ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

GAKUGEI TODAY このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-07-26

日本学術会議主催シンポジウム「大震災の起きない都市を目指して」(8 /1  東京)

■日本学術会議主催シンポジウム「大震災の起きない都市を目指して」

日時:8月1日(月)13時〜17時30分
場所:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7丁目22番地34号)
会費:無料
詳細&申込:
http://bit.ly/29uQhyc

地震発生頻度の高いわが国において、構造物や機能は大都市に過度に集中し、地震災害リスクはますます高まっている。
熊本地震においても建物やインフラの耐震性の問題に加えて、多くの課題が顕在化した。
本分科会では、大都市の震災リスクを低減するための建物・インフラ・情報インフラなどの高耐震化とそのための社会システムなどについて検討している。
本シンポジウムでは、来るべき大地震に備え、大都市の震災軽減につながる、
強靭な都市・社会の構築に向けた提言案とその背景となる考え方を発表し、内容について議論する。
---------------------------------------------------------------------
◎学芸出版社の本
『東日本大震災 復興まちづくり最前線』
大西 隆 編著 城所 哲夫 編著 瀬田 史彦 編著
いま必要なこと、考えなければならないこと
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3202-4.htm
『改訂版 都市防災学 地震対策の理論と実践』
梶 秀樹/塚越 功 編著
定番教科書 。東日本大震災をふまえて改訂
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3195-9.htm

2016-07-25

ひょうごコミュニティ・ビジネス 1Day スクール【ハタラクをつくる】( 7/31  神戸)

■ひょうごコミュニティ・ビジネス1Dayスクール【ハタラクをつくる】

日時:2016年7月31日(日) 10時〜17時
場所:神戸市産業振興センター 9階
会費:無料
定員:各回60人(要申込)
詳細&申込:
http://ikisapo.com/next/2016/06/02/1day2016/

日々の生活で困っていること、あったらいいなということをアイデアと熱意によって事業化し、
地域を豊かに元気にして行く取り組みコミュニティ・ビジネス【CB】が今注目されています。
日本政策金融公庫と生きがいしごとサポートセンターではCBの起業や運営に取り組む皆様を日頃からサポートしています。
1年に1回開催している1Dayスクールでは実際に起業した方々の体験談を聞いてヒントやノウハウを学びます。

1.バラエティに富んだコミュニティ・ビジネスが集結!
 たくさんのCB事例に出会えます。

2.テーマ別に、パネルディスカッションでCB実践者の体験談!
 事業のヒント、ノウハウなど、たっぷりと学べます。

3.CB実践者との交流会のオプションつき!
 興味のあるテーマだけを選べる選択制で、組み合わせも自由です。

●ご参加をお待ちしております
・CB、SB(ソーシャルビジネス)の起業を考えている人
・地域で何か役に立ちたいと思っている人
・生きがいややりがいのある仕事を求めている人
・CB・SBにおける仲間作りがしたい人、何も分からないけど何か
 したくてモヤモヤしている人、ぜひお越しください!
--------------------------------------------------------------------------
◎学芸出版社の本
『コミュニティビジネス入門 地域市民の社会的事業』
風見正三・山口浩平 編著
地域の活力と雇用を生み出すビジネスモデル
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2473-9.htm
『ハードワーク! グッドライフ!
  〜新しい働き方に挑戦するための6つの対話』
 山崎 亮 著 駒崎 弘樹 著 古田 秘馬 他著
 新しいチームづくり、自分を豊かにする仕事
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2577-4.htm

『建築現場のコンクリート技術』柿崎正義、玉水新吾 著

『建築現場のコンクリート技術』

柿崎正義、玉水新吾 著/日本建築協会 企画

四六判・220頁
定価 本体2000円+税

現場ではなかなか勉強の時間がとれない、若手〜中堅の建築技術者必携!コンクリートの基本知識、発注の仕方から、品質管理、調合、打込み、劣化・検査と維持補修まで、現場の仕事の流れにそって「そこが知りたい」「今さらきけない」ポイントを図・写真・マンガでわかりやすく解説。工事現場でよくあるトラブル事例集付き。

↓HPはこちら
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2625-2.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 7月のリツイートキャンペーン『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ』
↓URLをリツイート!抽選で1名様に1冊プレゼント
https://t.co/vQRbYVxELZ

2016-07-23

ひょうごコミュニティ・ビジネス 1Day スクール【ハタラクをつくる】( 7/31  神戸)

■ひょうごコミュニティ・ビジネス1Dayスクール【ハタラクをつくる】

日時:2016年7月31日(日) 10時〜17時
場所:神戸市産業振興センター 9階
会費:無料
定員:各回60人(要申込)
詳細&申込:
http://ikisapo.com/next/2016/06/02/1day2016/

日々の生活で困っていること、あったらいいなということをアイデアと熱意によって事業化し、
地域を豊かに元気にして行く取り組みコミュニティ・ビジネス【CB】が今注目されています。
日本政策金融公庫と生きがいしごとサポートセンターではCBの起業や運営に取り組む皆様を日頃からサポートしています。
1年に1回開催している1Dayスクールでは実際に起業した方々の体験談を聞いてヒントやノウハウを学びます。

1.バラエティに富んだコミュニティ・ビジネスが集結!
 たくさんのCB事例に出会えます。

2.テーマ別に、パネルディスカッションでCB実践者の体験談!
 事業のヒント、ノウハウなど、たっぷりと学べます。

3.CB実践者との交流会のオプションつき!
 興味のあるテーマだけを選べる選択制で、組み合わせも自由です。

●ご参加をお待ちしております
・CB、SB(ソーシャルビジネス)の起業を考えている人
・地域で何か役に立ちたいと思っている人
・生きがいややりがいのある仕事を求めている人
・CB・SBにおける仲間作りがしたい人、何も分からないけど何か
 したくてモヤモヤしている人、ぜひお越しください!
--------------------------------------------------------------------------
◎学芸出版社の本
『コミュニティビジネス入門 地域市民の社会的事業』
風見正三・山口浩平 編著
地域の活力と雇用を生み出すビジネスモデル
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2473-9.htm
『まちで闘う方法論  自己成長なくして、地域再生なし』
木下 斉 著
結果を出す人になるための思考、経験、技術
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1359-7.htm

