ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

四柱推命は神様の黙示録

2011-05-29

夫妻宮に太陰独主


 季節はずれの台風が接近しています。

 自宅のある神戸のほうも雨が強くなってきました。


 先日、ある女性の方を鑑定させて頂きました。

 今後の生きる目標を失っておられる・・・といえば少し大袈裟かもしれませんが、離婚を経験、現在再就職に向けて勉強中であり、また日月神事の本を熟読中という精神性の高い方でした。


 四柱推命では身弱の偏官格で官殺混雑、異性縁、夫縁にやや難ありですが、皆が皆、官殺混雑だから離婚ということはありません。


 こういう方は良き行運を選び、また夫となる方の命式を見てできるだけ良き相性の方を選ぶなら、離婚の確率はぐっーと下がると思います。


 ただ、注意すべきは相性、相性と生年月日を条件の第一に据えてしまうと婚期を逸するおそれもあります。


 わたくしはまず常識的な判断、つまり社会人としての評価や性格等の人物判定を重視し、その次に相性を参考程度に用いることを皆様にはお奨めしています。


 さて、この女性は生時がはっきりしていましたので紫微斗数でも拝見しました。

 夫妻宮に廟・太陰が独主、かつ化科も付いています。

 凶星と言われる、架咾火星等は何も入っていません。


 彼女の夫妻宮は紫微斗数命盤の12の宮でもっとも良い状態であり、夫となる人は芸術的な素養を備えた創造性豊で優しい伴侶に縁ある象意です。


 わたくしは彼女に元ご主人のご職業をお聞きしましたところ、彼女は、「土木関係の仕事の現場監督をしていました」とおっしゃいました。


 わたくしは一瞬、耳を疑いました。

 太陰の意味するものとはまったく正反対のようなお仕事をされていたのです。

 その時、わたくしの脳裏にひらめいたことは、もしかすると、本来、結婚すべき人とは違う方と何かの弾み(と言えば失礼ですが)で結婚されたのか? ということです。


 たとえば昔はよくありましたが、自分の好みは無視されて両親や親族が勝手に旦那さんを決めてしまうような場合です。ただ、わたくしはこの場合でも、大なり小なり夫妻宮にはその伴侶となった人の人物を象徴するような星は必ずひとつは入っていると思っています。


 わたくしは彼女に、申し上げました。

 「そうですか・・・」

 「でも、本当は、あなたの伴侶となる人は芸術家のようなクリエイティブで優しい方のはずなんですか?」とお話しますと、即座に彼女の口から出た言葉は、

 「実は、彼(元旦那)の趣味は、デッサンで、彼の実家には彼が書いたデッサンが一杯飾ってあります。また、本当は大学も音大に行きたかったのが親の反対で行けなかったと聞いています。」


 わたくしは深く頷きました。

 まさに、彼の本質を太陰という星は物語っていました。

 擬態的性質ではなく、本来の性質、つまり本質をものの見事に明示している紫微斗数の的確さにあらためて驚いた次第です。


 彼も内心では不本意ではあるものの、食べていくため、生活の糧を得る手段として割り切って現場監督というお仕事に就かれたのかも知れません。でもそれではストレスをため込みやすいと思います。そうしたストレスを抱えていては、家庭では波風がどうしても立ちやすいものです。


 彼女はひとりで生きていく程、強い方でないことは四柱推命や紫微斗数が教えてくれています。家庭に入るのがベストな生き方です。

 わたくしは彼女に言いました。

 「来年、再来年が良い婚期が来ているし、子女宮も良い、つまり佳良なお子様に恵まれる暗示が強いので、今度は良い結婚をして幸せな家庭を作って下さい」と・・・


 そして彼女に勧めたのは、あのイエス・キリストも伊勢の二見浦の夫婦岩でされた二十一日間の願掛けです。自分の希望や条件を一切言わず、すべてを神様にお任せしますので、どうか自分にとってもっとも良い伴侶をお与え下さい、という良縁成就の願掛けを是非なさって下さいと・・・


