ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

四柱推命は神様の黙示録

2008-09-07

寡婦の命(続き)


 前回のブログで寡婦になる確率が高い方の四柱命式の特長を述べました。

 よく似た命式の方は気を悪くされたかも知れません。お詫び申し上げます。

 しかしそのような日時に生まれたのも偶然ではありません。

 わたくしが常々申し上げている、「蒔かぬ種は生えぬ」で、前生を含めて過去に夫縁を損なうような種を蒔いたからといえます。


 それでは、まず現実的な対応をお話致します。


 寡婦の命のベストスリーは次の三つとお話しました。

 (1) 食傷太過 → まともに夫の星である官殺を剋す

 (2) 印星太過 → 夫の星である官殺のエネルギーを著しく盗気(洩気)する

 (3) 月支と日支の七冲 → 夫婦不和とか家庭内の波乱変動の暗示強い


 このいずれもが、目に見えない霊的な作用が原因です。

 たとえば、夫の星(官殺)を強く剋す食傷が太過している命式の人とは、見るからに女傑タイプで男を男とも思わないウーマン・リブのリーダーのような女性・・・、と想像されるかも知れませんがそうではありません。

 だいたい逆ですね。


 いままでそのような命式の人に接してきた記憶では、どちらかといえば繊細できれいな人が多かったように思います。

 頭は皆さん優秀な方が多く、女医さんであったり大手企業の役員秘書であったり、大手航空会社の客室乗務員をされていたりと女性ではかなりの地位にある方が多かったように思います。

 そのような人がどうして夫運がよくないのか? 頭を傾げることもありましたが、男女のことは不可思議なことが多いものです。

 

 こういう方が選ぶ結婚相手は大きく分けてふたつに分かれます。

 まずは生活能力に乏しい、あるいは女性関係にだらしない男性を選んでしまう女性です。

 冷静にかつ客観的に考えれば、まず結婚相手に選んだら損をするような男性を、なぜかしら選択してしまい、結局、何年かして(人によれば一年も経たないうちに)破局することになったり、長年、別居や離婚問題で苦しむタイプです。


 もうひとつは、誰からも羨ましがられるような男性と結婚したのはいいが、その夫が突然の病気や不慮の事故等で亡くなるタイプです。いわゆる未亡人になる婦人です。

 これはお気の毒といえばお気の毒ですが、一見、無慈悲なことのように見える出来事も原因や理由はあるわけです。


 そこでタイプ別に対策が必要です。


 まず前者のような人は、よくよく自覚して恋愛結婚は避けるべきです。

 お見合い結婚なら、周囲の意見を参考にして冷静に決めることができます。

 また、四柱推命はじめいろいろな占術で相手のことも調べることは可能です。

 自分ひとりで勝手に伴侶を決めないことが大切で、年長者で信頼できる人に相談して結婚相手を決められることをお奨めします。


 後者のタイプの人はといえば、これは少し難しいですが、極力、夫婦一緒にいる時間を少なくすることです。

 ご主人が単身赴任で普段は別々に暮らしているとか、夫婦どちらかが海外へたびたび出張してほとんど一緒にいるときがないというのは好都合です。


 そのようなことが現実的に叶わないなら、寝室を別にすることをお奨めします。

 人間は寝ているときに疲れを取って明日のために英気を養いますが、その寝ている間中、夫の運気を損なうような霊的エネルギーが寝室に充満すれば影響はきついです。

 そんな、迷信のようなことがあるものか・・・

 と思われるかも知れませんが、人間の発する“気”はさまざまです。

 “生霊”という言葉を聞かれたことがあると思いますが、人間の想念でもいろいろなよくない念波を出すことは可能です。

 夫に害になる念波を無意識に発することも十分あり得るわけです。


 以上、述べましたことは対処療法です。

 根本的な原因の除去ではありません。

 でも、すでに適齢期を迎えておられる方や、すでに結婚生活をスタートされた方で幸せな夫婦生活を希望されておられる方は、試みていただければと思います。


 根本的な解決策は、夫婦縁障害の因縁や後家因縁を切るという犢圻瓩必要になってきますが、これは思い切ったことをしなければたやすくは切れないことは自明だと思います。

桐本郁子桐本郁子 2008/09/08 17:03 田中風州 様
いつもお世話になっております。
ブログ、いつもたのしみにしております。
今回の寡婦の命は、わたくしの娘も寡婦か独身を通すことは
まちがいないのではないかと気になっております。
親心としましては、皆さん同じだと思いますが、真面目な男性と結婚して普通の生活をしてくれることを願っております。
娘がおなかに宿ったときに心の強い子が生まれることをずっと、
願っていました。
だから、そういう子が生まれたのかな。と思っております。
男の子ならよかったのですが。
娘の将来をいつも気にしております。
でも、なるようにしかならないですね。

風州風州 2008/09/08 20:12 ご投稿、有り難うございます。
お嬢様とは東京の講演会で一度お会いしましたが、
きれいなお嬢様できっとよい縁談に恵まれると思います。

