映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-05-22 普通じゃない

gakus2004-05-22

 アッシュ/ASHの新譜『MELTDOWN』がメチャクチャ良い。メロディーの良さは相変わらずだし、疾走感もあればテンションも高め。これが4枚目のアルバムだが、良い意味で前3作の流れを汲んでいる。音楽的な変化を求めると称して、持ち味を殺してしまうほど変化してしまうバンドもいるけれど、アッシュは裏切らない。成長していないという意味ではなく、根っこがしっかりしているということ。国内盤にはボーナスCDとして、ライブ盤が収録されているが、過去の曲も新曲も同次元で演奏することができるのは、彼らならではだろう。

 そのライブCDにも収録されている『A LIFE LESS ORDINARY』は、ご存知のとおり、「普通じゃない(原題 A LIFE LESS ORDINARY)」(監督ダニー・ボイル、出演ユアン・マクレガーキャメロン・ディアス)のために書き下された曲。この曲がアッシュのナンバーでは一番好きというファンも多いと思うが、私もそのひとり。つんのめるような勢いと、泣きのメロディー。イントロ後のドラムの入りもツボを心得ていて文句なしだ。が、しかし…。

 最近は日米同時公開の映画も多くなったが、基本的に本国と日本では公開のタイムラグがあり、サントラ盤が日本公開より早く聴けるケースは多い。『A LIFE LESS ORDINARY』を初めて聴いたときも、まだ映画の日本公開は決まっていなかった。しかし、時すでにインターネット時代、情報がまわるのは早い。なんたって「トレインスポッティング」でロックを効果的に使ったダニー・ボイル監督の、新作からの曲。サントラからの最初のシングルカットで、そのうえ、メチャクチャよい曲となれば、どんな使われ方をするのか嫌でも興味をそそられる。しかし、である。主人公カップルの逃亡シーンで、チラっと流れただけ。しかも間奏のみ! タイトルトラックだから主題歌級の扱いと思いきや、それ以下である。サントラに入っていないオアシスの『ROUND ARE WAY』が主題歌扱いというのも癪にさわった(いい曲ですけどね。そういえば、5月8日の日記に書いた「キャンプ」でも、この歌が使われていて、同じくエンディングでのフィーチャーだったな)。かなり落胆したけれど、映画がダメ男ストーリーとして楽しめたのは救いだった。

 サントラに入ってるのに劇中でフィーチャーされなかったり、予告編では流れたのに本編では使われなかったり…ということはロックの場合、よくあることだから慣れっこ。しかし、「普通じゃない」の場合は期待がデカかったぶん、落差も大きかった…なんてことを、ライブCDを聴きながら思い出した。

 明日から出張のため、更新を一週間ほど休みます。