Hatena::ブログ(Diary)

弥次郎と喜多ちゃんの山日記

2012-07-22

暑い盛り、全身汗だくで田辺の竜神山・三星山に登ってきました  by やじろう  

 7月21日、暑い盛りでしたが、昨年のこの日に遭難した山仲間の一周忌を兼ねて、彼の生まれ故郷である和歌山県田辺市の竜神山(りゅうぜんやま・496.0m)と三星山(みつぼしやま・549.2m)に登ってきました。

f:id:futarinoyama:20120722084246j:image
9時半に佐向谷登山口に駐車。鳥居の奧に数台程度なら置けるスペースがあります。

f:id:futarinoyama:20120722084256j:image
その登山口にあった看板。概念図代わりにご参照ください。

f:id:futarinoyama:20120722084306j:image
何度も徒渉を繰り返しながら、急な沢伝いに登り詰めていきます。

f:id:futarinoyama:20120722084312j:image
40分ほど登ると露岩の上に飛び出して展望が開けます。汗だくの身体に涼やかな風が心地よい。この日はあいにくの曇り模様で、写真ではよくわからないと思いますが、田辺湾から白浜にかけての眺望が大きく開けるところです。

f:id:futarinoyama:20120722084323j:image
神宮の鳥居脇に立つウバメガシの大木。胸高直径が145cmもあります。ウバメガシは最高品質の炭として知られる紀州備長炭の原料で和歌山県の県木にも指定され、県内の各地でよく見かけますが、これほど巨大な木は初見。神域の木として守られてきたからでしょうね。

f:id:futarinoyama:20120722084330j:image
神宮。ここを過ぎるとロープ場もある急峻な下りになって三星山に向かいます。
…で、その坂を下りながらあれっ?と思ったのですが、…ということは、竜神山はもう過ぎたってコトになるのだけれど、標識を見落としたのか、果たして自分が竜神山に登頂したかどうか確信がない。(^_^;)
後で、よくこの山を知る人から、このお宮さんより高いところはないので、そこが頂上と考えて間違いないって話を聞いて、登頂したことにしようと思いました。 

f:id:futarinoyama:20120722084348j:image
どんどん降りて行くと、正面に三星山の露岩帯が見えてきます。この斜面の登りはフィックスロープにすがってのゴボウ抜きや、木を掴んで体重を運び上げる感じでなかなか厳しく豪快です。というわけで、写真を撮る余裕はありませんでした。

f:id:futarinoyama:20120722084400j:image
竜神山と三星山の最低鞍部にある竜星のコル。話は前後しますが、先に書いた三星山の急峻な岩登りはここからがスタートです。

f:id:futarinoyama:20120722084410j:image
ある程度、岩を登ってその上に出ると、背後に穏やかな山容の竜神山の全貌が望めます。ん〜、どこにお宮さんがあるのか判らないけど、登ったことにしておこう。

f:id:futarinoyama:20120722084425j:image
三星山頂上。到着は12時30分でしたが、途中、展望の良いところで蝋燭と線香を立てて故人を偲ぶのに半時間ばかり取りましたので、登り初めから三星山頂上まで実質の登山に要した時間は2時間半程度です。頂上でゆっくり昼食を取り、13時過ぎに下山を開始して、14時20分に出発点の佐向谷登山口に下山しました。
…はいいけど、とにかく、この暑さに湿度の高さも加わって皆さんもう全身汗だくの濡れネズミ状態。南部町内の日帰り温泉施設に急行し汗を流して帰宅しました。

2012-07-15

尾瀬は雨でしたが、花はやはり素晴らしかったです  by やじろう

 7月12日、突如思い立って車で尾瀬へ向かった。走行距離ざっと700km余、ぼちぼち休憩を取りながら13日夜明けに尾瀬の入り口、戸倉に到着。ちょうど始発のバスに間に合って、それで鳩待峠に上がり、早速至仏山に登ってやろう…と思ったのだけれど、下山時に使う予定だった東面ルートは使用不可と、登山道の入り口に書いてある。
 
 不審に思って鳩待小屋に戻り、そこの職員に確認してみたら、東面ルートは下山時の事故が多いので、登り専用ということになったらしい。自己責任で降りては駄目か重ねて尋ねたが、「だめ、もしパトロールに見つかれば怒られます」とのこと。

