偽日記@はてな

2018-01-10

京アニの『ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン』の最初の回を見た。お話として面白くなるかどうかはまだ分からないけど、期待はもてそう。『小林さんちのメイドラゴン』以来の久々のテレビシリーズだと思うけど、久々に観るとやはり京アニはさすがだなと思う。他と全然違うという感じ。作画にしても、演出にしても、芸が細かいなあ、と。

(『宝石の国』の硬質な感じとは対照的。)

あと、今期では『BEATLESS』が気になる。戦闘美少女アンドロイドがたくさん出てくるという体ではあるけど、原作はかなりがっつりハードなシンギュラリティ物になっていて、アニメでどこまで踏み込むのか気になる。PVを観るとかなりナンパ路線な感じだけど。

刻刻』とか(前にあった『僕だけがいない街』とかもそうなのだけど)、マンガ作品としてすごいものなので(なかなかヘヴィーなお話でもあるし)、マンガで読めば充分ではないかと、それを重ねてアニメとして観ようという気にはなかなかなれないと、感じてしまう。

(これは順番ということもあるかもしれない。たとえば『進撃の巨人』は、ぼくはまずアニメで観てからマンガを読んだのだけど、先にマンガの方を読んでいたとしたら、わざわざアニメは観なかったと思う。)

(追記)あるいは、作品の優劣の問題ではなく、メディア横断性のある(高い)作品と、そうでない作品がある、ということかもしれない。