映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-06-06 「スパン」

gakus2004-06-06

 LAのヤク中たちのトコトン、情けない日常を描いた「スパン」(6月下旬公開)の話。

 いや、ホントに情けないほどのダメ人間ばかり。野良犬気取りさえできない、ダサい連中。停滞している生活から抜け出そうともせず、ドラッグの調合に失敗して部屋を吹き飛ばしたり、自分を捨てた恋人と“今もつきあっている”と電波的に言いふらしたり。それでも憎めないのは、そういう停滞にあぐらをかいて楽をしたがる部分が、自分の心の中に潜んでいるからかもしれない。

 元スマッシング・パンプキンズ、元ズワンのビリー・コーガンがアコギでスコアを作っている。初スコアとなった「スティグマータ」ではメジャースタジオの意向にそぐわなかったとかで、確か1〜2曲ぐらいしか劇中では使用されていなかったが、その点、ここでのスコアは文句なしに良い。寂れた感が程よく効いていて、メランコリックなボーカル曲も妙味。サントラが発売されていないことが、何とも残念だ。

 そのコーガンや、デビー・ハリー、ロブ・ハルフォードなどのミュージシャンが劇中でチラリと顔を見せているのも、ロックファンには面白い。ミッキー・ロークゲイ呼ばわりされ、殴られるハルフォードは、ちょっとかわいそうかも。

 写真は、スウェーデンのギターポップ・バンド、CAESARS PALACE(現在はCAESARS/シーザーズと改名)のアルバム『LOVE FOR THE STREETS』。とても大好きな一枚。「スパン」ではKISS等、あまたのロックチューンが使用されているが、マイナーなこのバンドの『JERK IT OUT』の起用には、ことさら反応してしまった。アメリカン・インディーズムービーであるこの映画で、なぜスウェーデンのさほどメジャーでない曲が…? と思ったら、監督がスウェーデン出身の方でした。パンプキンズ『TRY TRY TRY』のビデオを撮った人とのこと。


SPUN/スパン [DVD]

SPUN/スパン [DVD]