gaeeyoの日記 RSSフィード

2016年6月18日(土)

[][] Dell Chromebook 11 vs ASUS Chromebook Flip

項目Dell Chromebook 11ASUS Chromebook Flip
キーボードの使いやすさ×
ディスプレイの視野角×
タッチパネル×
ディスプレイの角度の自由度
スピーカー
触り心地×
処理速度×

[][] Chromebook で Android アプリが動く

「Chromebook で Google Play ストアや Android アプリが動くようになる」と発表されて楽しみにしていたが、ついに Dev チャンネルでリリースされた。

私の持っていた Chromebook は Dell の Chromebook 11 なんだけど、残念ながら現時点では Android アプリは使えない。今現在使えるのは3機種のみ。それ以外の機種は2016年後半に対応予定とのこと。

今すぐ使えて国内で普通に買える ASUS Chromebook Flip をさっそく買ってみた。


今まで使っていた Dell Chromebook 11 にはタッチパネルが無いが、ASUS Chromebook Flip にはタッチパネルが付いている。

あらためてタッチパネルは便利だと実感。ノートPCのようなスタイルだと、指先と画面との距離が近いので、わざわざ画面上のポインタをトラックバッドで操作するより、直接タッチしたほうが早くて便利。


ASUS Chromebook Flip は画面が360度まわって、裏返せばタブレットのように使える。一度タッチ操作すると、それ以降の操作もタッチになりがちなんだけど、タッチでChromeを使っていると、YouTube なんかでシークや全画面の操作がしづらくてストレスがたまってくる。

こんなときに Android の YouTubeアプリが便利。Androidアプリならタッチに最適化されているのでタッチで快適に使える。


Chromebookは、AndroidやiOSよりずっとシンプル。電話機能が無いこともあってか、設定も難しいところが少ない。

起動は早いしアップデートも再起動するだけ。アップデートのために何十分も待たされることがない。(いまのところ)

WindowsやMacはこの先何年たってもChromebookと競うことはできないだろうな。Chromebookがあっちに寄って行かない限りは…。

私のまわりにもWindowsでブラウザしか起動しないという人は多いので、そういう人にはChromebookは良さそう。


ただ、Chromebook上で動くAndroidアプリの動きに関してはまだDev版ということもあっていろいろ問題が多いので今すぐおすすめできるわけではない。

ASUS Chromebook Flip は Dell Chromebook 11 と比べても、さわってすぐわかるほどモッサリしている。

Dell Chromebook 11 のディスプレイは TN で、ASUS Chromebook Flip は IPS だから視野角広いけど、解像度はどちらも低くていまいち。

開発者以外は Chromebook がもっと改良を重ねて安定して、端末の性能がもっと高まってから買った方がよさげ。Androidアプリのサポートが正式版になるのも来年かもしれないし。

2016年4月6日(水)

[][] docomo から DMM mobile に MNP

docomoにMNPしてから2年がたって、お得な期間が終わったので DMM mobileに。

8GBを通話1枚、データ2枚のSIMでシェアするプラン。月々2680円+税+ユニバーサル〜。

お店に行かなくても全部ネットで手続きできて楽ですな。

2016年4月5日(火)

[][] いろいろ撮り比べ

DMC-GF7 / マイクロフォーサーズ 有効1600万画素

f:id:gae:20160322213942j:image:w300

E-PL7 / マイクロフォーサーズ 有効1600万画素

f:id:gae:20160322231042j:image:w300

G9X / 1インチ 2020万画素

f:id:gae:20160322224257j:image:w300

α5100 / APS-C 2430万画素

f:id:gae:20160322214132j:image:w300

拡大。

f:id:gae:20160405210100p:image

ネコを撮っていると、毛がどれだけ自然に撮れるか気になってしまう。

DMC-GF7 というかPanasonicはやっぱりシャープすぎる感じ。色も白くなっているしシャープを通り越してジャギってる。

E-PL7はDMC-GF7と同じ1600万画素なんだけど、こうして見比べてみるとまったく線の再現が違いますな。

G9 Xはきれい。α5100よりセンサーサイズも画素数も少ないのに。

f:id:gae:20160405210101p:image

たぶん1本の毛なら元の像が想像しやすいんだろうな。細い線と線が交差するような部分を拡大してみると、細かいところが不自然にボケていたりする。ここでもG9 Xは自然な感じがする。

べイヤーだとこういうところが難しいのかな。Foveonのカメラ全部売ってしまったからもう確認できないけど、また買ってみようかな(笑)

2016年3月21日(月)

[][] タッチシャッターが不便なSonyとPanasonic

f:id:gae:20160318000832j:image

タッチシャッターは便利。

AFは猫の目にピントを合わせてくれないけど、タッチシャッターなら目をダイレクトに狙える。

普通ならフォーカスエリアを合わせて、ピントを合わせて、シャッターの3ステップが必要になるけど、タッチなら1発で終わりなのでこの差は大きいですな。


ただ、Sony α5100 と Panasonic DMC-GF7 は、どちらも起動直後はタッチシャッターが使えない。

α5100 は画面上の「タッチシャッターボタン」を押さないといけないし、DMC-GF7は「タッチタブボタン」を押してタブを表示して、さらに「タッチシャッターボタン」を押すという2ステップが必要でめんどくさい。

Canon や Olympus は起動後からすぐにタッチシャッターが使えていい感じ。

2016年3月20日(日)

[][] Child of Light

だいぶ前に買ったゲームをいまごろクリア。

2015年3月にセールで安くなっていた(1,747円)ときに買ったらしい。

D

イグニキュラスの操作がめんどい。

終わってみると、手間暇かけて作りこんだクソゲーという感じですな。

2016年3月15日(火)

[][] DMC-GF7 と LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.