建築コンシェルジュ坂山毅彦による「○○書店」:京都巡回展&オープニングイベント( 8/11  京都)

■建築コンシェルジュ坂山毅彦による「○○書店」:京都巡回展
 『スイッチング』−トレーシングペーパーに綴った書店員する建築士の思考−

概要
東京青山のプリズミックギャラリーで、7/22〜9/11に「建築コンシェルジュ坂山毅彦
による「○○書店」」が開催されます。会場で名もなき書店をひらき、その場で設計
活動もする試みです。その期間中に、京都巡回展を開催することになりました。
書店員する建築士の「思考のスイッチング」をご覧ください。

開館日 :2016年8月11日(祝)〜8月15日(月)
開館時間:11(祝)13〜20時/12(金)15(月)10〜18時/13(土)14(日)13〜17時
場 所 :学芸出版社1階ギャラリー(京都市下京区木津屋橋通西洞院東入 )

 * * *

■オープニングトークイベント
「建築の新しいメディアを流通させる」

拡張する建築の職能、拡大する情報のプラットホーム。
それに伴い建築メディアのありかたも変容し続けています。
その変容にどう適応し、新しい建築メディアをつくり、そして流通させていくのか。
3人の実践者が語り合います。

ホスト:坂山毅彦(建築家・書店員)
ゲスト:榊原充大(RAD・リサーチャー)、和田隆介(編集者)

日 時:2016年8月11日(祝)18:00〜20:00(17:30 開場)
場 所:学芸出版社3階ホール(京都市下京区木津屋橋通西洞院東入 )
定 員:60名
参加費:1000円
懇親会:1000円(同会場にて)
主 催:学芸出版社
詳細&お申し込みはこちら↓
http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1608sakayama/index.htm
-----------------------------------------------------------------------------------
◎関連書籍
『リアル・アノニマスデザイン』岡田栄造・山崎泰寛・藤村龍至 編著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2554-5.htm
『ローカルメディアのつくりかた』影山 裕樹 著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1362-7.htm
『建築を、ひらく』オンデザイン 著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2574-3.htm

銀座街づくり会議 /G2 020 連続シンポジウム 新しい銀座のヴィジョン〜未来にわたって銀座が個性輝く街でありつづけるために〜( 8/4  東京)

■銀座街づくり会議/G2020 連続シンポジウム
 新しい銀座のヴィジョン 〜未来にわたって銀座が個性輝く街でありつづけるために〜
 第1回 変貌する東京のなかの<銀座>
                             
日時:8月4日(木)開演14:00〜16:30(開場13:30)
会場:銀座フェニックスプラザ 会議室(中央区銀座3-9-11 紙パルプ会館3F会議室)
会費:無料
詳細&申込
http://www.ginza-machidukuri.jp/event/event05.html

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を前に、東京は、大きく変貌しようとしています。
2014年には「東京都長期ビジョン」が発表され、東京を世界一の都市へと成長させることが目標として掲げられました。
日本の近代都市の歴史と共にあると自負する銀座は、次世代の新しい都市の姿を率先して描いていきたいと考えています。
そして、夢のある未来につながるレガシーを遺していきたいと考えます。
世界の都市は次々と、その個性と創造力を発揮し、生まれ変わっています。
そして東京には、個性ある街が連立し、それぞれの魅力を発信しています。
そのなかで銀座は、どのような位置づけにあり、どのような可能性をもっているのでしょうか。

基調講演 「変貌する世界のなかの〈銀座〉」
中井 検裕  (東京工業大学環境・社会理工学院教授)
パネルディスカッション 「銀座から変える東京」
中井 検裕
井上 俊幸(三菱地所 開発推進部長)
岡田 正志(東急不動産 取締役常務執行役員)
河村 隆司(三井不動産 開発企画部長)
御厨 宏靖(森ビル 執行役員)
吉野 敏郎(東京都都市整備局都市づくり政策部土地利用計画課長)
岡本 圭祐(全銀座会街づくり委員長 文明堂銀座店代表取締役会長)
司会進行 中島直人(東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻准教授)
概 要 2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を前に、東京は、大きく変貌しようとしています。2014年には「東京都長期ビジョン」が発表され、東京を世界一の都市へと成長させることが目標として掲げられました。日本の近代都市の歴史と共にあると自負する銀座は、次世代の新しい都市の姿を率先して描いていきたいと考えています。そして、夢のある未来につながるレガシーを遺していきたいと考えます。世界の都市は次々と、その個性と創造力を発揮し、生まれ変わっています。そして東京には、個性ある街が連立し、それぞれの魅力を発信しています。そのなかで銀座は、どのような位置づけにあり、どのような可能性をもっているのでしょうか。

---------------------------------------------------------------------
◎学芸出版社の本
『まちで闘う方法論  自己成長なくして、地域再生なし』
木下 斉 著
結果を出す人になるための思考、経験、技術
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1359-7.htm
『スポーツ都市戦略  2020年後を見すえたまちづくり』
原田 宗彦 著
持続的効果的なスポーツ政策の進め方を説く
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2618-4.htm

2016-07-21

来週開催!イベント情報(クラウドファンディング/つながるカフェ/水辺アクション)

<元プロバドミントン選手・池田信太郎さんご登壇!>
『ぼくらがクラウドファンディングを使う理由』出版記念セミナー東京編
「スポーツ×クラウドファンディング」池田信太郎×佐藤大吾×佐々木周作
★参加費がお安くなりました!★

━概要
日 時:2016年7月29日(金)18:30〜21:00(18:00開場)
場 所:アカデミー音羽 多目的ホール(東京都文京区大塚5-40-15)
参加費:
1.書籍代+参加費・・・2300円(1800円+500円)
2.書籍持参の方・・・500円
3.イベント参加のみ・・・1000円

お申込み・詳細はこちら↓
http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1607crowdfunding/index.htm

◎関連書籍
『ぼくらがクラウドファンディングを使う理由 12プロジェクトの舞台裏』
佐藤大吾 監修、山本純子・佐々木周作 編著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1360-3.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★参加者まだまだ募集中!★

