映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-06-09 Should I Stay or Should I Go?

gakus2004-06-09

 今日観た2本の映画には、偶然にも同じ曲が使用されていた。その曲は、クラッシュ/The Clashの『Should I Stay or Should I Go』。「歌え!ジャニス・ジョプリンのように」(6月3日の日記参照)、「アメリカン・スプレンダー」「スクール・オブ・ロック」など、最近やたらと映画でClashを耳にする。一昨年、急逝した故ジョー・ストラマーに敬意を表しての起用か。『Should I Stay〜』はミック・ジョーンズがボーカルをとった曲だが…。

 うち一本は、「CODE46」なる近未来SF劇。「24アワー・パーティ・ピープル」(この映画でもClashの『Jenny Jones』がかかってたな)のマイケル・ウィンターボトム監督の新作で、パペルと呼ばれる未来社会のパスポートの偽造事件を追う米国人捜査官(ティム・ロビンス)が、上海で、その犯人である女性(サマンサ・モートン)と恋におちる、という物語。SFとはいえ、かなり切ないラブストーリーで、ウィンターボトム作品の中では「I WANT YOU」に近い感触を残す。

 本題。『Should I Stay〜』はカラオケバーのシーンで酔っ払いが歌うのだが、この酔っ払い、どこかで見たことあるな…と思ったら…ミック・ジョーンズ!? 髪の毛が後退してはいるが、眼光の鋭さはまぎれもなく本人であった。レコードに吹き込んだ本人が、役の上とはいえカラオケで同じ曲を歌っている…なんてシチュエーションを見たのは、たぶん初めてだ。しかも、その歌い方にはミック独特の気張った感じが、まったくないし、ついでに覇気もない。この平板な歌唱、やっぱり演技?だよな…。

 一昨年、リバティーンズ/The Libertinesの傑作ファーストアルバムをプロデュースして、健在をアピールしたミック。額こそ広がったけれど、久しぶりに元気な姿を目にすることができたのは嬉しかった。というわけで、写真はこの曲や、「アメリカン・スプレンダー」に使用された『Know Your Right』、大ヒット曲『Rock The Casbah』(これも最近、何かの映画で聴いた気がする…)等を収録した1982年のアルバム『コンバット・ロック』。

 もうひとつの『Should I Stay〜』使用映画については、また明日…。

muramura 2004/09/13 02:05 某誌でも書いたのですが、ミック・ジョーンズ起用の裏話を聞いたのでここでもフォローさせてくだい。もともとウィンターボトムと知り合いで、インドロケの打ち上げパーティー中に「ミックに歌ってもらおうぜ!」みたいなその場のノリで電話したら、「やるやる」なんて言ってロンドンの撮影現場に遊びにきたのだとか。持つべきはもの有名人の友だちですな。

gakusgakus 2004/09/13 02:11 フォロー、ありがとうございました。ウィンターボトムとは、「24アワー・パーティ・ピーブル」のフッテージ使用許可でも取ったときに繋がったのかな…。先日リリースされたLIBERTINESの2ndアルバムも、とても良かったです。

muramura 2004/09/13 02:19 ミックはプロデュース業、ポール・シムノンはデザイナー(でしたっけ?)と元パンクスにもいろんな「再就職」があるものですね。さてトッパーよ、どこにいる?

gakusgakus 2004/09/13 02:26 確かシムノンはそうだったと思います。トッパーはどうしてるんでしょうね。ディーディー・ラモーンのように、まだヤク中だったらイヤですね。