家でネコを撮るとき、最短撮影距離が短いレンズがいい。スマホやコンデジなら最短1cmというのはよくあるけど、レンズ交換式だとだいたい20cmや30cmになってしまう。目の前にいるネコを撮ろうとすると近すぎてピントが合わないことがよくある。

今までよく使っていた Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA SEL24F18Z は最短撮影距離が16cmで非常に短くて便利。

f:id:gae:20160308221342j:image


で、DMC-GF7 を買ったときに一緒に買ったレンズ

これが仕様では最短撮影距離20cmになっているけど、仕様より寄れる感じ。

最短撮影距離16cmの SEL24F18Z とほぼ同じ距離でピントが合いますな。

左が DMC-GF7 と LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.で、右が α5100 と Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA SEL24F18Z。

f:id:gae:20160304202355j:image

35mm換算で、30mmと36mmの画角だけど、思ったより大きな差が出るもんなんですな。センサー自体が4:3と3:2という違いもあるだろうけど。


DMC-GF7 には普段は LUMIX G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S. を付けてる。

これも結構寄れるほうだけど、はかってみたら仕様通り30cm。

f:id:gae:20160315215013j:image

2016年3月10日(木)

[][][] DMC-GF7

α5100 用に中望遠のレンズを買ったけど交換がめんどくさくて活躍してないので、カメラを増やして解決しようと思った。

で、Panasonic DMC-GF7 を買った。

これはいわゆる初心者向けのカメラ?

ファインダーなし、タッチ対応ディスプレイ、フラッシュ内蔵、コンパクトで軽量、という点で今使ってる α5100 に立ち位置はちょっと似てる?

自撮りモードが付いていて、ディスプレイをひっくり返すと美肌とか顔を細く写す機能が使える(笑)

DMC-GF7 はボディのみで売ってなくて、Wズームレンズキットしかない。付属してくるレンズは下記の2本。

レンズ価格comの最安値
LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.¥22,500
LUMIX G VARIO 35-100mm / F4.0-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.¥25,580

DMC-GF7はこの2本のレンズがついて5万円弱というなかなかひどい価格。調べてみるとこういうふうに「カメラの価格どこ?」みたいな製品が結構たくさんあるんですな…。



f:id:gae:20160229211312j:image:w400

さっそく部屋で試し撮り。APS-Cサイズのセンサーのα5100に比べると、出力のサイズは小さいし高感度のノイズも目立ちますな。

前に DMC-GX8 を買ったときも思ったけど、ディスプレイに表示される映像がシャープすぎてピントがわかりにくい。こんなにカリカリにしなくてもいいのに。

あと気になるのはオートホワイトバランスの具合。α5100に比べるとなんかどうもイマイチですな。室内でオートで撮るとだいたい残念な感じになってしまう。調整してもどうもしっくりこない…。

ISO800で撮り比べ。左がDMC-GF7(LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.)、右がα5100(Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA)。自分の影が入っていて邪魔だけど。

f:id:gae:20160310211608j:image:w300 f:id:gae:20160310211916j:image:w300


昼間に外で PowerShot G9 X と比較。

左がDMC-GF7(LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.) で右が PowerShot G9 X。DMC-GF7 は 3:2 じゃなくて 4:3 なんですな。

f:id:gae:20160301084904j:image:w300 f:id:gae:20160301085058j:image:w300

f:id:gae:20160301084917j:image:w300 f:id:gae:20160301085106j:image:w300

等倍で切り出し。

f:id:gae:20160310212712p:image

等倍で見ていくと DMC-GF7 は偽色が気になりますな。妙にエッジがギザギザしているところもある。ホワイトバランスも DMC-GF7 はマクドナルドの黄色が黄緑色になってしまった。

信号機を拡大してみていくとグラデーションがガタガタになっているところもあったので気になったが、もしかしてiDレンジコントロールをAUTOにしていたせいかも。

f:id:gae:20160301223247p:image

あまり外で撮ってないから間違ってるかもしれないけど、陽の差し込んでいる室内でiDレンジコントロールを使うと、いかにもいじったようなおかしな色になることがよくあった。この機能は使わないほうが無難かな…。


↓別の日だけど同じ場所でα5100とFDR-AX100で撮ったやつがあったのでついでにup。

f:id:gae:20160108093914j:image:w300 f:id:gae:20160226092517j:image:w300


動画も試してみた。立ち止まって撮るなら十分だし画質も良い。歩きながらだとブレが大きすぎて見てられませんな。動画を撮るとバッテリーの減りが激しいのも気になった。

しばらく使ってみたけど、カメラとレンズがコンパクトで軽くて明るくて安いところは気に入った。

α5100といっしょに使っていると操作に戸惑うので、もう一台欲しくなるな…。