7月25日(月)18:30〜20:30@六本木アカデミーヒルズ

『つながるカフェ 』著者 山納洋さん、地域コミュニティの拠点「芝の家」坂倉杏介さんに聞く
「どのようにして場は立ち上がるのか 〜地域とつながる場を生み出す〜」

詳細&お申し込みはこちら↓
http://peatix.com/event/181933

―――
7月27日(水)18:30〜20:30
会場:まちライブラリー@もりのみやキューズモール(大阪市)

『都市を変える水辺アクション』著者・泉英明さん、北浜テラス・山根秀宣さんに聞く
「都市の水辺アクションの最新情報」

詳細&お申し込みはこちら↓
http://machi-library.org/event/detail/2229/

―――
◎関連書籍
『つながるカフェ コミュニティの〈場〉をつくる方法』山納洋 著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1361-0.htm

『都市を変える水辺アクション』泉英明・嘉名光市・武田重昭編著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2608-5.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 7月のリツイートキャンペーン『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ』
↓URLをリツイート!抽選で1名様に1冊プレゼント
https://t.co/vQRbYVxELZ

国際シンポジウム「グローバル社会における地域再生の意味」( 7/26  東京)

■国際シンポジウム「グローバル社会における地域再生の意味」
 International Symposium
 "The meaning of Local Regeneration in the Global Society"
                                ご紹介

日時:2016年7月26日(火)19:00-20:30
会場:明治大学中野キャンパス 5F ホール
主催:ハーバードGSD日本ワークショップ実行委員会
共催:明治大学理工学部建築学科
会費:無料|申込不要
詳細&申込:
http://bit.ly/2a7SD5s

ハーバード大学デザイン大学院のマーク・マリガン教授と国内主要大学の都市・建築系専門の教授を招聘し、
グローバルスケールで情報が普及する現代社会における地域再生の意味について、各パネリストが体験した事例紹介をもとに議論を展開する。
最終的には、2020東京オリンピックへ向けて、「東京文化資源区構想」をどう収斂させるかを考える。

【プログラム】
19:00 開会
19:05 趣旨説明・取り組み紹介
19:10 基調講演|「国際的な建築・都市デザインとハーバード大学の建築・都市デザインの教育方法」マーク・マリガン(ハーバード大学建築実践コース
准教授)
19:30 パネルディスカッション
20:30 閉会

【パネラー】
マーク・マリガン|ハーバード大学建築実践コース准教授
渡辺真理|法政大学デザイン工学部建築学科教授
木下庸子|工学院大学建築学部建築デザイン学科教授
小林博人|慶應義塾大学政策・メディア研究科教授
ジム・ランビアーシ|ランビアーシ&林アーキテクツ
小林正美|明治大学大学院国際プロフェッショナルコース教授
佐々木宏幸|明治大学大学院国際プロフェッショナルコース准教授
---------------------------------------------------------------------
◎学芸出版社の本
『まちづくり市民事業 新しい公共による地域再生』
佐藤 滋 編著
市民自らが事業を立ち上げ街を再生する方法
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3191-1.htm
『海外で建築を仕事にする2 都市・ランドスケープ編』
福岡 孝則 編著 別所 力・戸村 英子 他著
パブリックスペースのデザインに挑む16人
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2605-4.htm

都市環境デザイン会議 PUBLIC DESIGN #2  サードプレイスのつくり方/公共空間を使い手目線で考える( 7/3 1  福岡)

■九州ブロック 都市環境デザイン会議 まちづくりセミナー
 PUBLIC DESIGN #2 サードプレイスのつくり方/公共空間を使い手目線で考える
                   
日時:7月31日(日)15:00-17:30
場所:松楠居(しょうなんきょ) 中央区大名2-1-16
会費:無料
定員:30名
申し込み:氏名・所属・懇親会参加の有無を明記の上、下記メールアドレス宛に7/27(水)までにお申込み下さい。
judi-q(at)or.tv
※(at)を@にかえてお送りください
詳細:http://judi-q.or.tv/notice_new.html#1602

プログラム
■「アイがうまれる、まちなか広場。」
  山下裕子(広場二スト/全国まちなか広場研究会/NPO法人GPネットワーク)
■「『歩いて楽しいまち=天神』の具現化に向けた取り組み」
  西海哲哉(日建設計 九州オフィス)
■みんなでディスカッション
  「福岡都心の居心地のイイ 場所って...。」
 ※セミナー終了後、講師を囲んでの懇親会@大名界隈を予定
---------------------------------------------------------------------
◎学芸出版社の本
『つながるカフェ コミュニティの〈場〉をつくる方法』
山納洋 著
事例をもとに考える場づくりの機微と方法論
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1361-0.htm
『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』
馬場正尊/Open A 著
退屈な公共空間を面白くするアイデアブック
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1332-0.htm

2016-07-20

比較住宅都市研究会 船橋市の住宅政策( 7/22/東京)

■比較住宅都市研究会 船橋市の住宅政策

日時:2016年7月22日(金)18時30分〜20時30分
報告者:栗林紀子氏(船橋市建設局建築部住宅政策課長)
参加費:1000円(会場費、飲み物などの費用として利用します)
詳細&申込:
http://home.g08.itscom.net/ebizuka/

要旨:
 船橋市では、今年3月に、船橋市住生活基本計画(平成28〜32年度)と船橋市高齢
者居住安定確保計画(平成28〜32年度)を策定した。この二つの計画に基づいて、船
橋市の住宅事情と住宅政策の課題について報告いただき、議論する。

講師のプロフィール:。
 1983年船橋市役所入所。医療、福祉、保健、子育て支援等の部署を経て、2011年10
月より住宅政策課。2015年4月より現職。

船橋市住生活基本計画
http://www.city.funabashi.lg.jp/machi/juutaku/001/p043668_d/fil/juuseikatuki
honkeikaku.pdf
船橋市高齢者居住安定確保計画
http://www.city.funabashi.lg.jp/machi/juutaku/001/p043604_d/fil/keikaku.pdf
---------------------------------------------------------------------
◎学芸出版社の本
『近居 少子高齢社会の住まい・地域再生にどう活かすか』
大月 敏雄・住総研 編著
介護や子育て、「家族が地域に住む」時代へ
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1337-5.htm

シリーズ著者に聞く!『つながるカフェ』関連イベント 山納洋さん×坂倉杏介さん( 7.25 、東京)