 では仕方がない、実は、いろいろ個人的理由があって、この至仏山東面登山道を下ることが今回の最大の目的だったのだが、そのもくろみは一瞬で実現不能となたった。とあれば、まあ、鳩待峠からピストンする以外に選択肢はない。

 出鼻をくじかれ、天気も曇り空でガスが濃い。なんとも意気の上がらない登山になりそうだが、とにもかくにも歩き始める。そんな事情でこの日から3日間、天気はさっぱりだったのだが、やはり尾瀬は日本の自然の白眉というべしで、雨にけぶる尾瀬ヶ原も花も素晴らしかった。

f:id:futarinoyama:20120715204126j:image:w360
登りはじめはこんな感じ

f:id:futarinoyama:20120715204703j:image:w360:left

ミツバオウレン

f:id:futarinoyama:20120715204800j:image:w360:left

ゴゼンタチバナ

f:id:futarinoyama:20120715204947j:image:w360:left

少し見通しがよくなってきた

f:id:futarinoyama:20120715205026j:image:w360:left

キバナノコマノツメ

f:id:futarinoyama:20120715205039j:image:w360:left

そしてお目当てのホソバヒナウスユキソウ。この至仏山と谷川岳にしか生息しない希少種だが、いまが最盛期らしく、思う存分たっぷり見られた。 

f:id:futarinoyama:20120715205049j:image:w360:left

ミヤマダイモンジソウ

f:id:futarinoyama:20120715205119j:image:w360:left

到達した…と思ったらひとつ手前のピーク「小至仏山」。本峰までは、まだかなりの距離がある。

f:id:futarinoyama:20120715205139j:image:w360:left

そしてようやく至仏山、登りはゆっくり歩いてちょうど3時間だった。同じ道を2時間で下って鳩待峠に戻り、さらに1時間の下りで尾瀬ヶ原の入り口、「山の鼻」に達して投宿。

f:id:futarinoyama:20120715205204j:image:w360:left

翌14日はしっかり雨。とはいえ、雨の尾瀬もそれなりに雰囲気があっていい。

f:id:futarinoyama:20120715205223j:image:w360:left

カキツバタ、よく似たヒオウギアヤメとは、花弁の模様で区別できる。

f:id:futarinoyama:20120715205236j:image:w360:left

ノアザミ

f:id:futarinoyama:20120715205253j:image:w360:left

オゼコウホネ。ビジターセンターの話では広大な尾瀬ヶ原にまだ3輪しか咲いていないという。うち1輪を発見し、降りしきる雨の中、ストックを支えに使っての執念のデジタル望遠で撮影。よく手ぶれしなかったものだ。

f:id:futarinoyama:20120715205305j:image:w360:left

定番のビューポイントからのニッコウキスゲと至仏山

f:id:futarinoyama:20120715205315j:image:w360:left

振り返れば、燧ヶ岳が雲からわずかに頭を出していた。

f:id:futarinoyama:20120715205333j:image:w360:left

ニッコウキスゲの大群落と至仏山。…という写真だが、実は、群落と呼べるほどの花盛りはここだけ。ニッコウキスゲはまだ少し早かったようだ。

f:id:futarinoyama:20120715205351j:image:w360:left

遙かな尾瀬、その果てに東北最高峰の燧ヶ岳。アヤメ平からの展望。

f:id:futarinoyama:20120715221128j:image:w360:left

この日は竜宮から長沢新道を経由し富士見小屋で泊まった。その富士見小屋では毎晩7時半にヤマネがやってくるという。それを待ち構えて撮影したのがこの二枚。ストロボなし三脚なしのデジタル望遠ではこれが限界だったが、よく時間を間違えずに現れるものだ。皿の上に置いてあるのは蜂蜜を塗ったバナナヤマネの家族で一晩に1本をきれいに平らげる。

f:id:futarinoyama:20120715205409j:image:w360
f:id:futarinoyama:20120715205634j:image:w360:left
翌15日も雨、尾瀬沼を回って三平峠から大清水に下るか迷ったが、この天気では燧ヶ岳も望めそうにないので、アヤメ平から鳩待通りを黙々と歩くことにする。だが、雨でもアヤメ平はやはり別天地だ。山霧にかすむ池塘、そして咲き競う花が素晴らしい。この写真はアカモノ。

f:id:futarinoyama:20120715205518j:image:w360:left

ツバメオモト

f:id:futarinoyama:20120715205622j:image:w360:left

ウラジロヨウラク

f:id:futarinoyama:20120715205648j:image:w360:left

ワタスゲが夢を誘う。

花を楽しみながらゆっくり歩いて正午前に鳩待峠に帰着した。満足したけれど、また帰りの運転が大変だにゃぁ…

2012-06-30

早池峰はさすがの花の名山でした by やじろう

f:id:futarinoyama:20120630214415j:image:w360
いろいろあって岩手県花巻までやってきたついでに、ちょっと早起きして早池峰山に登ってきました。