>娘がおなかに宿ったときに心の強い子が生まれることをずっと、
>願っていました。
>だから、そういう子が生まれたのかな。と思っております。

とおっしゃっていますが、そのとおりです。
妊娠中のお母さんの想念は、まともに胎内の子供に届きます。
ですから、努めてよい想いを持つことが大切です。
人を憎んだり、恨んだりするようなことは絶対避けるべきです。

では、どうしたらよいのかですが、
世のため、人のために役に立つ子供をお授け下さいと念じ続ける
のがもっともよいと思います。

桐本郁子桐本郁子 2008/09/08 20:44 田中風州 様
お返事、ありがとうございました。
今から子供をつくれるのなら、先生のお言葉どうりに念じたく、思いますが、もう、年ですので、今からは娘が世のため、人のために役にたつ人になってくれるように、念じていきたく思います。良いお言葉をありがとうございました。

HNHN 2009/04/16 17:30 突然の書き込みを失礼いたします。遅いので、ご覧ではないかもしれませんね。
私、HNと申します。よろしくお願いいたします。
ネットサーフィン中に拝見いたしましたが、「印星太過」は
子供縁が悪いのではないですか?
私は素人ですが、四柱推命の何かの本でそのように読みました。
確かに私、1972.09.30.AM03:32生まれ、不妊治療が実りません・・・。(トホホ)
食傷太過の友人知人は、夫婦仲は悪いですが子供は望んでからすぐ、恵まれています。

風州風州 2009/04/16 18:35 HNさん、あなたは、もともと子女運(子供運)はよいほうですよ。
大丈夫、授かりますよ。
ただ、いまは子女運が最低の運気なので、苦労されているわけです。
数え歳42歳からは子女運が格段とよくなります。
年齢的に40歳を過ぎると出産も大変かと思いますので、それまでに授かりたければ次のことを努力して試して下さい。

1.失礼ながら、あなたは対人関係、人とのコミュニケーションに問題があるようですね。
 言葉使いに気を付けて下さい。
 女性らしい思いやりのある言葉使いをして、人に優しく、穏やかに接する。
 この世は、すべて言葉からなっています。
 言葉はものすごく大切です。

2.恵まれない子供たち(施設等に入所している子供たち)に、お菓子をあげる。
 具体的には、子供たちにお菓子でも買ってあげてくださいとお金を寄付する。
 ちょうど、まもなく5月5日の子供の日です。
 一度、試してみたらいかがですか。

3.近くの産土神社に100日の子授けの願掛けをする。


以上をやってみて下さい。

HNHN 2009/04/16 19:19 こんなに早く、親切なご返信に感激しております。

>失礼ながら、あなたは対人関係、人とのコミュニケーショ>ンに問題があるようですね。
同性の(年の近い)友人知人と、関係が壊れやすいのです。
言葉遣いには気を付けているのですが、何かしら直球を投げて傷つけているのかもしれません。

>恵まれない子供たち
眼中にありませんでした。

>近くの産土神社に100日の子授けの願掛けをする。
近所の神社に参っていましたが、続きませんでした。

>数え歳42歳からは子女運が格段とよくなります。
生まれた子供と良好な関係を築くことができる事を夢見て、
努力いたします。

大変励まされました。また、謙虚さに欠く自身の言動を
省みました。
失礼を承知で書き連ねますと、自分と同世代(上下5歳)は、不妊や独身が多いです。最近、離婚もでてきました。
何故でしょうね?
今、大変興味深くブログを拝見しておりました。勉強に
なります。
最後に改めて感謝の意を申し上ますと同時に、田中風州様の
益々のご発展を祈念いたします。
ありがとうございました。

偏財☆名古屋偏財☆名古屋 2009/07/15 17:07 はじめまして女性です。
日支が申、月支が寅で七冲です・・
正直いままでとても苦労しました。
家庭ももつこともあきらめかけています。
やはり波乱ぶくみの性格なのでしょうか。

風州風州 2009/07/17 09:04 偏財☆名古屋 さんへ
月日が寅申の七冲で、冲が解けない状態では夫婦生活、家庭生活において、冲していない人よりは厳しいことが多い・・・のが現実のようです。
ただ、個人差はありますし、仕事が生き甲斐という方などは、最初から家庭生活に幸福を求めておられない人もおられます。

命式全体をみなければ断定はできませんし、現在の環境や今後の運命運勢など総合的にみないと軽はずみなことは申せません。

ただ、ご自分で「いままでとても苦労した」と言われていますので、夫婦の関係においてよくない因子(因縁)があると考えてもよさそうです。

肝心なことは、そのよくない因縁の原因は何かを探求することで、それには神理の勉強をされることです。
風州

偏財☆名古屋偏財☆名古屋 2009/07/17 11:58 アリガトウございます。
ちょっとした疑問ですが、日支が申、月支が寅で七冲ですが、年支が午なので、三合半会?というんでしょうか、寅と午で仲良くしているのかなぁとも思うのですがそのような効果もあるんでしょうか。

未婚独身ですが「いままでとても苦労した」のは、子供の頃から、厭世的一風変わっている感じでいつも情緒不安定、考えがせまい、自分の中で反発している考えや怒りのようなストレスがいつもある感じで、普通の人間関係を築きづらかったです。
正式な鑑定はちゃんとお願いしたいなぁと考えていますが、ほかの支によって冲が緩和することもある感じで受け取りました。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証