ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

四柱推命は神様の黙示録

2009-11-12

おもてなしの心 −大徳寺・大仙院を訪ねて−

 

 きょうは、船井総合研究所主催、「超繁盛起業視察セミナー」に参加してきました。


 ユニークな企画で知られる船井総研さんのセミナーですから、臨済宗の大徳寺大仙院のお寺がその訪問先に入っているのには抵抗を感じませんでしたが、京都にあるというだけで高い拝観料をとって暖簾にあぐらを搔いているような寺院とは違って、この寺院には「おもてなしの心」が感じられました。


 はじめて訪れたこのお寺、脱サラ住職様の味のある枯山水の庭園のご説明、そして名物和尚で知られる尾関宗園老師の迫力ある説法に直に触れ、「また来てみたい」、「子供たちも連れてきたい」と思わせる魅力があります。


 京都見物に来られたときは、是非、一度足を運ばれることをお奨め致します。

●大徳寺 大仙院 → http://www.b-model.net/daisen-in/


 久しぶりにお寺に来て感動しましたので、お土産替わりに尾関老師直筆の色紙を買って帰りました。


       f:id:fuushu:20091112213405j:image


 また、この言葉が素晴らしくいいですね。

    人生とは毎日が訓練である

    わたくし自身の訓練の場である

    失敗もできる訓練の場である

    生きているを喜ぶ訓練の場である

    今この幸せを喜ぶこともなく

    いつどこで幸せになれるか

    この喜びをもとに全力で進めよう

    わたくし自身の将来は

    今この瞬間ここにある

    今ここで頑張らずにいつ頑張る


 セミナー参加者全員、老師と一緒に大きな声でこれを唱和しました。


 それともうひとつ、禅語で有名な言葉だそうですが、


            f:id:fuushu:20091112213620j:image 

             気は長く 

             心はまるく

             腹たてず

             人は大きく

             (己)は小さく


 座右の銘にしたい言葉です。



 老師が語られたお話で、とくに印象に残ったのは、「仕事がえらいのではない、仕事の責任の大きさがえらいのじゃ」ということをおっしゃられました。


 経営者の参加者が多かったからだと思いますが、「ぎょうさんの人を喰わしていかねばならぬ、その責任の大きさがえらいので、寝る間も惜しんでいまは頑張らんとあかんときや!」(言葉は正確ではありませんがおっしゃった意味はこのような内容だったと思います)


 77歳の老師自らの説法だけでなく、色紙にサインをしたり、写真を一緒に撮らせて頂いたり、また参拝者に気さくに声を掛けて訪れた人たちを元気にさせるお寺です。


 死んだ人のためのお寺でなく、キリストの協会のような生きている人のためのお寺であるということを感じさせる稀有な寺院でした。

読者読者 2015/02/18 10:29  初歩的な質問で、ごめんなさい。
 「気は長く 心はまるく 腹たてず 人は大きく (己)は小さく」の言葉についてです。
 (己)の部分ですが、、()付きで書かれている意味を教えてください。他にも、そのように、()付きで紹介されてらっしゃる方が多いようです。どのような意味で、()付きなのでしょうか。

fuushufuushu 2015/02/18 17:35 とくに深い意味はないと思いますが、強いていえば、自分のことより人様を優先する利他の心がけが大切というような意味がこの(己)に込められているように、わたくしは思っています。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証