映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-06-11 シュレック2

gakus2004-06-11

 現在全米で大ヒット中の「シュレック2」のお話。

 前作でフィオナ姫と結ばれた沼地の怪物シュレックが、姫の両親の祝福を受けるため、ふたりで城へと向かうことになる。しかし、王様はシュレックの醜い容姿に不満げ。シュレックはシュレックで、“どうせ俺は怪物だから”とヒネクレる。そこにつけこみ、プリンス・チャーミングが、魔法薬の専門家である母親の後押しを受け、フィオナのハートを射止めようとする。

“メデタシ、メデタシ(=Happy ever after)”というディズニー的お決まりのパターンへの痛烈な風刺として、前作は語り草になったが、今回はある意味、それを超えたのでは…。ファンタジーそのものに加えて、それに毒されがちな人間の心理にも言及しているのだ。シンデレラ・コンプレックスというか、とかく若いうちは、とりわけ恋愛・結婚面において崇高な理想に固執し、Happy ever afterなものを求める。または、逆にシュレックのように、“どうせ私なんてさ…”と後向きになったり。どちらも現実がファンタジーに食われちゃっている。“そんなファンタジーは、もうたくさん!”と軽やかに言ってのけ、その基盤のうえに新次元のファンタジーを築いたのが「シュレック2」なのであります。

 ロック面では、やたらとカバーが多い。デビッド・ボウイの『CHANGES』の女性Vo..によるカバーは、魔法の薬による変身シーンで使われているけれど、このボーカル、けっこう苦しそう。実際、メロディーの高低差がある曲だから、カバーするのは疲れるのかも。もうひとつ気になったカバーが、バズコックス/BUZZCOKSの『EVER FALLEN IN LOVE』で、こっちはアコギの音がシャカシャカしていて、妙な爽快感がある。確か、薬を奪って逃亡するシーンのBGMだったと思う。誰のカバーだろう? こっちはかなり気になる。他にも、ボニー・タイラーの『HERO』が劇中キャラの歌として使われていたけれど、多くのヒット曲を生んだ映画「フットルース」サントラからのシングルカット曲の中で、(アメリカでは)もっともヒットしなかったナンバーを持ってくるあたりに、選曲者のヒネクレたセンスを感じる。

 あと、バー毒リンゴのシーンで、鉤爪のピアノ弾きが歌う曲として、トム・ウェイツ(この曲、ヴェンダースの「エンド・オブ・バイオレンス」のサントラ収録曲では!?)、ニック・ケイヴのナンバーが起用されていた。酔っ払いアーティストの代表格というべきふたり。アニメとはいえ大人向けです、いろんな意味で。

写真は『EVER FALLEN IN LOVE』収録、バズコックス1978年のセカンドアルバム『LOVE BITES』。「24アワー・パーティ・ピープル」での起用も記憶に新しいところ。



muramura 2004/06/13 16:56 ニック・ケイブ、ブルースのドキュメンタリーシリーズのヴェンダース編で歌ってましたよ。だいぶ禿げたけど、その分凄味が増していて、良かったっす。ヴェンダース編にはほかにも豪華メンバーが続々登場で、マーク・リボーのキレた弾き語りとかは貴重かも。

gakusgakus 2004/06/13 20:15 それは夏公開の一連のシリーズですね。どれから観ればいいものやら、と思ってたけど、とりあえずヴェンダース編は観たほうが良さそうですね。

taidataida 2004/06/14 00:00 ヴェンダースのアレはマジ傑作です。自分の好きな音楽家だけをこれでもかというほど投入。「夢の涯てまでも」以来の贅沢三昧。でも映画の出来は雲泥の差ですのでご安心を(笑)

gakusgakus 2004/06/14 01:23 ありがとうございます。ヴェンダースの好きな音楽家でブルースとかぶりそうな人というと、ニック・ケイブ、U2、ルー・リードあたりですかね。キンクスはブルースやりそうにないし…。「夢の涯でまでも」はコステロにキンクスのカバーをさせただけで、許します。観直したいとは思いませんが(苦笑)。

Mocker!Mocker! 2004/06/16 20:00 「夢の〜」の来日時にヴェンダースにインタビューした際、なぜコステロにカバーさせたのか尋ねたら、単にオリジナルが使用できなかったそうです。ついでにキンクスのアルバムで好きなのは1stだということも教えてもらいました。

gakusgakus 2004/06/16 22:25 ファーストですか…。嫌いじゃないけど、他にあるだろっ!という気がしないでもないです。「夢の涯てまでも」では、焚き火を囲んで『DAYS』を歌うシーンだけは好きだなあ…。

Mocker!Mocker! 2004/06/16 22:26 バズコックスの曲のカバーですが、サントラのクレジットを見たら、PETE YORNとクレジットされていました。確かアメリカのシンガーソングライターのはずです。「CHANGES」にはBOWIEの名も入ってましたが、コーラスで参加してるのでしょうか?

gakusgakus 2004/06/16 22:44 情報サンクスです。「CHANGES」は、劇中で聴いただけなので断言できませんが、女性Vo.のオーバーダビングじゃないか、と…。ヒップホップ的引用に近いと思います、たぶん。少なくとも、デュエトと居えるうなフィーチャーではなかったですよ。

gakusgakus 2004/06/17 03:15 ↑言えるような…でした。