■シリーズ 著者に聞く!『つながるカフェ』著者 山納洋さん、地域コミュニティの拠点「芝の家」坂倉杏介さんに聞く
 「どのようにして場は立ち上がるのか 〜地域とつながる場を生み出す〜」

日 時:2016年7月25日(月)18:30〜20:30
会 場:六本木アカデミーヒルズ
参加費:1500円
主 催:Go-Betweens、学芸出版社
詳細&お申し込み↓
http://peatix.com/event/181933

人は、“カフェ”にそこで起きるかもしれない出会いや経験に対する期待感を感じて集まります。
こうした期待感をどのようにプロデュースしたらいいのでしょうか。誰が来ても受け入れる“懐の深い場”は一体どのようにしたらできるのでしょうか。
common cafeプロデューサーの山納洋さん、三田の家LLP代表の坂倉杏介さんという二人の実践者から話を聞き、掘り下げます。

スピーカー
山納洋(やまのう・ひろし)common cafeプロデューサー
坂倉杏介(さかくら・きょうすけ)東京都市大学都市生活学部准教授、三田の家LLP代表
---------------------------------------------------------------------
◎関連書籍
『つながるカフェ コミュニティの〈場〉をつくる方法』
山納洋 著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1361-0.htm
『カフェという場のつくり方 自分らしい起業のススメ』
山納洋 著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1308-5.htm

2016-07-19

人口減少と高齢化のまちを蘇らせる〜もうオールドタウンと呼ばせない〜( 7.22 、姫路)

■第43回ひめじまちづくり喫茶
 『人口減少と高齢化のまちを蘇らせる
          〜もうオールドタウンと呼ばせない〜』

日時:2016年7月22日(金)18時30分〜20時30分
場所:納屋工房(姫路市本町68大手前第一ビル4階 TEL079-263-7878)
報告:山本茂さん(千里市民フォーラム 事務局長、千里・住まいの学校 事務局長)
参加費:1,000円(参加ご希望の方は事前にご予約ください)
懇親会:1,000円(セミナー終了後に同会場にて。ご予約ください)
申込み:納屋工房または篠原までご連絡ください
チームひめまち喫茶 篠原
e-mail yasushi.shino[あ]gmail.com 「あ」は@です
http://nayakobo.com/?page_id=207

□山本茂さんのプロフィール
1949年岡山県津山市生まれ。京都大学建築学科修士課程修了。株式会社ジャス・(財)生活環境問題研究所にて北大阪の地域計画・まちづくりに従事。2000年から千里の市民活動に参加。大阪大学特任助手、NPO法人千里・住まいの学校代表、兵庫丹波の森協会主任研究員、西脇市アドバイザー、千里市民フォーラム代表など歴任。専門:地域マネジメント。博士・技術士・一級建築士。著書:『ニュータウン再生』(学芸出版社)。趣味:山と料理。

□ゲストから一言
理想都市をめざして大阪北部に日本で最初につくられた千里ニュ−タウン。半世紀近くたって計画都市ゆえの問題が顕在化し“オールドタウン”と揶揄されました。しかし、この15年間の市民・行政・大学・企業の協働によって、若さを失わない成熟都市に生まれ変わりつつあります。
再生のキーワードは、フラット&オープン。都市計画関連の技術者として行政の仕事をするうちに、千里の街や人に出会い、早期退職したのちに市民・NPO人・専門家として千里に関わってきたこれまでをお話しします。最近関わっている丹波・北播磨などとの交流にも触れられればと思います。

---------------------------------------------------------------------
◎学芸出版社の本
山本茂著『ニュータウン再生』
 品切れです。中古品は下記
 http://amzn.to/2ah7NV4

都市持続性評価の実務と研究に関するワークショップ( 8.17 、8 .18 東京)

■都市持続性評価の実務と研究に関するワークショップ

日時:2016年8月17日(水)・18日(木)
場所:東京大学本郷キャンパス工学部14号館141講義室(アクセス)
共催:国際影響評価学会(IAIA)日本支部
   グローバルカーボンプロジェクトつくば国際オフィス
   (その他調整中)
協力:東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻都市計画研究室
言語:英語/日本語(通訳なし)
対象:まちづくり、環境影響評価、都市持続性等に関心のある実務者、研究者、学生
定員:80名
参加:参加費無料、要申込詳細は末尾参照)
詳細はこちら:
http://up.t.u-tokyo.ac.jp/%7eevent/urban-sustainability-assessment/

趣旨:
近年、世界各国で新市街地の開発や既成市街地の再生に関わる計画を持続可能性の各視点から評価する取り組みがなされており、その中心的役割を果たす持続性評価ツールの開発・適用が盛んになっている。
日本のCASBEE-街区や米国のLEED for Neighborhood Developmentもこうしたツールの1つである。
人口減少・超高齢社会の日本の都市では、既成市街地の再生を通じて、その持続性を高めることが要請されており、その実現のためには、持続性の環境的側面のみならず、社会的側面や経済的側面も含めた総合的な持続性評価が必要である。
本ワークショップでは、米国のLEED for Neighborhood Developmentの共同開発者であり、2007年以降、世界中の200を超えるLEED-ND認証のレビューを指揮してきたEliot Allen氏(コンサルタント会社Criterion Planners)をはじめ、この分野の実務家・研究者とともに、都市持続性評価ツールの実務と研究に関する最新情報を共有し、日本の既成市街地における都市持続性評価ツールの適用可能性について議論する。

---------------------------------------------------------------------
◎学芸出版社の本
『都市・地域の持続可能性アセスメント
         人口減少時代のプランニングシステム』
原科 幸彦 編著 小泉 秀樹 編著
総合的、長期的地域づくりの不可欠な手法
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3218-5.htm

学生参加者募集!建築学会シャレットワークショップ in 大分・杵築 2016 (★申込締切:7 /25  ワークショップ:8 /17-8/22 )

■学生参加者募集!建築学会シャレットワークショップin大分・杵築2016

開催概要
◯ワークショップ:期間 8月17日(水)〜8月21日(日)、22日(月)午前解散、
会場 大分県杵築市内
◯大会作品展示:8月24日(水)〜26日(金)
福岡大学2号館1階ロビー、その他
◯大会・講評会:8月25日(木)15:00〜17:00
福岡大学 2号館222室

