映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-05-08 キャンプ

gakus2004-05-08

 来月公開予定という青春映画「キャンプ」を観る。

 ミュージカルスターを育てることを目的としたサマーキャンプ。そこに集った若者たちが、恋したり、友情を育んだりしながら、成長してゆくというお話。一歩間違えれば、テレ臭くなりそうな思春期モノだが、出てくる連中が“スターになるのは厳しいのでは?”と思えるようなルックスの若人ばかり…という点にリアルを感じ、好感が持てた。というかイタかったですよ、何の根拠もなく“俺って特別なんだ"的な自我を抱き、若い頃を過ごしたことのあるダメ人間には。

 アメリカ製インディーズ映画なのに、ワンダー・スタッフの『SIZE OF A COW』が使われていたことに、まず驚く。2度フィーチャーされたうち、最初はイントロだけでずっこけたが、2度目は小音ながらマイルス・ハントの歌声も聞けたので、意味もなくホッとする。他にはレインディア・セクション、スノー・パトロールなどのジープスターレーベルのアーティストのナンバーが使われていて、選曲がUK寄り。物語の終幕はオアシスだったし。あとは、ドン・ディクソンがアル中の講師役で出演していたことにもビックリ。見事に禿げ上がっちゃって…。

 ミュージカルスターを目指す若者たちの物語だけあって、登場人物が皆歌を歌っている(最後はトッド・ラングレンの曲も!)んだけど、もっとも印象的だったのは、主人公(この人だけ、わりとイケメン)がギターで弾き語るローリング・ストーンズの『WILD HORSES』。“荒馬でも俺を連れ去れはしなかった…"というタフガイ節の詞を持つ、フォーキーな、あの曲ですね。しかし、実際の主人公は一見、頼りがいがあるように見えて実は優柔不断で、悩みも多く、精神的にも決してタフではない、というのがミソ。荒馬をのりこなすような特別な存在に憧れても、なかなかなれるもんじゃない、という現実は、やはりイタい。

 写真はドン・ディクソン、1985年のファースト・ソロアルバム。ここからも曲が起用されてます。

murayamamurayama 2004/06/10 23:20 「キャンプ」には、僕が敬愛するリプレイスメンツの“SKYWAY”も2度ほど使われていて、ついついほほえんでしまいました。「ほほえみ」って柄でもないですが……。映画でリプレイスメンツ(及びポール・ウェスターバーグ)がかかる度に、世界にもまだ仲間がいると、ホッとしている次第であります。

gakusgakus 2004/06/11 01:44 あの弾き語りの曲も、確かに印象的でした。ポール・ウェスターバーグというと、「シングルス」ですかね。あの映画で使われてる2曲は、どちらも大好きです。

muramura 2004/06/11 02:41 C・クロウはウェスターバーグの大ファンで「シングルス」のサントラを依頼したけど、ちゃんと完成させられず

muramura 2004/06/11 02:49 (上からの続き)中途半端に曲提供という形になったというウワサを聞きました。クロウ作品以外でウェスターバーグの声が聞けたのは、「私はうつ依存症の女」と「フィーリング・ミネソタ」くらいですかねえ。

gakusgakus 2004/06/11 03:05 なるほど。リブレイスメンツ、ってアメリカの音楽ジャーナリスが好みそうなバンドですよね。上記2作品は観てないや…ヤバ。