映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-06-12 ヘルボーイ

gakus2004-06-12

 昨日「シュレック2」について書いた際に登場した、酔っ払いアーティストふたり、トム・ウェイツニック・ケイヴ。この二人のナンバーがそろって使われる映画をもうひとつ。アメコミの映画化「ヘルボーイ」。

 ヘルボーイは、最初はナチスの妖術実験中に生まれた小鬼のようなキャラ。父親代わりの教授に育てられ、FBIの特殊機関で怪物退治に勤しんでいる。そんな彼のまえに、ナチスの実験を統率していたラスプーチンが復活して現われ、この世に破滅をもたらすべく、妖術実験を完遂しようとする。

 一匹狼で、やたらとキメのセリフが多いヘルボーイ。でも鬼みたいな顔に劣等感を抱いているから、人体発火少女にも恋心を打ち明けられない。そういうキャラもシュレックとかぶる。

 ニック・ケイヴの『RED HAND RIGHT』がカバーで使用されているけれど誰がプレイしてるのか、わからず。エンドクレジットでも見逃しちゃいました…。ただ、この曲は、やたらと映画使用頻度が高い。「X-FILE」でも使われていたし、韓国製のスリラー「カル」でもフィーチャーされていた。「スクリーム」の何作目だったか忘れたけど、この曲のカバーが使われていたと記憶している。いずれにしても、ダークなファンタジーに、このうえなくハマる曲であることは間違いない。

 一方のトム・ウェイツは、エンドクレジットで気づき、あっ!と思った(写真の『HEARTATTACK AND VAIN』)。というのも、ヘルボーイを演じるロン・パールマントム・ウェイツに顔つきがソックリだな、といつも思っていたから。「薔薇の名前」で初めて、この人の顔を見たときは、本当にトム・ウェイツが出ているのかと思った。そういえば、「ヘルボーイ」の監督ギレルモ・デル・トロのデビュー作「クロノス」にも、ロン・パールマンは出ていた。バケモノ役がやたらと多い人だが、トム・ウェイツの伝記映画を作るなら、やはりパールマンに花を持たせたい。

パンズ・ラビリンス DVD-BOX

パンズ・ラビリンス DVD-BOX

muramura 2004/06/13 12:54 パールマンといえばもちろんバケモノ役っすよね! TVドラマ「美女と野獣」の野獣ですからね。思えば、あの特殊メイクの野獣役がパールマン唯一の二枚目役だったかも。恋だってするし。でも相手がリンダ・ハミルトンって……《美女》じゃねえよ!

gakusgakus 2004/06/13 20:14 ウケた。「美女と野獣」は未見ですが、メイクなしでもイケそうな気がします。リンダ・ハミルトンが相手役だと、野獣を撃退してしまいそうだな…。