杵築市は、大分県東部の大分市と別府湾を挟んだ国東半島の南端部に位置し、人口3万人の地方小都市である。江戸
時代は杵築藩松平氏3万2000石の城下町として栄え、廃藩置県まで国東半島の政治・経済の中心地であった。
杵築城を中心とした旧城下町は、南北2つの高台に土塀の連なる武家屋敷を配置し、双方の高台から谷間へ続く坂
道や、谷間にある商町家が並ぶ通りは、今も当時の面影を残し、またその特徴的な景観や都市構造は、
「坂道の城下町」や「サンドイッチ型城下町」と称されている。
これからの杵築市では、城下町や武家屋敷、商町家などの歴史的景観資源をマネジメントしつつも、人口減少・高
齢化社会の課題に対応し、地域の魅力を高め人々の居場所となるような商いのあるストリート、豊かな暮らしを送る
住環境のあり方等に呼応するような空間像や将来ビジョンが求められている。
そこで、本シャレットワークショップでは、4泊5日の短期集中期間の中で、全国から選ばれた都市・建築系大学
院生・学生が時間と空間を共にしつつ、地域の方々や専門家と討論しながら、実践的な計画・デザインを行い、地域
に提案するものである。杵築市の歴史的文脈と現状の課題を把握し、これからの都市ビジョンや空間デザインを提示する。

◯講 師:
小林正美(明治大学教授)、鵤心治(山口大学教授)、岡絵理子(関西大学教授)、北原啓司(弘前大学教授)、
小浦久子(神戸芸術工科大学教授)、野澤康(工学院大学教授)、野嶋慎二(福井大学教授)、姫野由香(大分大学助教)他(予定)

◯会費:20,000円(参加費10,000円+宿泊費10,000円)
◯募集人数:学生30人程度(大学院生、学部生を問わず)

■申込方法:
下記に必要事項を記入し、申込手続きを行ってください。
参加申込者には、「プロフィールシート」のフォーマットを下記ホームページよりダウンロードし、下記期限までに送付ください。
応募者多数の場合は、プロフィールシートによる選抜の可能性があります。
http://urbandesignsupport.com/wp/participant_charettews_kitsuki/
---------------------------------------------------------------------
◎学芸出版社の本
★発売1か月で、3版決定!
『ポートランド 世界で一番住みたい街をつくる』
山崎満広 著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2623-8.htm
『図説 都市空間の構想力』
東京大学都市デザイン研究室編 西村幸夫、中島 直人他著
建築・都市デザイン・まちづくりの拠り所
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3220-8.htm

『ローカルメディアのつくりかた』刊行記念トークショー(8.6、大阪/7.24、京都)

『ローカルメディアのつくりかた』刊行記念
影山裕樹×原田祐馬トークショー

━趣旨
全国各地のフリーペーパー、雑誌などのつくり手たちに取材した『ローカルメディアのつくりかた』刊行を記念し、著者の影山裕樹さん、本書の装丁を行ったUMA/design farmの原田祐馬さんをお招きしてトークショーを開催します。
なぜいまローカルメディアなのか?本書で取り上げられなかった事例も含めて、著者の影山さんがこれまで取材してきたエピソードを紹介していく予定です。そして、「naranara」や「paperC」など、自身も各地のローカルメディアの制作に関わっている原田さんと、ローカルメディアづくりの秘訣を探ります。

※当日、会場では著者の影山さんが集めてきた各地のフリーペーパーや雑誌、原田さんが手がけたローカルメディアをお手に取ってご覧いただけます。

━概要
日 時:2016年8月6日(土)12:00〜14:00頃(開場11:15)
会 場:スタンダードブックストア 心斎橋 BFカフェ
出 演:影山裕樹(編集者、プランニング・エディター)
    原田祐馬(UMA/design farm代表)
    中川和彦(スタンダードブックストア代表)
料 金:1.1500円(トーク+1ドリンク)
    2.1000円(トーク+1ドリンク)+書籍2160円(税込)=3160円(税込)
※チケットは2種類ございます。チケット2は、チケット1より、イベント代が500円お得です。
申込み:スタンダードブックストア心斎橋へのお電話、ご来店、メールにて。

詳細&お申し込みはこちら↓
http://www.standardbookstore.com/archives/66221660.html

◎関連書籍
『ローカルメディアのつくりかた 人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通』
影山裕樹 著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1362-7.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★今週末★京都「ホホホ座」でもイベントが開催されます!

『ローカルメディアのつくりかた』対談
影山裕樹×西屋真司(雑誌『kalas』発行人)

━趣旨
地方発信メディアを紹介した書籍『ローカルメディアのつくりかた』を発表した影山裕樹さんと、三重県津市で小冊子『kalas』を10年間発行を続けている編集長・西屋真司さんが、地方発メディアの可能性と持続のコツを披露します。

━概要
日 時:7月24日(日)20:00〜(開場19:30)
出 演:影山裕樹(編集者)
    西屋真司(雑誌『kalas発行人』)
会 場:ホホホ座
料 金:1000円(ホホホ座1階500円商品券付)

お申込み・詳細はこちら↓
http://hohohoza.com/news/1394

━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 7月のリツイートキャンペーン『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ』
↓URLをリツイート!抽選で1名様に1冊プレゼント
https://t.co/vQRbYVxELZ

2016-07-15

地方創生フォーラム 2 016  木下斉さん他登壇 (8/5 金沢)

■地方創生フォーラム 2016 金沢

日程:8月5日(金) 10:00〜17:00 開場9:30
会場:ANAクラウンプラザホテル金沢 アクセスマップ
定員:100名
詳細&申込
http://koukin.yahoo.co.jp/forum/2016/kanazawa/

◎主なプログラム(一部を抜粋)
「新幹線後の金沢のまちづくり」
山野 之義 様(金沢市 市長)

「稼ぐまちの作り方-縮小時代に勝つ自治体の鉄則-」
木下 斉 様(一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス 代表理事)

「ふるさと納税の現状と地域活用事例のご紹介」
高松 俊和 様(株式会社さとふる 取締役)