 とはいえ、登山が目的でここまで来たわけではないので装備は最小限。リュックは非常持ち出し用のナップザック、靴はランニングシューズといった軽装です。で思ったのですが、登山靴はやっぱダテではないのですねえ… 薄っぺらなランニングシューズ、歩くのは軽快ですが、岩に当たると痛い痛い。上り下りとも、登山靴では気づきませんが、歩いているときに実は、足が結構岩にぶつかっていることがわかりました。(^_^;)

f:id:futarinoyama:20120630214435j:image:w360

 河原の坊から登り、小田越へ降りて舗装道路を河原の坊まで戻る二等辺三角形のもっともオーソドックスなコース(もちろん逆も可)。
 その河原の坊まで入るつもりで車を走らせましたが、途中で止められ、シャトルバスに乗り換えるよう求められた。6月1日から夏山シーズン中はマイカー規制になっているようです。バス代往復1400円。ともあれバスを予定通りの河原の坊で降りて歩き始める。出だしはこんな感じだ。だいたいゴーロ状の所を登ってゆく。

f:id:futarinoyama:20120630214458j:image:w360

 こんなスラブ(一枚岩)の登りもある。ちょっとだけどね。

f:id:futarinoyama:20120630214547j:image:w360

 かなり登ってきた。あとわずかだ。

f:id:futarinoyama:20120630214617j:image:w360

 振り返るとこんな感じ、胸がすく大観だ。

f:id:futarinoyama:20120630214640j:image:w360

 早池峰山(1917m)頂上。大勢の登山者に混じって、根切りスコップで植物を掘り起こしている人がいたので、尋ねてみると、外来種セイヨウタンポポを駆除しているボランティアだった。ご苦労様です。

f:id:futarinoyama:20120630214720j:image:w360

 小田越へ下山を始める。途中、こんなハシゴがある。写真ではそう斜度があるように見えないが、実際は垂直に近い部分が長く、結構高度感も出る。高度に自信のない人は、このコースは登りに使った方がいいだろう。

f:id:futarinoyama:20120630214742j:image:w360

 小田越の登山口に降り着く。テントを張って販売しているのはなんと携帯トイレだ。頂上のトイレが使用禁止になり。持参することを勧めていた。これもご苦労様だ。

 ここから河原の坊を経由して朝の駐車場まで行くバスに乗るのだが、時間を聞くと半時間以上待つという。こんなところでボンヤリ半時間も過ごすのはまっぴらなので、ちょうどランニングシューズを履いていることだし、河原の坊まで軽くジョギングしてそこでバスを待ち、下山した。

 河原の坊からの登り始めが6時50分で頂上が8時55分だから登りは2時間5分。下り始めが9時15分で小田越下山が10時15分と、下りはちょうど1時間だった。ついでながら、小田越から河原の坊までのジョギング混じり速歩は20分弱だった。

 早池峰山は花の名山と言われるだけのことはあった。以下、少しだけ紹介。

f:id:futarinoyama:20120630214758j:image:w360

ミヤマオダマキ、感動的に多かった。

f:id:futarinoyama:20120630214810j:image:w360

ミヤマアズマギク

f:id:futarinoyama:20120630214827j:image:w360

キバナノコマノツメ

f:id:futarinoyama:20120630214839j:image:w360

ホソバイワベンケイ

f:id:futarinoyama:20120630222102j:image:w360

イワウメ

f:id:futarinoyama:20120630214905j:image:w360

そして、なんといっても、早池峰山の固有種。
これに出逢いたくて登ってきた「ハヤチネウスユキソウ」
期待を裏切らない可愛らしさでした。
写真がちょっとピンぼけで残念。

f:id:futarinoyama:20120630233717j:image:w360

それから、これも出逢いたかった「ナンブイヌナズナ
でもって、もう一つ期待した「ナンブトラノオ」、も、
まあ、一輪だけは見たのですが、なんつうか、とってもしょぼくて、ともて写真には…(^_^;)

