Hatena::ブログ(Diary)

Act Naturally

2018-10-10

2018年10月の雑感

 最近朝晩は涼しさを感じ、昼の風もさわやかで車でも窓を開けていた方が気持ちいいくらいだ。しかし日向に出ると日差しは強いし長くいられない。秋の気配は来ていてもこれまでとは少し違う感じがする。

 テレビのニュースでも報じられていたが、今年はキノコがとても多い。わたしの庭にも直径20センチを超す大きなキノコが円を描くように生えていた。庭に生えるキノコは好きではないのですぐに掘って取ってしまったが、また別のやつが生えてくる。キノコが好きでないのは子供の頃に見た「マタンゴ」という日本映画のせいではないかと思う。南海の孤島に流れ着いた人たちがそこのキノコを食べると、そのキノコ(マタンゴ)になってしまうというどうも気味が悪い映画で、60年くらいたった今でも映画のシーンをよく覚えている。もちろん我が家に生えたのはマタンゴではなくオオシロカラカサダケというもので写真はこんな感じだ。

f:id:fy-consul:20180916103933j:image:w360

f:id:fy-consul:20180916104022j:image:w360

f:id:fy-consul:20180916104005j:image:w360

 調べたところでは毒キノコで食べると下痢、嘔吐となり最悪の場合は死ぬという。庭のキノコを食べようとは思わないが、孫が遊びに来て口にしたりしたら怖いと思う。スコップで土ごと掘ってとったが数日後違うのが生えていた。これはとげのようなものがあるのでヒメホコリタケらしく、他にもシバフタケが生えていた。今の家に住んで35年くらいになるがこんなにキノコが生えたのは初めてで、暑さと雨が普通でなかったことの影響なのではと思う。

 元横綱輪島が死んだ。70歳だそうでこの数年は喉頭がんを患っていたとのことだ。憎らしいほど強かった北の湖を下手投げで何度も負かしたシーンは今でも鮮明に覚えている。相撲を辞めた後はプロレスラーやタレントとして生活をしてきたが、天才型の名横綱の引退後としては寂しく感じたものだ。平成の大横綱貴乃花も若くして相撲界を去ることになったがどんな人生を歩むのだろうか。

 名横綱は引退後は親方となり、相撲協会の理事長になるものだと思っていたが、栃若時代ならいざ知らず最近はそうもいかないようだ。このルートは北の湖が最後のようだ。今の時代で協会のトップになるには外部の有識者と良い関係を保ちながら、旧来の親方衆の意見を上手く調整する能力が必要なようで、大きな変化を求めない常識的な人が求められていると感じる。相撲界の内実は分からないが、まだ旧態依然で改善すべき点があっても、急激または徹底的にやろうとすると強い抵抗にあうのだろう。貴乃花はこの点で嫌われた気がする。

 常識にとらわれず好きな生き方をした輪島などは、私生活を上手く律しきれなかったのか借金問題で追放されてしまったが、いかにも昔からの相撲取りらしく豪快な生き方なので、もう少し良い形で相撲界に残れる方法はなかったのかと感じてしまう。貴乃花もそうだが、相撲界を盛り上げた立役者たちだ。こうした人たちが角界に残れず、三役や前頭で終わった力士たちが上手く親方株を手に入れて権勢を振るう風潮はどうも好きになれない。計算づくで世渡りが上手い連中がのさばる現代社会そのもので、相撲界などは少しは違っても良いのではと思うのだ。

 もっとも輪島の人生が本当に不幸だったかどうかは分からない。彼は才能を生かしてスターになり、好きに生きて相撲界を追われて別の道に進んだ。それは従来のスター街道ではなかったが、わたしが思うほど本人は気にしていなかったかもしれない。人の生き方でこれがいいとか、上等だとかの区別があるとは思えないからだ。人は皆生きて死ぬ、その中でどう生きようと(特別な場合を除いては)、誰もいいとか悪いとか言えない。政治家になって権勢を振るっても、実態は嘘と騙しの人生かもしれない。何が良いなんて誰にも言えない。そんな生き方だったと言えるだけだ。だから貴乃花も自分が良いと思える人生を歩むしかないのだと思う。

 わたしも68歳になると輪島の死が身近に感じられる。後5年で死ぬのか、20年生きられるのかなんて分からない。自分の来た道を振り返ったり、いろんな人の人生を見ていると、出世しようと金持ちになろうと有名になろうと、大した違いはないと思えるのだ。だれだって自分なりに生きてゆくしか出来ない。それでも法を犯したり人を騙したりはしない方がいいし、そんな人たちの人生がそれはそれでいいとは言いにくい。(それでいいという考え方もあってそれも分からなくはないのだが、そこまで話を広げると複雑になりすぎるのでやめる)