「市民と行政が交流・協働するプラットホーム"シビックテック"による地方創生」
福島 健一郎 様(一般社団法人コード・フォー・カナザワ 代表理事)
---------------------------------------------------------------------
◎学芸出版社の本
『まちで闘う方法論  自己成長なくして、地域再生なし』
木下 斉 著
結果を出す人になるための思考、経験、技術
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1359-7.htm

『つながるカフェ コミュニティの〈場〉をつくる方法』著者・山納洋さんと鼎談トーク 〜〈創発〉は、どんな〈場〉から生まれるのか?〜(7 /30  大阪)

■『つながるカフェ コミュニティの〈場〉をつくる方法』著者・山納洋さんと鼎談トーク
 〜〈創発〉は、どんな〈場〉から生まれるのか?〜

日 時:2016年7月30日(土)14:00〜16:00
会 場:りそな銀行枚方支店ホール(枚方T-SITE 7階)
定 員:40名
参加費:無料
詳細&申込
https://www.facebook.com/events/516407171902898/

大阪ガスの職員にして、common cafeプロデューサーの山納洋さんが『つながるカフェ コミュニティの〈場〉をつくる方法』発刊されました。
これを機会に、フォーマル、インフォーマルを問わず「場づくり」をしているりそな銀行の藤原明さんと
大阪府庁の領家誠さんが呼びかけ、このたび鼎談が実現しました。

━登壇者
・山納洋(やまのう・ひろし)common cafeプロデューサー
・藤原明(ふじわら・あきら)りそな総合研究所・リーナルビジネス部長
・領家誠(りょうけ・まこと)大阪府商工労働部経営支援課長
---------------------------------------------------------------------
◎関連書籍
『つながるカフェ コミュニティの〈場〉をつくる方法』
山納洋 著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1361-0.htm

『カフェという場のつくり方 自分らしい起業のススメ』
山納洋 著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1308-5.htm

『直感で理解する!構造設計の基本』出版記念レクチャー(8.5、大阪)

日本建築協会 出版委員会企画 第38回〈プロのノウハウ〉講座
『直感で理解する! 構造設計の基本』

━趣旨
構造設計の入門書や解説書はたくさんありますが、計算方法の解説が多く、実際に造る建築物の視点から構造設計を解説した本はありません。筆者は30年以上、大手設計事務所の構造設計実務に携わり、その傍らで大学の非常勤講師として講義を行ってこられました。難しい数式ではなく、感性に響く講義を心掛けてこられた経験を生かしてまとめた内容となっています。
デザイナー・意匠設計者、現場施工技術者の方にも構造設計との係わりを理解する上で解り易く、お勧めしたい内容です。実務に役立てて頂けることと確信いたしております。
本講演会に参加頂き、構造的な感性を磨く力を付けて頂ければと存じます。

━概要
日 時:2016年8月5日(金)18:00〜20:00
会 場:TOTOテクニカルセンター大阪(大阪市中央区久太郎町3-6-8)
講 師:山浦晋弘
定 員:50名
参加費:日本建築協会会員/1000円、一般/1500円、学生/1000円

★テキストは『直感で理解する! 構造設計の基本』を使用します。
 当日、定価2592円(税込)を、特価2300円(税込)でご提供します。

詳細&お申し込みはこちら↓
http://www.aaj.or.jp/events/seminar/160805.html

◎関連書籍
『直感で理解する!構造設計の基本』
山浦晋弘・著、日本建築協会・企画
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2619-1.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★第2回「これからの建築士賞」の審査員講評が公開されました★

『建築と不動産のあいだ』著者・高橋寿太郎さんや、代官山蔦屋書店の坂山毅彦さんらが受賞された第2回「これからの建築士賞」。審査員の中村勉さん、岡部明子さん、吉良森子さん、倉方俊輔さん、山崎亮さんによる審査講評が公開されています。
http://www.tokyokenchikushikai.or.jp/jigyo_event/korekara-vol.2.pdf

◎関連書籍
『これからの建築士 職能を拡げる17の取り組み』
倉方俊輔、吉良森子、中村勉・編著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2616-0.htm

『建築と不動産のあいだ そこにある価値を見つける不動産思考術』
高橋寿太郎・著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2594-1.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 7月のリツイートキャンペーン『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ』
↓URLをリツイート!抽選で1名様に1冊プレゼント
https://t.co/vQRbYVxELZ

2016-07-14

特別研究会「熊本地震の実相報告と復興への手がかり」 (7/17 東京 )

■特別研究会「熊本地震の実相報告と復興への手がかり」

日時:2016年7月17日(日)14:30〜17:30
場所:旭化成ファミリーホール(西新宿1−24−1エステック情報ビル9F)
会費:一般:1000円会員・学生:500円・賛助会員:無料
詳細&申込:
http://www.relife.or.jp/

連日の震度7によりまちはどのように破壊されたか、住民はどのように行動したか、そのときの自治体と政府の対応は、復旧・復興の道筋は…。
熊本地震の実相を、現地在住のジャーナリストとまちづくりコンサルタントをお招きして、多面的に検証する。
また併せて、被災地の復興の道筋をどのように探っていくべきか、中越地震や東日本大震災の被災地の復興の現実を振り返りながら考えていきたい。

○講師
コーディネーター 中林 一樹(明治大学大学院特任教授、り・らいふ研究会理事長)
報告者清田秀孝(熊本在住:熊本日日新聞地方部次長)
富士川一裕(熊本在住:NPO日本都市計画家協会理事)
石川永子(横浜市立大学准教授)
江田隆三(株式会社地域計画連合代表取締役、り・らいふ研究会副理事長)
---------------------------------------------------------------------
◎熊本県・大分県で被災された学校の先生・学生の皆様へ
この度の熊本地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
学芸出版社では、大学、高専、専門学校、高校等の学校教科書として弊社書籍をご購入いただいた方で、
地震被害(汚損・破損・水濡れ等)により本が使えなくなった学生の皆さまに対し、代替品の発送を行うことといたしました。
詳細|http://www.gakugei-pub.jp/top/kumamoto/kumamotofukko.htm

【復旧・復興関連の資料を公開中】
被災地の皆さまに少しでもお役に立つことができればとの気持ちから、
当社の復旧・復興関連の書籍・資料を、著者の皆様のご協力のもと公開しています。
災害からの復旧・復興関連資料
http://www.gakugei-pub.jp/higasi/index-main.htm
末筆ながら、被災地の一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。

