映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-06-05 さらに「歌え!ジャニス・ジョプリンのように」

gakus2004-06-05

 またまた続きです。

 T-REXの大名曲『COSMIC DANCER』が行き詰まった主人公の苦悩のシーンにかぶさるのは、なかなか効果的だった。楽曲の哀感がシークエンスにはまっていのたはもちろん、“生まれるまえから踊っていた、死んでも踊っていた”という歌詞は、人生の馬鹿騒ぎ的側面を象徴しているようにも思えた。

 この曲、確か『リトル・ダンサー』の冒頭でも使われていた、と記憶している。レコードプレーヤーの上にアルバム『ELECTRIC WARRIOR』があり、A面の2曲目に針が置かれて、この曲が流れ出す…というようなオープニングじゃなかったかな。バレエの道を志す少年の物語だから、“生まれるまえから踊っていた”は彼がナチュラル・ボーン・ダンサーであることを意味しているのだろう、と解釈した。

 マーク・ボランの書く詞は、勝手に解釈してくれ的なものが多く、このナンバーもそんな感じだが、それゆえ映画でも上記2パターン以外の起用法もあるだろう。極端な話、「死霊の盆踊り」のような映画にも合うかもしれない。