ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

四柱推命は神様の黙示録

2011-05-04

最後の最後に・・・


 去る4月29日の昭和の日に、京都祇園で大乗推命学会の同窓会が開催され、わたくしも参加して参りました。


 その同窓会は、亀石先生の甥御様がされている祇園の居酒屋、亀厘で開催。

 祇園でもっとも風情あるところに位置しているお店は、皆様も一度、足をお運び頂きたいと思います。お料理も美味しかったです。

 「亀厘」のHP→ http://www.kamerin.jp/gion/


 当日は、九州福岡のほうからも大勢様ご参加頂きまして有り難うございました。

 いろいろなお話が飛び交いましたが、わたくしがとくに印象に残ったのは、この度の東日本大震災のお話でした。

 

 大乗推命学会の会員(主に通信会員の方だと思います)の中にも、かなりの方が被害に遭われたそうで、連絡も付かない方がおられるということでした。


 その席で、「神も仏もない・・・」とか、「神仏に頼ることは意味がない・・・」というようなお話が出ました。家も家族も仕事も一瞬にして失った方の悲惨な姿を見れば、思わずそのような言葉が出てしまうのは理解できないことではありません。

 当事者の方にしてみれば尚更そのような想いは強いと思います。


 わたくしは楽しい雰囲気を壊したくないと思って、そのときは何も申し上げませんでしたが、心の中では、「それは間違っている」と思っていました。


 以前、一神会で教えて頂いたことですが、たとえどのような状況であっても、つまりこの度の東日本大震災のような天災で命を失うようなことになっても、最後の最後、「神様、人間にして頂いて有り難うございました」と言って死ぬことができる人は、必ず次の世にも人間にして頂けるということです。

 これは非常に含蓄ある言葉で、是非、皆様も覚えておいて頂きたいと思います。


身内の方の不慮の死に遭遇し、嘆き悲しむことは許されますが、決して神様を恨んだり否定するようなことは口にはしないことです。

 一歩進んで、冷静さを取り戻したら、何故、身内の者がそのような不慮の死に遭ったのかをよく考えてみるべきと思います。


 わたくしも偉そうなことは言えませんが、神様の実存を悟っている人は、決して神も仏もあるものか・・・というような神仏を否定するような言葉は口にはできないはずです。


 神様は優しくて怖ろしい存在であるということは、今回の東日本大震災で数多くの人命が失われたことでも明らかです。

 一神会では、この度の震災を狄精勠瓩箸盡世錣譟⊃斥佑お怒りなっておられると教えて頂きました。

 

 では、どのようなことに神様はお怒りになっておられるのか?

 皆様もそれぞれお考えになって頂きたいと思います。


 最後に、これからの時代は、ますます神様の御心に適った行いをし、神様の御心にしっかりともたれて通ることが大切であると言えましょう。

飯塚隆志飯塚隆志 2011/05/10 00:09 初めてお便りいたします。本日偶然にも検索中に田中様のサイトを拝見させていただきました。1年半前に東京板橋区から母親の住む宮崎県都城市へ老後の世話のため引っ越してきました。実は私も一神会本友であり、現在神理を深めるため、占いの勉強を当地で始めようとしています。本サイトで田中様の述べられている内容に大変共感しています。一神会員でありながら、占いで神理の勉強を深める事に疑問を持っていましたが、おかげさまですっきりとしました。当地宮崎県は昨年の口蹄疫、本年の新燃岳噴火等災害続きで、これは宮崎県民の心違いに原因が有ると感じています。私も夫婦で広告制作会社を営んでおり、当地での状況や東日本大震災のあおりを受け、倒産の危機にあります。まさに延々つなぎの理を地でいく思いです。しかしながら田中様の言われる通り、「いかに元気にするか!」状態を自己で実践するごとく明日を信じ、奮闘中です。私が遠く九州へ来たのは、田畑先生より「長男の役目」の自覚を促され、母の最後を送るため(母は超元気‥)ですが、30数年ぶりに会う母は超わがままで私達夫婦の目の上のタンコブとなっていました。これも自分達夫婦の因縁、前世の自覚の為とひたすら忍の一字です。実は今日も母と喧嘩となり、誰も知人のいないこの地より鬱憤と自戒の念を込めて、田中様に初メールをお送りしている次第です。お役目や立場は違えど、失礼ながら同じ方向を歩んでおられると勝手に推測しご連絡を差し上げました。自分の神向き方向も間違いではないと安心いたした次第です。これからも一神会先輩として、自分探しや人助けの占いの先生としてHPを拝見させていただきたく思います。一神会本友、飯塚隆志

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証