「山とまちと木造建築」シンポジウム 『新しい木造〜京都での都市木造、どうする、何ができる?〜』( 7/18  京都)

■「山とまちと木造建築」シンポジウム
 『新しい木造〜京都での都市木造、どうする、何ができる?〜』

日時:2016年7月18日(月・祝) 午後2:00〜4:30《受付は午後1:30より》
場所:ひと・まち交流館 京都 地階京都市景観・まちづくりセンターワークショップルーム
詳細&申込:
https://www.facebook.com/yama.machi.kenchiku/?fref=nf

CLTや耐火構造など、いま木造は都市においても様々なかたちで広がっています。
国が進める公共建築での木造利用促進の報告や、無垢材の内部・外部利用の実際、
地域産材を使った低層店舗(コンビニ)での利用について等の報告から、京都での可能性を探ります。

<内容>
1)報告「官庁施設における木材利用について」
秋山伸一氏(近畿地方整備局営繕部整備課)
公共建築物等木材利用促進法の進捗状況、今後の展望

2)報告「内外仕上げでの木材利用」
河井敏明氏(建築家)
ビル外壁に木材を利用した長谷ビル四条など、まざまなかたちでの木材利活用

3)報告「低層店舗などでの木造展開」
井上国雄氏(株式会社キーテック)
国産材利用によるコンビニ店舗施工企業担当者
地域産カラマツLVLを使った取り組み、非住宅分野での新たなる展開

4)報告者3名によるパネルディスカッション
進行:高田光雄氏
---------------------------------------------------------------------
◎学芸出版社の本
『木がわかる  知っておきたい木材の知識』
佐道 健 著
本当に活かせてますか?素材の特色、木の力
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-2257-7.htm
『伝統木造建築を読み解く』
村田健一 著
古建築に宿る知恵と技、強さと美しさの源流
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-1219-9.htm

3331 クリエイティブ・オフィス「司 3331 」オープニングトーク(2) 馬場正尊×佐藤直樹トーク「メディアとエリアリノベーション」( 7/18  東京)

■3331クリエイティブ・オフィス「司3331」オープニングトーク(2)
 馬場正尊×佐藤直樹トーク 「メディアとエリアリノベーション」

日時:7月18日(月・祝)14:00-15:30
場所:司3331(千代田区神田司町2-19)1Fシェアラウンジ
定員:30名(先着順 残席わずか)
会費:無料
主催:合同会社コマンドA(アーツ千代田 3331運営団体)
詳細&申込:
http://www.3331.jp/news/201607/003445.html

日本橋界隈で展開した一大エリアリノベーションプロジェクト『CET(セントラルイースト東京)』の
仕掛人、馬場正尊さん(建築家)と佐藤直樹さん(アートディレクター/デザイナー)のお二人をお招きします。
CETが終了して6年経過した今のCETエリア。お二人にはどのように見えているのでしょうか?
まちづくり、コミュニティづくりに興味のあるかたはぜひご参加ください。
--------------------------------------------------------------------------
◎関連書籍
『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ』
馬場正尊、Open A 編著、明石卓巳、小山隆輝、加藤寛之、豊田雅子、倉石智典、嶋田洋平 著
6都市の先駆者が語る、街を変える方法論
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2622-1.htm
● 7月のリツイートキャンペーン『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ』
↓URLをリツイート!抽選で1名様に1冊プレゼント
https://t.co/vQRbYVxELZ

2016-07-13

『つながるカフェ』出版記念トーク(7.30、大阪・枚方T-SITE)

『つながるカフェ コミュニティの〈場〉をつくる方法』著者・山納洋さんと鼎談トーク
〜〈創発〉は、どんな〈場〉から生まれるのか?〜

━趣旨
大阪ガスの職員にして、common cafeプロデューサーの山納洋さんが『つながるカフェ コミュニティの〈場〉をつくる方法』発刊されました。
これを機会に、フォーマル、インフォーマルを問わず「場づくり」をしているりそな銀行の藤原明さんと大阪府庁の領家誠さんが呼びかけ、このたび鼎談が実現しました。

━概要
日 時:2016年7月30日(土)14:00〜16:00
会 場:りそな銀行枚方支店ホール(枚方T-SITE 7階)
定 員:40名
参加費:無料

詳細&お申し込みはこちら↓
https://www.facebook.com/events/516407171902898/

━登壇者
・山納洋(やまのう・ひろし)common cafeプロデューサー
・藤原明(ふじわら・あきら)りそな総合研究所・リーナルビジネス部長
・領家誠(りょうけ・まこと)大阪府商工労働部経営支援課長

◎関連書籍
『つながるカフェ コミュニティの〈場〉をつくる方法』
山納洋 著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1361-0.htm

『カフェという場のつくり方 自分らしい起業のススメ』
山納洋 著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1308-5.htm

・・・・・・・・・・
★『エリアリノベーション』馬場正尊さん×デザイナー・佐藤直樹さん対談(7.18、東京)
「メディアとエリアリノベーション」

━趣旨
3331クリエイティブ・オフィス「司3331」オープン記念トークイベント第二弾は、日本橋界隈で展開した一大エリアリノベーションプロジェクト『CET(セントラルイースト東京)』の仕掛人、馬場正尊さん(建築家)と佐藤直樹さん(アートディレクター/デザイナー)のお二人をお招きします。
CETが終了して6年経過した今のCETエリア。お二人にはどのように見えているのでしょうか?まちづくり、コミュニティづくりに興味のあるかたはぜひご参加ください。

日 時:2016年7月18日(月・祝)14:00〜15:30
会 場:司3331(千代田区神田司町2-19)1Fシェアラウンジ

詳細&お申し込みはこちら↓ ※要予約
http://www.3331.jp/news/201607/003445.html

◎関連書籍
『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ』
馬場正尊+Open A 編著
明石卓巳・小山隆輝・加藤寛之・豊田雅子・倉石智典・嶋田洋平 著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2622-1.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━
★対談レポート★
先月、代官山蔦屋書店にて開催された、馬場正尊さんと山崎満広さんの対談レポートをアップしました。
『エリアリノベーション』『ポートランド』の両著者が、それぞれの書籍を紐解きつつ、人々が暮らしたくなる街のつくり方のヒントを語っています。

