Hatena::ブログ(Diary)

学読班日誌

2007年04月24日

[]学読班日誌の使い方

 とりあえず、読んだ本の紹介・感想をどんどん書いてってください。最近読んだ本じゃなくてもいいです。本の概要+自分の感想 を書くのが基本ですが、まあ好きに書いてOKです。

 以下に詳しい使い方を書きますが、面倒なら最初のうちは、紹介文と自分の評価を本文に書くだけで良いです。細かいことは他の人が代行します。

 質問などあればコメントどうぞ。


見出し記法

 学読班日誌は、「はてなダイアリー」をブログモードというメニューで使用しているのですが、はてなダイアリーは本来日記用なので、記事のデータは一日単位で扱われます(こちらを参照)。

 つまり、あなたが本の感想を書こうとして、もしその日すでに他の人が何か記事を書いていた場合、あなたは、他の人の書いた記事に見出しを追加し、そこに自分の文章を書いて投稿することになります。他の人の文を間違って消さないように。(→見出し記法

カテゴリー指定、はまぞうで本の検索

 さて、感想を投稿するときは、紹介文を書くほかに、カテゴリーの指定はまぞうの使用をお願いします。

 カテゴリーは、まず文字入力カーソル(文章入力中に矢印キーで動かせる縦棒のやつ)を自分の書いた文章中に合わせてから、左上のボタンから紹介者・評価(5段階)・ジャンルの3項目についてカテゴリを選択します(ジャンルは複数選択可。評価は、満足度とかお薦め度とかのことです。星5つが最高で、星3つなら良くも悪くもないという感じ)。

 やり方がわからなくて他の人にお任せする場合も、5段階評価については紹介者自信にしか分からないので、紹介文の終わりかどこかに書いておいてください。また、紹介者を選択するとき、自分の名前が無ければ、新しく自分の名前のカテゴリを作ってください。

(→カテゴリー記法

 さらに「商品を紹介」ボタンで、はまぞうというものが使えるので、そこで本を検索して、記事中に写真などが出てくるようにします。

f:id:gakudokuhan:20070427201637j:image

↑間違えた、コメ印じゃなくてアスタリスクね。


Kou

[]いけだ、です

この記事はIE(Internet Explore)を使って読むことをオススメします。

ど〜も、みなさんは学部の名前を出してもばれないけど、学部の
名前≒大学の名前
なので所属は省略〜

でもって名前は
いけ
です(問題:さてドコまでがなまえでしょう)。

これまでの投稿をみてると、本の感想なんて一切ありませんねゴメンナサイ。別に本をよんでないわけじゃないわけじゃないです。でもまだ紹介できるまで読んでない・・・・・。週末にでも読んで見ます。

さてさて、この文章はhtmlで記述してます。本当にうまく表示されるのでしょうかわなわな

[]Kou

f:id:gakudokuhan:20070425010617j:image

シガと申す者です。

あだなを問われたときはKouと名乗ることにしています。

理学部物理3年生にして留年の危機。

[]澤田です。

f:id:gakudokuhan:20070425005009j:image:right

澤田です。

 法学部です。














 3年です。



























 起業します。

[]やまがきです。

伏字でいいんでしょうか…?



嘘です。やまがきゆきです。こんにちは。
まやさんって呼ばれるとよろこびます。別にあんまりどうでもいいです。
法学部3年(女)です。労働法のゼミに何となく所属してます。
文系ってマジで勉強しなくても何とかなっちゃいますね。
いや卒業できてもその後が続かなきゃ意味ないんだけども。あう。


最近読んでいる漫画は「もやしもん」「おおきく振りかぶって」。
夏目漱石とか京極夏彦が好きです。

下宿生活3年目。行き場のない漫画や本、教科書がうず高く積まれてます。



…え?何か本貸せ?

[][]Byか○や

諸葛孔明―三国志の英雄たち (岩波新書)

諸葛孔明―三国志の英雄たち (岩波新書)

 読み終えました。

 諸葛孔明といえば、『三国志演義』では呪術で風を起こしたりする神懸った軍師として描かれていますが、この本では正史三国志』(『三国志』が正式な歴史書で、魏を正当な王朝とみなし客観的であるのに対し、『三国志演義』は『三国志』を基にした歴史小説で、孔明の仕える蜀を善、魏を悪としている点に違いがあります)の記事を基にしており、孔明を弁舌爽やかな一流の政治家として描いています。また、孔明に由来する「三顧の礼」や、「死せる孔明、生ける仲達を走らす」といった言葉の詳しい由来、考察も書かれていて、歴史好きな私には大変興味深かったです。これから『三国志演義』や正史『三国志』を読もうと考えている方への導入としてもふさわしいと思います。

[]神谷

弟にか○やがいる。

班会ではお勧めの本を沢山紹介していきますので、お楽しみにm(-_-)m

それでは皆さん、盛り上がっていきまっしょい!!

Connection: close