といった山行でした。

 

  

2012-06-24

雨に降られなくて良かったぁ〜 ちょこっと釈迦ヶ岳  by やじろう

 今日6月24日は大峰山系の釈迦ヶ岳へ。雨模様ということもあって、短時間で登れる大峰主稜線西側からのルートを選択。十津川村の旭貯水池から林道不動木屋線を詰めて登山口へ着いたのが9時半頃だったが、15台ほど駐められる駐車スペースはほぼ満杯。結構人気がある山であることが判る。
f:id:futarinoyama:20120624202406j:image:w360
 駐車場から樹林帯を半時間も登れば尾根に出る。そこからは、ブナやモミ、楓類の疎林、さらにミヤコザサとバイケイソウの草原状となったところも多くあり、歩く分には明るくて快適だが、本来なら樹林帯であっても良いところが、どうしてこんな植生になってしまったのだろう。
 …と思っていたら、草原状と樹林帯の境目で鹿がこちらを凝視していた。もしかすると、連中の食害で樹木が枯れ、彼らが食わない毒草バイケイソウが卓越する風景が作られたのかもしれない。

f:id:futarinoyama:20120624202422j:image:w360
 尾根をしばらく行くと、深く切れ込んだ赤井谷を隔てて向こう側に大峰の主稜線が見えてくる。この写真のとんがっている山は大日岳。

f:id:futarinoyama:20120624202437j:image:w360
 さらに登ると正面に、ずんぐりした山容の釈迦ヶ岳が見えてくる。

f:id:futarinoyama:20120624202450j:image:w360
 もっと登ると、左手遠方に八経ヶ岳。

f:id:futarinoyama:20120624202459j:image:w360
 振り返るとこんな感じ、中央、ミヤコザサの草原状の中を登山道が蛇行しているのだけれど、わかるなあ…

f:id:futarinoyama:20120624202511j:image:w360
 釈迦ヶ岳頂上。標高1799.6m。9時45分に歩き始めて12時10分に到着したので、登りは2時間25分、下りは1時間40分だった。(いずれも休憩込み)
 花は皆無、曇っていて展望もあまり望めなかったが、その分、日差しが柔らかくて楽だった。雨もぱらついた程度で済み。まあ、満足すべしってところだと思う。
  

2012-06-04

龍門山 中腹のキイシモツケが満開でした by やじろう

 6月3日は紀州富士の異名でも知られる龍門山へ。8時半、旧粉河町役場に車を置いて歩き始める頃は小雨で、山もガスの中に隠れていたが、間もなく雲が切れて強い日差しが差し、初夏らしいハイキングになった。
 この日は田代コースを登り中央コースを下るルート。目当てのキイシモツケは満開のタイミングにバッチリだったが、頂上付近は例年に比べ花付きが悪い印象だ。下り、中央コースに入ってしばらくしてから、ようやく満開の群落に出会えた。これでまずは満足。キイシモツケはまだしばらくは楽しめそうだ。
 

f:id:futarinoyama:20120604080550j:image:w360
粉河町役場から紀ノ川を渡る、正面に「紀州富士」龍門山。

f:id:futarinoyama:20120604080602j:image:w360
歩き始めて約2時間で田代峠に着く。急な登りはここまでで、あとは稜線歩きになる。

f:id:futarinoyama:20120604080613j:image:w360
田代峠から20分ほどで山頂。キイシモツケは満開だったが花付きがイマイチ。

f:id:futarinoyama:20120604080620j:image:w360
中央コースを下った展望台で、満開のキイシモツケに出会えた。背景は紀ノ川平。絶景だ。

f:id:futarinoyama:20120604080630j:image:w360
山頂から小一時間の急な下りで中央コース入り口に降り立つ。が、ここから車を置いた旧粉河町役場までが結構長い! ここからさらに1時間ばかり、舗装道路の照り返しにジリジリ焼かれながら歩く。

f:id:futarinoyama:20120604080659j:image:w360
ウツギ 

f:id:futarinoyama:20120604080651j:image:w360
カキノハソウはまだちょっと早い感じだった

f:id:futarinoyama:20120604080645j:image:w360
モチツツジ