Hatena::ブログ(Diary)

フツーな日常

2011-05-02

[]Googleのサイトへの経路が切り替わった件

id:halfrackセンセイが面白い事象を観測したようなので、これを機にGoogleの内部ネットワークを邪推

以下、OCN東京収容ユーザからwww.google.comへのtraceroute

(snip)
 9  61.126.89.38 (61.126.89.38)  11.850 ms  6.207 ms  6.406 ms
10  209.85.241.90 (209.85.241.90)  6.077 ms  6.173 ms  5.031 ms
11  209.85.255.58 (209.85.255.58)  8.598 ms 209.85.255.56 (209.85.255.56)  7.837 ms  7.441 ms
12  209.85.255.217 (209.85.255.217)  37.527 ms 209.85.255.39 (209.85.255.39)  39.231 ms  38.913 ms
13  209.85.250.101 (209.85.250.101)  37.954 ms 209.85.250.103 (209.85.250.103)  39.401 ms 209.85.243.21 (209.85.243.21)  40.219 ms
14  72.14.238.42 (72.14.238.42)  38.647 ms  38.723 ms  49.272 ms
15  tz-in-f99.1e100.net (64.233.183.99)  37.057 ms  36.803 ms  38.059 ms

9までがOCNの網内

10がGoogle側の対向ルータ。恐らく対外BGPを話すボーダールータ。RTTからすると大手町か少なくとも東京近郊であるようだ。

11から先はper packetかper flowでバランスされた2つの経路を通っている。IPアドレスの近さからいってActive/Activeの冗長化をしていると思われる。

12で急にRTTが30msぐらい増える。ここでちょっとRTTの話。光ファイバ回線は高速とはいえ距離に応じて伝送に時間がかかる。ざっと目安は国内なら20ms以内、アジア圏内で十分に直接経路がある場合で50ms以内、日本と北米で100ms前後。近距離であればルータのバッファリングや一時的な混雑でRTTで大きく影響を受けるが、遠距離になるほどケーブルの伝送遅延が効いてくる。ntt.netがSLAのために自身の網内でRTTを測定しており、その結果が一般でも見ることができる。

グローバルIPネットワークサービス | NTTコミュニケーションズ 法人のお客さま

この結果からすると30msというのは国内であればかなり遠方である。よほど光ファイバが物理的に変な経路を回っているか、常時混雑でもしているのではない限りは考えられない。いずれも可能性は低そうなので、恐らく国内ではないだろう。北米にしては速すぎるので、アジア圏と推測される。

上の結果と同じsrcからpingでRTTを測ったところ、台湾の最大手ISPであるHiNetのホストがRTTが35ms前後であるとわかった。対象にしたホストはHiNetのウェブサイト

その他、香港やシンガポールも幾つか測ってみたが経路にも依るがこれよりはややRTTが長かった。よって、tracerouteの結果の12以降は恐らく台湾ではないかと推測される。

注目すべきは、GoogleのASの内部で日本から台湾への回線を使っているということ。その経路は素直に読む限り2経路以上に冗長化されている。

13までは複数の経路でバランスしているのが見えるが14から先は1経路のみに見える。ホストの手前はL2で冗長化している可能性がある。

www.l.google.com.       5       IN      A       72.14.203.147
www.l.google.com.       5       IN      A       72.14.203.99
www.l.google.com.       5       IN      A       72.14.203.103
www.l.google.com.       5       IN      A       72.14.203.104
www.l.google.com.       5       IN      A       72.14.203.105
www.l.google.com.       5       IN      A       72.14.203.106

手元のDNSから引くとwww.google.comのA レコードには6レコード登録されている。いずれも同じ/24以下にいる。上記の結果と合わせれば最終段では経路冗長化よりはDNSラウンドロビンによる冗長化を図っているのではないか。また、これほど特定のIPアドレスブロックに集中しているホストだけでサービスを行うのは可用性の点で考え難いのでGSLB的な仕組みで分散しているのではないかと推測される。

AkamaiのGSLBはパテントが絡むのでどうやって住み分けしているかは謎

まとめ

  • 日本でwww.google.comを見ると多分台湾のホストを見ているみたい
  • Googleは海底ケーブルも冗長化しているみたい
  • IPアドレスの分散からしてGSLBしているかも
  • これの切り替えで事故ったのかは不明

追記(5/10)

id:halfrackセンセイのgoogle.comへのRTTの長期的な観測結果によれば

とあるので、京都からは従来10ms強で落ちついていたものが3月の末ぐらいで40msぐらいに上昇している。東京は従前から40msなのでもともと国内ではなかったようだ。つまり3月末で国内のサイトが選択されなくなったと見える。RTTからするとどちらも現在は台湾のホストが選択されているようだ。

これがGSLBの調整の結果なのか、そもそも国内から撤退したのかは不明

2011-04-13

[][]WiMAXのモバイルAPの各種製品について

WM3300Rからの買い替え候補として検討中

型番Aterm WM3500RURoad-9000WMX-GWMR
メーカNECシンセイコーポレーションI/O DATA
サイトhttp://121ware.com/product/atermstation/product/wimax/wm3500r/http://www.shinseicorp.com/wimax/wimax05.htmlhttp://www.iodata.jp/product/mobile/wimax/wmx-gwmr/
価格オープン24,800円22,050円
バッテリ駆動時間約8時間標準型:約3.5時間/大容量:約7時間約6時間
重量約120g標準型:約102g/大容量:約140g約99g
WiFi802.11b/g/n802.11b/g/n 「Wi-Fi CERTIFIED」は、IEEE802.11g/bとして認証802.11b/g (11nテクノロジーという独自拡張あり)
クレードルオプション標準添付標準添付
有線LANへの接続クレードル経由不可クレードル経由
USBポートMicroUSBMicroUSBMiniUSB
備考バッテリは取り外し不可外形が円柱形

実売価格次第だけど、Atermはやっぱり手堅い印象。バッテリが交換可能でも実際には複数持ちするよりモバイルブースターを持った方が楽。自宅の有線接続を廃止するつもりならI/Oのも有力か

2011-02-04

[]IPv4の枯渇に関して

それもう既出です

IPv4延命派

  • 結局IPv4は枯渇しない
  • IPv4税
  • IPv4の取り引き市場
  • NATで無限に延命できる

よくわかってない派

  • 米の大学が持っているIPv4が不当に大きいから返せ
  • 中国はどうせGreat Firewallの内側だからIPv4召し上げちゃえ
  • IPv6はもう古いIPv7だ
  • どうしてIPv4と互換のあるプロトコルにしなかったの
  • 俺の考えた「さいきょうのぷろとこる」なら(ry

IPv6普及派

  • IPv6 only エロサイト
  • IPv6だけP2Pファイル交換できるネットワークにしようぜ
  • IPv6を使えばエアコンを外出先から制御できます(キリッ
  • IPv6なら地球上の全ての地点にn個のアドレスを付与してもまだ余る
  • WindowsとCiscoが対応しているから機器の対応は終わりだ
  • IPv6で情報家電が普及する
  • 「僕はもう移行したけど全然不便じゃないですよ」