映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-06-25 地獄へ一直線

gakus2004-06-25

 6月14日のコメント欄、Mocker!さんからの情報を調べてみたら、あったあった! ザ・クラッシュ/THE CLASH『LONDON CALLING:THE 25TH ANNIVERSARY EDITION』! ミック・ジョーンズ秘蔵の音源をプラスした2枚組で、アメリカ盤が9月21日に発売。そしてそして、故ジョー・ストラマーと自身のバンド、メスカレロスのドキュメンタリーDVDも9月1日に発売されるとのこと。詳細は以下。

http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=6905

 このドキュメンタリー、ジョーと親友のディック・ルードが企画・制作したという。ジョー・ストラマーとディック・ルードというと、すぐに思いつくのが、アレックス・コックス監督の「ストレート・トゥ・ヘル」。

 以下チョコっとネタバレ、あり。

 西部の町に流れ着いた強盗3人組、プラス妊婦が、ならず者集団や悪党らと戦うのみならず仲間割れの死闘をも繰り広げる、バトルロイヤル的展開のパンク・ウエスタン。ジョーとディックは3人組のなかの二人を演じ、ともにくたばってしまう。いまわの際のジョーが、瀕死状態で運命に毒づいているディックに言うセリフ“グチっちゃいけねえよ、兄弟”…これにシビレたのはクラッシュファンだけではあるまい。というか、男ならこんな死に方をしたいじゃないか。

 この映画のDVDには、製作から14年を経て主要スタッフ&キャストが当時を振り返るドキュメンタリー「バック・トゥ・ヘル」が収録されている。もちろん、ジョー・ストラマーも出演。しかし、なぜか妊婦役のコートニー・ラブはニセモノが登場する。Why?というわけで、昨年アレックス・コックスが来日した際に取材の機会を得たので尋ねてみたら“コートニーは、あの映画に出演した過去を消し去りたいのさ。出演して欲しくて留守電にメッセージを残したけど、返事はなかった。当時から彼女は上昇志向が強く、高慢で、関係者は皆嫌っていた”とのこと。

 併せて、故ジョー・ストラマーがどんな人だったかのかも訊いてみた。コックスいわく“改めて尋ねられて、僕がジョーについて何も知らないということに気づいたよ。つまり、彼はとても神秘的な人だった…ひとつハッキリしているのは、砂漠での撮影で暑かろうがノドが乾こうが、決して不平や不満を口にしなかったんだ"。カメラの前でも後でもグチらなかったジョー。男の鏡である。

 写真はアレックス・コックス監督作「シド・アンド・ナンシー」のエンディングテーマとなったジョー・ストラマーのシングル『LOVE KILLS』。


ストレート・トゥ・ヘル [DVD]

ストレート・トゥ・ヘル [DVD]

muramura 2004/06/27 03:17 「ロンドン・コーリング」2枚組、そいつは絶対買わねば! もちろんメスカレロスのDVDも。あと「ストレート・トゥ〜」と言えばザ・ポーグス。ジョーがゲストで登場して「ロンドン・コーリング」を熱唱したライブビデオ、誰かに貸したまま無くなってしまいました。これもDVD化されませんかねえ。

gakusgakus 2004/06/27 03:35 それ、持ってる持ってる!(muraさんのじゃなくて)。ぜひDVD化してほしいですねえ。そういえば、「SUPER 8」でエミール・クストリッツァのバンドとジョーがプレイしてた『LONDON CALLING』はPOGUES風だったなあ。バンジョーのせいですかね。

muramura 2004/08/02 14:59 ジョーとメスカレロスのDVD「レッツ・ロック・アゲイン」(タイトル凄すぎ…)、発売延期で10月になったようです。残念。

gakusgakus 2004/08/02 15:11 そうそう、私も某社の方からうかがいました。なんでもディック・ルードが編集をやり直してるとか。ただ、DVD発売前に劇場公開される可能性もあるとのこと。早く観たいっす。

muramura 2004/10/05 21:16 輸入盤で「ストレート・トゥ・ヘル・リターンズ」というCDを発見! 元ポーグスのジェム・ファイナーが監修して、前のサントラの未発表曲を大幅に増量した完全版でした。

gakusgakus 2004/10/05 21:48 うーむ、こっちも気になりますね。ポーグスのナンバーが異常に増量されているのは、そのせいですか。国内盤も出ているようですね。

muramura 2004/10/06 02:32 おお、国内盤も出てましたか。作品が作品だけにてっきり輸入盤だけかと。イギリスでは12月にポーグスが再結成ツアーをやるようです。シェインはもちろん、ウソかマコトかコステロの元妻ケイト・オリオーダンまで復帰するとか。半分本気で渡英を考え中。gakusさんもどうすか?

gakusgakus 2004/10/06 03:03 ケイトまで出るとは凄いですね。ライブアルバムのリリースも予定されているようです。そういえば、シェーンの公式サイトには、ジョニー・デップやジョン・マルコヴィッチと映画に出た…とのニュースがアップされてましたよ。渡英はカミさんに相談してみんと…(泣)。

muramura 2004/10/18 02:32 ポーグスの全アルバム、11月にリマスター&未発表曲入りでリイシューされるそうです。しかもシェーン脱退後の2枚まで…。こんなことしてちゃんと商売になるんですかねえ?

gakusgakus 2004/10/18 02:47 それは、きっと私が買います(笑)。最後の2枚よりは、POPESのリイシュー希望。『WHAT A WONDERFUL WORLD』『MY WAY』のカバー等、アルバム未収録曲を加えて欲しいっす。

muramura 2004/10/18 02:56 「What a Wonderful World」は、スナックのカラオケ状態のシェーンが完全にニック・ケイヴを喰ってましたね。アルバム未収録ではシンニード・オコナーとデュエットした「Haunted」がお気に入り。これは日本で出た企画版に入ってましたけど。今度のライブではケイトが歌うかも知れませんね。

gakusgakus 2004/10/18 03:06 『HAUNTED』は泣けますねえ。で、もっと泣ける『FAIRYTALE OF NEW YORK』は誰が歌うんでしょうね。季節的にやらないはずはないけれど、KIRSTYのボーカル以外に考えられない歌だけに気になるところです。

muramura 2004/10/18 03:16 多分ケイトが歌うのでは。もともとケイトとのデュエット用に書いた曲らしいし。シェーンのソロのライブ盤ではシェーンの妹が歌っていて、おっそろしく下手クソでした……。

gakusgakus 2004/10/18 12:36 シェーンの妹!? 歌詞のとおり罵倒されたらシャレにならない人のような気がします(笑)。

muramura 2004/10/18 13:23 苗字がMacGowanだったので、たぶん妹かと。これがオカンとかバアチャンだったら、それはそれでスゴいんですけど。

gakusgakus 2004/10/18 13:52 (笑)それだと、歌詞がまた違う意味を持ってきそうな…。