 わたしには社会的活動をする力もないので、健康で楽しく毎日を送ることを考えている。ゴルフとギターがもう少し上手くなればいいのだが、中々そうはいかない。ゴルフなどは若い時より上手くなっていると思うのだが、スコアは変わらないし、ハンディキャップも19に落ちたままだ。ギターもほとんど毎日弾くが進歩は少しづつだ。弾けない曲が弾けるようになったり、むずかしいフレーズが出来るようになると嬉しくなるが、お手本のようにきれいな音が出るわけではない。ギターはゴルフのようにスコアがないので、目標はお手本のようにに弾くことだが、これはプロゴルファーのようにプレーすることと同じで一生無理な話だ。それでも目標を持ってやるのは楽しいことだ。

 

 問題はいつまでゴルフやギターが出来るかだ。出来なくなったらどうなるのだろう。寝たきりになるのかボケてしまうのか分からない。心配してもどうにもならないが、避けては通れない道なのだろう。それにしても70歳は早すぎるなあ。

PS 今日自分のブログを開けたら記事の後の広告が入っているのでびっくりした。目につくところのものを消したのだが、勝手に載せているのに、消そうとすると理由を聞く画面が出たりして腹立たしい。断固消すアクションをとると、それではこの広告はもう出しませんというメッセージとともにgoogleの文字が出る。少したってまた見るとさっきの広告はなくなっているが別の広告が出ている。わたしはブログに広告を載せようなんて思ったことはない。勝手に載せるのは泥棒に等しい行為ではないのか。googleどんな説明をするんだ。乗せるなら仁義を切るなり金を払えといいたいところだ。






















 

2018-09-17

神から授かった能力

 もう一月ほど前のことだが、山口県で2歳の男児が行方不明になり3日後に救出された出来事があった。2歳の子供がイノシシが出没するような山の中で、食べ物もなく3日間生き延びたことが奇跡だ。わたしは自分の孫達を見ていて、そんなことが起こるなんて信じられない。さらにボランティアの男性が、100人を超す警察官が3日間探して見つからなかった子供を、30分で見つけたことにも驚愕した。奇跡に奇跡が重なったとしかいえない。この男性は尾畑春夫さんという人で、苦労して育った後に魚屋さんになり、65歳で店を閉じてから本格的にボランティア活動に入ったという。様々な被災地を訪ねては献身的な支援活動を続けているそうだ。

 今回の救出劇とこの人のこれまでの活動を聞いて、わたしはある小説を思い浮かべた。スティーブン・キングの「グリーン・マイル」だ。これはトム・ハンクスの主演で映画にもなったので知っている人は多いと思う。トム・ハンクスが演じるポールが看守主任を務める刑務所に少女強姦殺人の罪で黒人の大男が送られてくる。その男コーフィは心優しく思いやりのある人間で実は殺人も冤罪だったのだ。コーフィは特殊な能力を持ち、ポールの持病や刑務所長の妻の病気を治したり、他の囚人が飼いならしていた刑務所内のネズミを生き返らせたりする。ポールたちはコーフィの能力を目のあたりしてコーフィが冤罪でとらわれたこと確信する。ポールはコーフィに脱獄を勧めるのだが、コーフィは醜い現実社会に戻るのは嫌だと拒否し、死刑になってしまう。無実の男、しかも特殊な能力を授かった男を救えなかったポールはその後108歳になっても元気で、自分は神から死ぬことを許されないのだと考えている。コーフィが救ったネズミも60年を超えて生き続けている。

 こう要約すると何だと思われるかもしれないが、小説は全6巻の大作でコーフィが奇跡を起こす様子(ポールたちが規則に反してそれを支援する様子も)を克明に描いている。映画の方も3時間の大作で名優たちが特殊能力を授かった男の苦悩と社会の不条理を演じて感動的だ。やはりキングの小説を映画化した「ショーシャンクの空に」が最後は明るく終わったのに比べて暗く切ない結末だがこれも傑作なのは間違いない。

 小説にはキリスト教に関連する部分があって、コーフィはイエス・キリストを模して描かれているとの指摘は多い。キリスト教徒の間ではこうした書き方は不謹慎だとの批判も多いようだ。その辺のところはわたしには分からないが、特殊な能力を神から授かった人間が現実の社会の中で自分の特殊能力が生かしきれずに、結局無実の罪で死刑になる最後は感動的で悲しい。

 わたしには尾畑春夫さんも同じような特殊能力を神から授かった人のように思える。苦労して育ったことも、65歳で商売をやめボランティア活動に入ったことも、そして今回男児を救ったこともすべて神の意志によるのでは感じてしまう。それでなければ今回の奇跡は説明付かないように思えるのだ。78歳の尾畑さんが今でも元気にボランティア活動を行っていられるのも、神から能力を授かっているからだと考えればそのエネルギーも清廉さも納得がいく。




















