映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-06-04 「歌え!ジャニス・ジョプリンのように」その2

gakus2004-06-04

 ロック満載のフランス映画「歌え!ジャニス・ジョプリンのように」に関するヒマネタの、昨日の続き。

 映画のエンディングにフィーチャーされるのは、最近再結成され、今年のフジロックへも出演するピクシーズPIXIESの『WHERE IS MY MIND?』。資料によると、監督は当初から“最後はこの曲しかない”と決めていたという。

 これを耳にしたとき、連想したのはデビッド・フィンチャー監督、主演ブラッド・ピットエドワード・ノートンの「ファイト・クラブ」。この映画のエンディングに起用されたのも、『WHERE IS MY MIND?』だった。

 「ファイト・クラブ」は殴り合いにより体を痛めつけることで、生を実感する若者の物語。そこには欲しいものが氾濫する物質社会のなかで、痛みに鈍感になり心を失ったしまった“病み”がみてとれる。“殴られる”痛みにしか自分を見出せないのだから、この“病み”は重症だ。ならば、すべてぶち壊してしまえ…というパンクなファンタジー。『WHERE IS MY MIND』(俺の心は何処に?)が流れるクライマックスにはグッときた。

 一方、「歌え!…」の主人公は破壊的ファンタジーを夢想するには歳をとりすぎている。妻子がいて、安定した仕事も持っている。生活にさしたる不満もない。しかし小さなストレスが蓄積していことは、冒頭のナレーションで早速明らかにされる。“宝クジを当てたい”“禁煙しよう”“社交的になろう”“笑顔で”などの多種スローガンをズラズラとまくしたてる部分。小市民的スローガンだが、そうなりたくても、なかなかなれない理想と現実のギャップ。それが主人公の心を少しずつ、確実に圧迫していることがわかる。彼は忙しすぎて、“痛み”を解放するヒマも心の余裕もない。

 物語は、この後、出来心で横領してしまい、窮地に追い込まれた主人公の悪戦苦闘へと発展。そして昨日書いた、妻がジャニスに変身する話につながり、夫はもはや手な負えなくなった事態に消耗するハメになる。彼の“MIND”がどこにあるのかは、観てのお楽しみ。「ファイト・クラブ」の後では二番煎じ的ではあるけれど、ここでの『WHERE IS MY MIND』のフィーチャーも、かなり説得力がある。

 「ファイト・クラブ」の主人公は若くしてMINDを見失ってしまうが、「歌え!…」の方は、かつてMINDがあった場所を知っているから、まだ救いがある…という見方もできる。腹をくくった回数が多いぶん、ファンタジーを夢想する必要がないのだ。あっ、これが歳の功か。

 ネタバレ回避のつもりで書いてたら、ヒマネタどころかワケわかんなくなっちゃった。難しいことをダラダラ書きましたが、これ本当にコメディーです。笑えます。

 あー、それとフジロック、今年は3日間通し券しか売らないだって!? 平日身動きのとれない社会人からぼったくるな! せめてPIXIESの単独公演を…。写真は『WHERE IS MY MIND』収録のファースト『SURFER ROSA』。


ファイト・クラブ [DVD]

ファイト・クラブ [DVD]

えいが道えいが道 2004/06/12 02:27 未見ですが、「16歳の合衆国」にもピクシーズが使われているようです。チラシや予告編にも「挿入曲ピクシーズ」と大きくクレジットされてますよ。

gakusgakus 2004/06/12 03:06 初めまして(かな?)。貴重な情報、ありがとございます。何が起用されているのか楽しみ。後ほど公式HP覗いてみようと思います。

muramura 2004/06/18 03:19 ウィル・ファレル、ヴィンス・ヴォーン、ルーク・ウィルソン主演という『ズーランダー』人脈なビデオスルー・コメディ『アダルト♂スクール』は、観てみたら完全に『ファイトクラブ』のパロディでしたよ。殴り合うかわりにやることは、セクシー美女とのオイル濡れ濡れレスリングとかですけど。

gakusgakus 2004/06/19 22:15 それは観ないとヤバそうですな…。もうビデオ、出てるのかな。

muramura 2004/06/20 12:34 ビデオ、DVDは6月23日発売。内容的にはグダグダです!でも、色キチ役のジュリエット・ルイスがかなりよかったっす。

gakusgakus 2004/06/20 16:42 今週ですか。グダグタは嫌いじゃないので、期待大です。近所のレンタル店に入荷するかどうかが問題。