 最後に術事の神名である「名無一神多之命」様を印刷した名刺サイズのカードをお渡し、願掛けされる神社でもこの神名を唱えて下さいと申し上げました。


 誠の気持ちで真剣に唱えれば、不思議が現れるのがこの術事の神名です。

 「名無一神多之命」様

 「なむいゐしんおをのみこと」さま

  ※読み方は「なむいっしんおをのみこと」さま と読んで頂いて結構です。


 天津神国津神、八百万神、すべての神様に通じる有り難い術事の神名です。

 宗教宗派に関係なく、キリスト教の人も仏教の人も、どうか朝夕三回、誠の気持ちで唱えて頂く習慣を身に付けて頂ければと思います。

 そういう習慣が身に付いていれば、天災はじめ突発的な災難のときにもすぐ口に出ますので、まさかの時にあなたの大切な命を守って頂けるからです。


     ***********************************



【ご案内】7月開講 紫微斗数初級講座 in神戸


 ご要望にこたえて、今年5月開講に続いて、7月に紫微斗数初級講座を神戸にて開講させて頂きます。


 お申し込み、お問い合せは次をクリックして下さい。


7月開講 紫微斗数初級講座の詳細へ(←クリック)


 皆様のご参加をお待ちしています。


田中風州

2011-05-22

7月開講 紫微斗数初級講座のご案内


 本日は、一神会ご本部よりトップの方がご来阪下さり、新大阪駅近くのホテルで勉強会が開催されました。


 大阪の天気予報は、確か終日、お下がり(一神会では雨降りのことを“お下がり”と言います)だったと思いますが、勉強会が終わった三時半頃はすっかり雨があがって、青空が見えるくらいに回復していました。

 一神会の祭典やこのような勉強会のときは、不思議と良い天気になりますので有り難いことです。


 きょうのお話では、神様と直接繋がることができ、不思議なご守護が頂ける爐つなぎの大切さをあらためて再認識させて頂きました。


 また、分かってはいるのですが、忘れがちな狃け言葉の大切さも胸に染みました。ときどぎわたくしも鑑定をさせて頂いていますが、相談に来られた方には事務的な口調ではなく、神様のお話をさせて頂くような助け言葉で対応させて頂かなければと強く心に留めました。

     

       *************************************


 さて、話は変わりまして、今月より紫微斗数初級講座を開催させて頂いています。

 その後、追加開催のご要望もあり、またわたくし個人の想うところもありまして、教室会場は神戸のほうになりますが、次の要領で同じ紫微斗数初級講座を新たに開講させて頂くことに決めましたので、受講の申し込みを受付させて頂きます。


  ●7月開講 紫微斗数初級講座 開催要領


   ・7月17日(日)より、毎月一回、原則第3日曜開催

   ・講義時間 13時〜16時30分

   ・講義回数 計6回(最終講義は12月18日)

   ・教室会場 神戸市内の会議室をお借りして

     ※別途参加者の方には詳しい開催場所を連絡します

   ・月謝 7,000円

   ・定員 8名

   ・受講を希望される方は、

       ,名前

       △名前(ふりがな)

       ご年齢

       ね絞愴峭罎箸棺蚕

       メールアドレス

       ο⇒軅茵雰搬啣帖

    をご記入の上、 webmaster@e-suimei.com までご返信下さい。

    メールの件名(タイトル)は、「紫微斗数講座申し込み」として下さい。    

 

 なお、言わないでおこうと思っていましたが、今般、新たに受講生を募集させて頂きますのでお話させて頂きますと、この紫微斗数の講座で頂戴します受講料(月謝)につきまして、貸会議室の室料等の経費実費を差し引いた残り全額を、東日本大震災の災害義援金として日本赤十字等の団体に寄付させて頂きます。(もちろん全講義分です)


 すでに今月(5月の第2日曜)開講の紫微斗数講座で頂いた第一回目の受講費全額は、日本赤十字に災害義援金として寄付させて頂いております。

 

 なかなか東北までボランティアに行くのも大変ですので、わたくしにできることはこのくらいかと思っています。"チャリティー講座"という程大したものではありませんが、ご参加される受講生の方にとっても紫微斗数の習得+アルファ(功徳)が頂けると思います。

