gaeeyoの日記 RSSフィード

2018年4月28日(土)

[][][] ルーターを ASUS RT-AC56S から Synology RT2600ac に買い替えた

2015年5月から ASUS RT-AC56S を使ってたけど、3月頃からいろんな問題が起こりはじめて、使い物にならなくなったので Synology RT2600ac に買い替えた。

具体的にどう調子が悪かったかというと、説明が難しいけど、とにかくルーターとして機能しなくなる。RT-AC56S は管理画面でCPUやメモリの使用率が見られたり、SSHでログインできたりするんだけど、3月末頃には起動してから1〜2日するとCPUの使用率が高まりすぎてうんともすんとも言わない状態になった。

ファームウェアを最新にして、設定を工場出荷状態に戻して最小限の設定だけにしてみたりもしたけど改善せず。サポートに問い合わせたけど無反応。

思えば今年に入ってからGoogleフォトへのアップロードが頻繁に失敗するようになって、その時はGoogle側の問題だろうと思ったりしていたんだけど、ぜんぶルーターの問題だったのかもしれない。


RT-AC56S は今まで超安定していたし、機能も性能も不満はなかったので、新しいルーターもASUSにしようかと思ったんだけど、もしも今回の問題がソフト的な問題だった場合、また同じ問題が発生するかもしれないと思い、別のメーカーを検討することに。

そこで見つかったのが Synology のルーター。

f:id:gae:20180428205449j:image:w400

右の縦型のが ASUS RT-AC56S で、左のイカツイやつが Synology RT2600ac。

見た目だけで強そうなのがわかると思うけど、公式サイトやレビューを見ると、これまでのルーターとは全くの別物であることがわかる。

実際使い始めて3週間くらい経ったけど、まったく問題なく動作しているし快適ですな。

今までのルーターというと、少し設定を変えるだけで「再起動しています。60秒お待ちください・・・」みたいな画面が出てきたりしたけど、こいつはマルチウィンドウのGUIで、わかりやすいし使いやすいし、レスポンスも速い。モバイルのChromeでもまったく同じように使えるのはもちろん、スマホアプリまで用意されている。

快適すぎて、笑ってしまう。


RT-AC56S にもリアルタイムのトラフィックモニタや、1日ごとの転送量なんかが見られて面白かったけど、RT2600ac はもっと詳しく見られて、どの端末がどれだけ通信しているかもわかるのが楽しいですな。

f:id:gae:20180428211636p:image:w400

レポートを作成する機能もあって、毎日、毎週、月1なんかのスケジュールで、トラフィックのレポートをまとめてくれる。

f:id:gae:20180428211635p:image:w400

1週間で45GBもダウンロードしててびっくりだけど、4KモニタでYouTube見てたらすぐ10GBくらいは行きますな。

ちなみにデバイスの名前はMACアドレスごとに自分で付けられたりする。ポート転送の設定画面なんかでもわかりやすい名前で表示されるので、めっちゃ設定しやすい。

f:id:gae:20180428212358p:image:w400

あとペアレンタルコントロールが充実してるっぽい。私は使ってないけど、ちびっこがYouTubeを際限なく見て困ってる人なんかは、このルーターで制限をかけられたりするのかもしれない。(試してない)

他にもいろんな機能がついていて、USBポートは2本あるし、押したことがない物理ボタンが3つくらいあったりする。

ちなみにお値段は 26,000 円くらい。機能も性能もすごいし、使って楽しいし、トイレまで電波がよく届くようになったし、今のところ満足。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gae/20180428/1524919211