「日本とポートランドのエリアリノベーション」馬場正尊×山崎満広
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/syohyo/index.htm

● 7月のリツイートキャンペーン『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ』
↓URLをリツイート!抽選で1名様に1冊プレゼント
https://t.co/vQRbYVxELZ

京都のまちづくりのありかたーまちづくりアドバイザーの立場からー(7 /26  京都)

■京都のまちづくりのありかたーまちづくりアドバイザーの立場からー

日時:7月26日(火)17:30-19:00
場所:市民大学院(旧成徳中学校2階 京都市下京区高辻通室町西入る繁昌町290番地 )
定員:先着20名様
会費:無料
お申し込み方法:下記アドレスあて お名前、お年、ご職業、ご所属記入の上お申し込みお願いいたします。
市民大学院 京都まちづくり学 事務局 赤崎盛久 Email:zak00336(at)ybb.ne.jp
(at)を@に替えてお送りください
詳細&申込:http://bit.ly/29lCFly

テーマ 「京都のまちづくりのありかたーまちづくりアドバイザーの立場からー」
講師 松井朋子氏 市文化市民局自治推進室 まちづくりアドバイザー
---------------------------------------------------------------------
◎学芸出版社の本
『自治体文化政策 まち創生の現場から』
平竹 耕三 著
地域資源を最大限に活用するための手法
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2617-7.htm

第 18 回観光まちづくりセミナー「スポーツツーリズムによる地域活性化」〜 2020 年後を見すえたまちづくり〜( 8/3  東京)

■第18回 観光まちづくりセミナー 「スポーツツーリズムによる地域活性化」(仮題)
 〜2020年後を見すえたまちづくり〜
                          
講師:原田 宗彦氏 (早稲田大学スポーツ科学学術院教授、
        一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構代表理事、日本スポーツマネジメント学会会長、Jリーグ理事)
日時:2016/08/03 18:30〜20:30
会場:東京都千代田区神田錦町三丁目22番地 (テラススクエア 16階)
定員:80名
会費:無料
詳細&申込:
http://bit.ly/28XVk9t

先ごろ、『スポーツ都市戦略2020年後を見すえたまちづくり』を出版された原田先生をお迎えし、
スポーツによる地域振興、特に2020年を一つの節目として、それまでに、またその後に向けて、何を進め、何をしかけていけばよいのかなどをお話頂きます。
スポーツや健康をまちづくりの中にどう取り込み、交流人口の拡大、
住民の健康づくり、地域の活力向上につなげていくか、参加者の皆さんとともに考えていきます。
-----------------------------------------------------------------------------------
◎関連書籍
『スポーツ都市戦略  2020年後を見すえたまちづくり』
原田 宗彦 著
持続的効果的なスポーツ政策の進め方を説く
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2618-4.htm

2016-07-12

「シリーズ 著者に聞く!」第 3 回 「都市の水辺アクションの最新情報」泉英明さん×山根秀宣さん( 7/27  大阪)

■まちライブラリー公開イベント「シリーズ 著者に聞く!」第3回
「都市の水辺アクションの最新情報」
『都市を変える水辺アクション』著者・泉英明さん、北浜テラス・山根秀宣さんに聞く
                        
日 時:2016年7月27日(水)18:30〜20:30
参加費:1500円(ドリンク付)
定 員:40名
会 場:まちライブラリー@もりのみやキューズモール
    (大阪府大阪市中央区森ノ宮中央2丁目1-70)
主 催:まちライブラリー、Go-Betweens
協 力:学芸出版社
詳細&お申し込みはこちら↓
http://machi-library.org/event/detail/2229/

本の著者を招いて直接質問をぶつけ、本には収めきれなかった知識や経験を聞きだそう
という試みの本シリーズ。
今回は、「水辺アクションの最前線」をテーマに、『都市を変える水辺アクション』で
取り上げれたている北浜テラスをはじめとする水都大阪の活動の進捗や新しい仕掛けを
ご紹介いただきます。また、日本・世界で注目の最新・水辺アクションも見逃せません。

◎スピーカー
泉 英明:有限会社ハートビートプラン代表取締役
山根秀宣:北浜水辺協議会前事務局長
-----------------------------------------------------------------------------------
◎関連書籍
『都市を変える水辺アクション』泉英明・嘉名光市・武田重昭編著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2608-5.htm

景観セミナー「北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み」開催のご案内( 7/23 千葉)

■景観セミナー「北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み」
                  
日時:平成28年7月23日(土)13:00〜16:30
場所:成田市文化芸術センター スカイタウンホール (成田市花崎町828-11)
定員:200名(申込先着順)
詳細&申込
http://bit.ly/29Aslrv

この度、佐倉・成田・佐原・銚子が、「北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み」として、千葉県内初となる「日本遺産」に登録されました。
この「江戸を感じる北総の町並み」をテーマに、江戸の暮らしや経済を支えた、城下町の佐倉、
門前町の成田、商家の町の佐原、漁港・港町の銚子における歴史を活かしたまちづくりについて、景観セミナーを開催します。
このセミナーを通じて、地域の個性を活かした良好な景観の形成について学び、観光やまちづくりなどに活かしてみませんか。
是非お越しください。

プログラム
基調講演「歴史的資産を活かしたまちのブランディング」講師:池邊このみ 氏 (千葉大学教授)
日本遺産の紹介
パネルディスカッション
 コーディネーター:池邊このみ 氏(千葉大学教授)
 パネリスト:
  鳥海孝範 氏(佐倉市「おもてなしラボ」主宰)
  下田祥三 氏(成田市上町街づくり協議会会長)
  大崎美緒 氏、齋藤 綾 氏、下谷 祐平 氏(千葉県立佐原高等学校「さわラボ」)
  向後功作 氏(前銚子市観光プロデューサー、総務省地域力創造アドバイザー)
---------------------------------------------------------------------
◎学芸出版社の本
『観光のユニバーサルデザイン  歴史都市と世界遺産のバリアフリー』
秋山哲男・松原悟朗・清水政司 他著
資源を保全し、観光地の魅力を高める取組み
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2483-8.htm
『景観まちづくり最前線』
自治体景観政策研究会 編
わがまちの実情にあった施策をどう進めるか
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-4085-2.htm