 是非、ご参加をお待ちしています。

2011-03-14

2011年を占う<測局>


 東北・関東方面で巨大地震がありました。

 地震後、連日のTV報道を見ていまして、あらためて津波の怖ろしさを目の当たりにしました。


 今回の地震や津波で亡くなられた方や被災された方は大変お気の毒なことかと思います。謹んでお悔やみとお見舞を申し上げたいと思います。


 神理の勉強をしていますと、どのようなお家が洪水や津波で家が流されるのかということを教えて頂けますが、今回のような町全体が跡形もなく津波によって流されるということは、もはや個人の家云々の問題ではなく、何かその町や地域独特の問題があるのかも知れません。

 

 以前のブログにも書きましたが、地震や津波は天変地変と云われています。

 「天」(国会や政府、政党)が乱れる(転変)と、「地」がおかしくなる(地変)。つまり国の上に立つ人たちが、国民不在の政局がらみの政争ばかりしていると、大地に異変(地震)が起こるという一神会の教えです。

 → http://d.hatena.ne.jp/fuushu/20080917/1221663408


 また、どうして転変地変が起こるのかについては、書籍「ソロンの予言書機廚望椶靴記されていますので、一度、お読み頂ければと思います。

 → http://e-suimei.com/fushigi-kiroku.htm



 いまさらながら遅いとお叱りを受けることを覚悟で、日本の2011年を占う、<測局>を紫微斗数で拝見しました。

 次図のようになります。

   f:id:fuushu:20110314223659j:image

※この命盤は、袴田先生の紫微斗数WIN EXにより作出

  星の輝度は村野大衡先生の流派です。



 今年は卯年ですが、日本の命宮はもともと卯宮で見ますので、今年の命盤は命宮のみ良くて、あとの三方四正は良くありません。

 ひと言でいえば、今年2011年の国運はかなり良くない年と云えそうです

 とくに亥宮・財帛宮には天空、地劫が同宮し、今年は、国家財政の危機の年(すでに以前より厳しいが、今年は天災等でさらに厳しい年になるか?)と思われます。



 官禄宮を示す未宮も無星宮ですから、政治家や官僚の働きも期待薄す。

 さらに注目すべきは、疾厄宮です。

 落陥・破軍に架咫⇔訐院▲マケに文昌に化忌が付きます。

 日本国自体、相当な重症に陥る可能性があるということで、現にそのような事態となりつつあります。


 また疾厄宮から命宮の天機に化忌が飛ぶということは、精神的な疲弊も大きいことを表し、天機は変動の星でもありますので、今年を契機として国の有り様に何か変化があるかも知れません。


 いまは最後の審判の時代・・・、術事の神名「名無一神多之命(なむいしんおをのみこと)」様を一日、三回以上唱えてお通り下さい。

 真剣に唱えれば、きっと不思議なご守護が頂けると思います。

2011-02-25

ある女性の夫妻宮


 以前、鑑定したある女性の方ですが、手痛い失敗をしたことがあります。

 きょうは、そのことをご参考にお話させて頂きます。


 さて、鑑定に来られたその女性のお話をよく伺う前に、あなたの旦那さんは、これこれこういう方と違いますか。と言ってしまったのです。


 その女性の命盤の夫妻宮には太陰が入っていましたので、「感性豊かなロマンチストな旦那さんではないですか?」と言いましたら、そのご婦人は、怪訝な顔をされ「全然感性の欠けらもないですよ・・・」。「うちの亭主はトラックの運転手をしていて、仕事が休みのときはパチンコか競馬をしているか、家でテレビばかり見ています。」とおっしゃいました。


 わたくしは、努めて平静さを保ちながら「あっ、そうですか」と申し上げましたが、どうしてだろうと不審に思い、生時が違って正しい命盤ではないのかな?と思い、色々とそのご婦人に質問し、これまでの人生のお話も聞き、命盤自体に問題はないと断定しました。


 では、ご主人様には失礼な物言いになりますが、夫妻宮に出た「太陰」と実際のご主人の有り様の違いは何なのか?