 

2018-09-04

塚原問題と利益相反

 またスポーツ団体でハラスメントというかスキャンダルが起こった。それほど大きな組織ではないいくつかの競技団体で次から次へと問題が起こるのは、旧態依然とした組織・体質と長く居座るボス的指導者の二つがかかわっている。他にも同様な団体があるかもしれないが、出来るだけ早く問題を明るみにして、新しく公正な組織に生まれ変わって欲しい。今がそのチャンスだと思う。

 体操協会と塚原夫妻の問題に関していうと、これが報道された時から疑問に感じていたことがあった。誰も指摘しないな(報道が多いのでわたしが気付かなかったこともあるかもしれないが)と思っていたら、先週の金曜日のTBSの’ひるおび’で八代弁護士がこれは利益相反ではないのかと指摘していた。八代氏の指摘は番組ではあまり注目されずに議論が深まらなかった点にも、この問題に対して一般的にあまり理解がないことを示しているようだった。

 利益相反は利害抵触ともいわれるが英語のConflict of Interestからきている。アメリカ大企業ではこの点について特に注意を払っていて、わたしが勤めていた企業でも40年以上前から毎年これに関する研修があり、出席が必須だった。特にグローバル企業では国による文化の違いから違反について社員の理解が異なる場合も多いので、徹底した教育がなされていた。こうした問題意識を持つものから見ると日本企業の実情は全くお粗末で、役員等が自分の権限を使って親族が絡んだ企業と自社の取引を行っても、多額の金銭がからまない限り問題になることは少なかった。日本でこのことが問題視されるようになったのは、グローバル経営が叫ばれだしたこの15年くらいだろう。それまでは権限を使って金銭や接待を受けるという賄賂が問題になったくらいだ。

 塚原夫妻については、夫妻が朝日生命体操クラブを経営しながら、日本体操協会の幹部(夫が副会長、妻が理事で強化本部長)についていたことが利益相反に当たる。夫妻ともに女子の日本代表を選ぶ立場にあったうえに、塚原千恵子氏は代表選考の基準を決定する権限を持っていたという。誰が考えてもこれでは朝日生命のクラブの選手が代表選考で優遇されやすい状況だ。そして朝日生命クラブから代表が出れば、自らの名声にもクラブの経営にも大きなプラスになる。もちろん塚原夫妻は私情を挟まずに公正な選考を行ってきたと主張するだろうが(もしかしたら実際そうかもしれないが)問題はそうした疑惑を持たれる状況にあったということだ。潜在的利益相反リスクが極めて高い。この点について体操協会で誰も疑問に持たなかったというのが信じがたい。会長は元イオン経営者だった人だそうだが、この明白な利益相反リスクに気付かなかったのだろうか。

 利益相反は実際に組織の利益と個人の利益の対立が起こった時に問題になると考えられている。経営者が自社と彼(彼女)の親族(知人)が関与する企業と取引を行い(指示し)、その内容が通常より親族企業に有利だった時に、その企業は通常以上の利益を得るが、自社はその分利益が減少する。これが起こると利益相反だというのが良く使われる例だ。実際そうなのだが問題は取引が実現したか否かだけではなく、そうした取引が行われる状況で既に利害相反が認識され議論されるべきものだ。この意味で特別な理由なく経営者の親族の企業と自社の取引など認められないのが普通だ。これは経営者に限らず部長でも課長でも一般社員でも同じだ。本人に取引を決定する権限がなくても、自分の家族や親族がかかわる企業と自社は取引をしている、またはしようとしている状況は利益相反リスクがある。こうした時は取引企業に自分の親族が関与していることを報告しておく。そうすれば会社はその社員が取引先との契約や交渉にかかわる職務には付けないようにする。株主や社会から疑惑を持たれるリスクを減らすことが出来る。

 特別な理由なく経営者の親族企業と取引をすべきではないと書いたが、特別な理由とはその企業独自の製品や技術がある場合ことだ。他に代替可能ではない時は、その企業と取引をすることが会社の利益につながる。こうしたケースでは経営者はその旨を役員会に報告し、第三者がその妥当性を検証して取引すべきか否かを決める。もちろんこれについても経営者にとどまらず全社員に適用される。

 体操協会は第三者委員会でハラスメント問題を調査し、適切な対応をすると言っているが、上記の通り問題はそれだけではないのだ。冒頭で問題を抱える競技団体は新しい組織に生まれ変わって欲しいと書いたが、これは人を一新する組織形態を変えることにとどまらず、組織を運営する、そして監査するやり方までも変えて欲しいということだ。日本ボクシング協会や体操協会の今後に注目だ。

Connection: close