の素材を使ったストーリーパートがアニメ版とほぼ同じ内容だからです。


そう、つまりのこのゲームはコミカライズ版、アニメ版と同じで原作のストーリーを別メディアで展開しているメディアミックス作品なのです!

なので、原作を全く知らなくても楽しめますし、ここからダンまちにハマるのも大いに有りなのです。


ゲームの内容

基本的には「ガチャで出てきたキャラを育成してバトルする」というものです。

私はゲームのジャンルに詳しくはないけどADVRPGとかそんな感じでしょうか?

聞くところによるとゲーム製作を担当しているWright Flyer Studiosが作っているアナザーエデンに近いシステムらしいです。

私はアナザーエデンをプレイしたことがないので聞きかじりになりますが。


リリースからもうすぐ一周年という現在、コンテンツもほぼ解放されました。

大まかには以下のようなコンテンツに分かれてます。


  • 冒険
    • アニメ準拠のストーリーパート、ゲームオリジナルのイベントストーリーパート、装備用素材集めの迷宮探索等。
  • 交流
    • キャラクターとの交流ストーリーや個別の冒険パート。全てゲームオリジナル。
  • 闘技場
    • 原作と同じように難敵を倒していく”怪物祭”とPvPである”戦争遊戯”そして都市最強のオッタルに挑む”栄光挑戦”

アニメ準拠のストーリーパート以外のシナリオはゲームオリジナルなんですが、これの出来が凄く良いんですよね。

原作の設定をちゃんと踏まえた上で出来上がっているリスペクトが感じられる内容なので、原作ファンとしてとても満足がいく出来になっています。

デキの良い公式コミックアンソロジー集を読んだ時の満足感に近いですね。

それもこれもライターさんの力量と原作の大森さんの監修力のお陰でしょう。

まぁ、監修作業が膨大なせいなのか原作の刊行が5ヶ月延期したのは辛かったですが…(笑


キャラの育成

まず、基本的なことですが…

f:id:furan:20180606200320p:image

  1. キャラには冒険者とアシストの2通りがあるが育成方法は共通。
  2. レベルはバトルをするか経験値アップアイテムで上昇。
  3. ステータスアップ用素材*1を使い、ステータスを全て解放できたらレベル上限解放。
  4. ただしデフォルトのレベル上限はレア度に関係なく60。
  5. 上限を引き上げる限界突破には絆*2が必要。
  6. 限界突破一回でレベル上限が4ずつ解放され、それが5回できる。
  7. つまり最大レベル80にするまでに原則的に同じカードが6枚必要。
  8. それとは別に親愛度のCP Lvが設定されており、それによってステータスが微増。

現在はLv1の状態で☆4がSSRです。FGOとは違うのでたまに混乱します。

排出率もそこそこ高いですが、それでもSSRの数がポンポン増えていくので合計6枚というのは中々に鬼畜です。

実用的にはSSRだとLv.72以上が欲しいところですが、無課金だと半年以上地道にプレイしたら何とかと行ったところでしょうか。

それとFGOと異なり低レアはマジで使いみちがないです。

SRのLv.80で実用になるレベルなんだけど、それでもSSRのLv.72よりも弱かったりするからちょっと辛い…


でも、FGOと違ってほぼ全てのキャラは低レアにもいるんですよね。

いないのはイベント限定のキノの旅のキャラとか、オッタルとか極一部じゃないでしょうか。

だからキャラクターの○○が好き! という人には優しいのではないでしょうか。

そこらへんはデレステに近いかな?


ガチャと課金の仕様

とても優しいです。

FGOをやってる身としてはこれほど優しくて大丈夫なのか心配になるレベルです。

どれくらい優しいかというと…

  • イベント毎のガチャは10連を1,3,5,7回目でSSR確定とか普通にある。
  • 有償石で回したらSSR確定とかもある。
  • 個別ピックアップガチャでも50連したら確定で出る。

f:id:furan:20180606200318p:image

  • FGOの呼符みたいなチケットもあるんだけど、R以上確定、SR以上確定のチケットはイベント等でも簡単に手に入る上にそれでSSRがポンポンでる。
  • 連続ログイン30日毎にSSR確定チケットがもらえる。
  • イベントを複数繰り返したりしたら限界突破用アイテム*3も手に入れられる。
  • 課金も連続ログインが必要だけど30日840円微課金のお得プランもある。

限界突破が必要なゲーム仕様だとはいえ、ここまで楽で良いのだろうか…

無課金でも計画的な石運用でガチでやりこめば上位1万人に簡単に食い込めちゃいます。

ユーザー数が少ないことはないと思うし、実際北米だと日本の4割増しで売れる大ヒットしてるみたいなんだけど、案外エンジョイ勢が多いのかな?


好きなところ

  • ゲームオリジナルのシナリオが面白い。
    • アニャクロ探偵が特に良い!

f:id:furan:20180606200319p:image

  • シナリオの原作リスペクト度が高い。
  • ゲーム内用語も原作リスペクト度が高い。
  • SDキャラの動きが可愛い。
  • ほぼフルボイス。
  • バトルが難しすぎない。

色々とありますが、やはり私が一番気に入っているのは原作への強いリスペクトが感じられるという所ですね。

それが随所に感じられるから、ゲームオリジナルシナリオで多少はっちゃけても笑って許してしまうわけです。

「私立オラリオ学園」とかはっちゃけすぎだと思うけど、私は凄く楽しめました。(笑


まとめ

ダンまちを知らないけどやってみたい、という人はまずはメインシナリオでダンまちのストーリーをお楽しみください。

難易度NORMALなら無課金でも充分クリアできると思います。

f:id:furan:20180606200317p:image

ダンまちを知っているけどやったことない、という人は原作準拠で面白いので安心して始めてみてください。

キャラ個別シナリオやイベントストーリーとか面白いですよ!

最近だとキノの旅のコラボや、アニメ化されてない原作エピソードをシナリオ化されててお得感が高いですよ!


オート戦闘もあるのでながら作業にも向いているので端末の容量に余裕がある人は是非どうぞ!

*1FGOに比べて物凄く簡単に集まる

*2:同じカード

*3:絆