映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-06-15 「アメリカン・スプレンダー」に見るレココレ魂

gakus2004-06-15

 色んなことが裏目に出て、思い通りに進まない日。こんな日もあります。ポッカリ時間が空いたので、新宿のレコード屋へ。帰り道、何一つ仕事をしないうちにレコードを買ってる自分がダメ人間に思えてくる。この次に生まれてくるときは、コレクターにだけはなりたくない…。

 レコード・コレクターといえば「アメリカン・スプレンダー」(7月公開)。主人公のハービー・ピーカーは、アメリカの有名なコミック『アメリカン・スプレンダー』の原作者である実在の人物。この漫画は病院の事務員をしているピーカーの、ごくごく当たり前の生活を描いたもので、彼はそのおかげで有名になるのだが、それでも相変わらず生活に四苦八苦し、ジタバタしている。そんなピーカーの庶民性は、多くの観客の共感を誘うと思う。そして個人的に、もうひとつ共感したのが、彼のレコード・コレクターとしての側面。

 主人公が収集しているのは78回転のジャズのレコードで、ロックやソウルを収集している自分とは志向が異なるが、シンクロ度はかなり高い。まず、部屋のレコード棚。重量オーバーです…といわんばかりのレコの重さに棚が歪んでいる。この年季の入り具合、わかる、わかる! 美術さん、いい仕事してます。さらにピーカーの発言“何枚集めても満足できないんだ”…こりゃ、重症コレクターです。極めつけは同僚に彼が尋ねる質問“俺って、暗い人間か?”…はい、その通り。カミさんに“レコード少しは処分しなさい!”とドヤされるのもイタかった。ハービーにとって2度目の結婚相手となった、このカミさん、結婚した後に“もっとユーモアのある人だと思ってたのに…”とハービーに訴え、それに対する彼の答えが“騙してゴメン…”である。

 とはいえ、ピーカー夫妻は現在も仲睦まじいとのこと。ケンカしたり、支えあったりを繰り返してきた彼らの結婚生活を、映画は淡々とスケッチしてゆく。こんなふうに自分の人生も続いていくんだろうな…そう思わせる自然さが、この映画の良いところだ。カミさんを怒らせない程度に、コレクター癖を抑えておかねば…。

 使用音楽はジャズが多いが、マービン・ゲイ/MARVIN GAYEの『エイント・ザット・ペキュリアー』は絶妙で、エンドクレジットではジャズ風のカバー・バージョンもフィーチャーされている。モータウン・サウンドの名曲で、スモーキー・ロビンソンが書いたラブソングのベストのひとつ。なんだかんだ言われてもカミさんを愛してるピーカーの胸中を表しているようで、気持ち良い後味を残す。

 6月9日のダイアリーでも、ちょこっと触れたThe Clashの『KNOW YOUR RIGHT』は、結婚前にカミさんが働いている本屋で流れていました。


アメリカン・スプレンダー [DVD]

アメリカン・スプレンダー [DVD]