 暫し考え、再度、命盤を凝視しましたところ、夫妻宮にもうひとつ、副星ですが「火星」が出ていることに気が付きました。


 そうか!

 この女性は、わざわざ「火星」の人を夫に選んで結婚したんだな・・・。

 道理で、言葉の端々にキツサが感じられ、勝ち気なご婦人だなと会話をする中で感じた次第です。


 どうしても命盤の各宮は、14個の甲級主星に目がいきがちですが、火星も副星ではありますが、夫妻宮が十二支のどこの宮だったか失念しましたが、火星も主星に負けず劣らず作用は強いようです。


 

 この女性が帰られた後、つくづく思ったことは、折角、太陰という吉星を夫妻宮にもっていながら、その吉星を使い切れなかったこと。それどころか、わざわざ凶星の火星を選んでしまったこの人は、偶然ではない。たまたま運が悪かったのでもないということです。


 以前から、何度もお話していますように、夫婦の因縁は五分と五分。

 割れ鍋に綴じ蓋です。釣り合いが取れているのです。

 何の釣り合いかというと、因縁や徳分が同じだということ。


 勝ち気なご婦人には、博打好きの亭主に縁ができます。

 昨今のパチンコは博打と一緒です。競馬ももちろん博打です。

 博打は勝たなければ意味のない世界。勝つことだけを考えます。

 勝ち気な女性には、だから博打好きな勝つことだけを考える男性に縁ができるのです。

 これは神理の教えです。


 もしも、この女性が因縁自覚し、神理を勉強し、因縁切り替えの修行などをされたとして、ひょっとしたら今度は太陰の男性と再婚できるかも知れません。


 紫微斗数の夫妻宮はどのような人と縁があるかを如実に語っていますが、その中のどの星の人を配偶者に選ぶかは、あなた自身(の因縁)が決めるのです。



 本日も、本ブログをお読み下り、有り難うございました。

 わたくし(田中風州)へのご質問、お問い合せは次のフォームへお願い致します。

 → お問い合せフォーム(←クリック)

 なお、四柱推命や紫微斗数の定理や解釈についてのご質問はご遠慮下さい。



------------------------------------------------------------

【お知らせ】紫微斗数占星術の初級講座開講(in大阪)のご案内


 今年の5月より大阪で紫微斗数の初級講座を開催したいと思います。

 紫微斗数の特長はひとくちに言えば、その象意の細かさや取っ付きやすさにあります。

 紫微斗数でみた自身の性質面や適職面、また配偶者の性質までその的確な示唆は他に比肩するものがないとさえ思っています。

 また、紫微斗数は卜術としても使えますので、応用範囲は広く、これひとつマスターするだけで占術の幅はグンーと広がります。

 こ興味ご関心のある方は、次をクリックして下さい。


 ●2011年5月開講紫微斗数占星術の初級講座について(←クリック)

-------------------------------------------------------------

2011-02-16

【お知らせ】紫微斗数占星術の初級講座開講(in大阪)のご案内

 

 厳しい寒さが続いていますが、少しずつ夜明けが早く感じられるようになりました。暖かい春の訪れが待ち遠しいです。 


 さて、表題のように去年に続いて、今年の5月より大阪で紫微斗数の初級講座を開催したいと思います。


 紫微斗数の特長はひとくちに言えば、その象意の細かさや取っ付きやすさにあります。

 元来、わたくしは四柱推命に長く関わって、八字に秘められた十干十二支の理合いを云々するのはとても性に合っていると思っていますが、紫微斗数でみた自身の性質面や適職面、また配偶者の性質までその的確な示唆は他に比肩するものがないとさえ思っています。


 また、紫微斗数は卜術としても使えますので、応用範囲は広く、これひとつマスターするだけで占術の幅はグンーと広がります。


 昨年に引き続いて紫微斗数占星術の初級講座を開講させて頂きます。

 ご参加の程、お待ちしています。

 こ興味ご関心のある方は、次をクリックして下さい。


 ●2011年5月開講紫微斗数占星術の初級講座について(←クリック)


 田中風州