Hatena::ブログ(Diary)

冬空ゴシック

<ミミーガーデン博物誌>
ホームページ
ツイッター
キャラクターデザイン・原型を担当させていただいております。
現在、第1弾「ワフル」と第2弾「ミャム」が予約受付中です!
よろしくお願いいたします♪


10月19日
新しいパソコンが欲しい…。


「ピコニーモSボディ用ヘッド HINA ver.2.0」組み立てガイド

カラーレジン製組み立てキット「ピコニーモSボディ用ヘッド HINA ver.2.0」のweb組み立てガイドです。

*このキットの組み立てには「ピコニーモSボディ(白肌)」一体及び「6ミリの球体関節」一個が必要です。


パーツの初期破損・不足の際のお問い合わせは商品購入後一週間以内にお願いします。


<お問合せ先>

madamadada*live.com (*を@に変えてください)

キット組み立てに関するご質問・お問い合わせ等もこちらでお受けいたしますのでお気軽にどうぞ。



・付属パーツ一覧

f:id:fuyuzoragothic:20180121141455j:image

この他に気泡埋め用のランナーパーツ各色と瞳デカールが付属します。



・パーツ洗浄

当キットは離型剤を使用し手流しで複製しているため、組み立て前に離型剤落とし等で洗浄していただきますようお願いします。



・気泡埋め

各パーツには気泡が残っている場合があります。

発見された場合には、お手数ですが以下の方法で修正をお願いします。


f:id:fuyuzoragothic:20110718211017j:image

写真がボケていてわかり辛いですが、パーツの角に気泡が出来ています。


f:id:fuyuzoragothic:20110718210951j:image

気泡のある部分をピンバイス等で広げます。


f:id:fuyuzoragothic:20110718212113j:image

ランナーパーツの先端に瞬間接着剤を付けて広げた穴に差し込みます。


f:id:fuyuzoragothic:20110718211928j:image

接着剤の硬化後、ランナーパーツをカットしていきます。

(余ったランナーパーツは先端を尖らせていただくことで再利用できます。)


f:id:fuyuzoragothic:20110718211911j:image

リューターやペーパーで表面を削り、均すことで綺麗に埋めることが出来ます。



・ゲート跡、バリ取り

パーツにはゲート跡やバリなどが残っている状態なので、それらを削っていただく必要があります。


f:id:fuyuzoragothic:20110718215211j:image

パーツを削っていると、傷により表面が白化してしまいます。

(白のパーツでは目立ちませんが、色の付いたパーツでは少し目立ちます。)


f:id:fuyuzoragothic:20110718215156j:image

そうなってしまった場合、一度1000番以上の細かいペーパーで正面を磨いてもらい、さらに拭いてもらうことで綺麗になります。


f:id:fuyuzoragothic:20110718215140j:image



気泡埋めやバリ取り、ゲート処理を行なっても塗装無しでその処理跡を完全に消すことは基本的には不可能です。

極小の気泡や多少のパーティングライン等は神経質になりすぎず無視していただいた方が楽しく素早く組み立てられると思います。


「どうせなら完璧に!」という方は処理後に全塗装していただけば綺麗に仕上がるので、自分のスタイルに合った方法で組み立ててあげていただけると嬉しいです。



・下地処理

f:id:fuyuzoragothic:20120426222350j:image

塗装を行なう場合はメタルプライマーサーフェイサー等で下地を作ってから塗装を行なってください。



・穴開けが必要なパーツ

穴開けは全て3.0ミリのピンバイスで行ってください。

きつい・緩い等がある場合はお手数ですが各自で調整をお願いいたします。

f:id:fuyuzoragothic:20180121141456j:image

後頭部パーツ、首間接接続部に穴を開けます。



・接着が必要なパーツ

f:id:fuyuzoragothic:20180121141457j:image

後頭部パーツにリボンパーツを接着します。

瞬間接着剤等を使用してください。



・パーツ組み立て

パーツの組み立てを行います。

組み立て時、パーツがきつくて上手くかみ合わなかったり歪んでいたりする場合は、一度ドライヤー等でパーツを温めて調整していただくと組み立てられると思います。

各パーツを接着すると可動や表情の交換が出来なくなるので、パーツ同士の嚙み合いが緩い場合も調整は両面テープ等で行っていただき接着はしないようにお気をつけください。



f:id:fuyuzoragothic:20180121141458j:image

後頭部パーツに6ミリの間接を差し込みます。

(写真ではオビ球を使用しています。)



f:id:fuyuzoragothic:20180121141512j:image

フェイスパーツを取り付けます。



f:id:fuyuzoragothic:20180121141459j:image

前髪パーツを取り付けます。



f:id:fuyuzoragothic:20180121141500j:image

出来上がったヘッドパーツをボディ首部に差し込んで完成です。

お疲れ様でした!



・フェイスパーツのデカール貼り付け例

f:id:fuyuzoragothic:20180121141513j:image:left

f:id:fuyuzoragothic:20180121141501j:image:left


1



f:id:fuyuzoragothic:20180121141514j:image:left

f:id:fuyuzoragothic:20180121141504j:image:left


2



f:id:fuyuzoragothic:20180121141515j:image:left

f:id:fuyuzoragothic:20180121141502j:image:left


3



f:id:fuyuzoragothic:20180121141516j:image:left

f:id:fuyuzoragothic:20180121141503j:image:left


4


「アイペイントで仕上げたい!」という方はアイペイント方法 の記事も参考にしていただけると幸いです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証