Hatena::ブログ(Diary)

fuzzy Weblog@hatena (更新終了) RSSフィード Twitter

2006-10-21

アンリンクフリー

リンクの話 まとめ (高木浩光@自宅の日記)

まとめに入ったので内容を確認しましたが、歴史的な認識や現状の課題など妥当なものと思います。

その中で紹介されていた記事について。

昔はリンクするのも大変だった、という話 (rikuoの日記)

インターネットが民間利用されるようになった初期の頃には、「日記サイト」がしばしば個人で開設され、日記リンク集(日記エンジン)に登録する(あるいはされる)ことでアクセスを増やす努力がなされました。「無断紹介」はこの時既に問題が起きたことがあります。アンリンクフリーという記載はこのあたりでは見ていません。相互リンクは当時より活動がありました。

おそらくそれより時期が遅れて、Webリングという仕組みが始まり、一定の普及が進んだように見えます。これは、日記ではなくてサイトトップへのリンク集でした。日記リンク集は一般にノンジャンルで始まったから、趣味のジャンルにより細分化されたリンク集の仕組みとして普及したようです。一応の管理者はいたように思いますが、mixiのコミュのように「よくわからない無名の人が管理人をやっている」という認識にはならなかったのではないでしょうか。管理者は内輪で認知され、ある程度の尊敬の念を持って見られていたケースが多かったようです。少なくとも最初の頃にはアンリンクフリーという記載は見た覚えがありません。

その後で、アクセス数の自動記録や人気投票制の仕組みを持つリンク集の利用が始まりました。この仕組みに登録すると、ある程度アクセスを増やす効果もありましたが、同時に知らない人や見て欲しくない人が見に来ることも生じたようです。各サイトのリンク集はしばしば個別の管理だったようで、「アンリンクフリー」あるいは「リンクフリーアンリンクフリー」を見かけるようになりました。開始がこの頃かは不明ですが、普及し始めたのはこの頃のように思います。アンリンクフリーの宣伝サイトが用意したバナーを貼るだけという例と、単にテキストで記載した例を見たように思います(ただし記憶があやふや)。

そもそも、リンクを外す際にいちいち連絡をしろとか、実際に連絡が行われていたなどという話は聞いたことがないのですが、リンクを外す際に連絡をしないことでローカルに問題が発生した事例があり、そこから活動が発展したパターンではないかと推測しています。個人的には全体運動にする意味があるかは疑問です。直接連絡をし合うほどに近い関係でもなく、直接連絡するのを遠慮するほど遠い関係でもなく、なんとなく気にはなってるけど連絡しあうような関係ではないという狭い条件でしか問題は起きないように思えるからです。

椿姫ハルヒ?

そういえば、椿姫を見ませんかのヒロインの気の強さや主人公の世間を斜めに見る目は、ハルヒキョンみたいなものかなあ。

Connection: close