玉手山日記

2018年04月17日 安倍一強の権力のおごりが行き着いた 財務省福田次官のセクハラ 問題

福田財務省事務次官のセクハラ問題が最悪の展開を見せている‼️ 麻生財務大臣の対応は、被害者気持ちが分からない権力者が、文句があるならかかってこいというものだ。セクハラパワハラ等の人権侵害を正すべき立場権力者が、証拠の録音が公開されても開き直っている。

安倍一強の権力の横暴がここまできたかという感じだ。

国民のためにあるべき行政を歪める問題官僚が次々と引き起こしている。

森友学園問題で、首相夫人校長をつとめていたこからゴミ撤去費用を過大に見積もるようにして最大限の値引きを強引に進めたこと。加計学園問題では、学長が首相の友人だったことから秘書官が首相案件として建設推進をリードしていたこと。自衛隊イラクでの活動日報隠しでは、それを追及していた国会議員に「国民の敵」だと公然暴言を吐く現役自衛隊幹部が現れたこと。戦前、戦争に反対する人に「非国民」と攻撃して自由言論を封じ込めた言動が蘇ってきている。 働き方改革では、長時間労働容認したい経済界要望に応えようとする安倍首相のために、官僚データ改竄したこと

人事権を握られた官僚が、国民の奉仕者立場を忘れ、安倍内閣奉仕者に成り下がってしまった問題点が次々と明るみになってきている。

安倍一強で歪んできた政治を正すためにどうすればいいのか、国民一人ひとりが考えないといけない。自民党内からでも、バラバラの野党からでも、政治改革では知恵を出し合い結束して現状を打破する提案をしてもらいたい。

Connection: close