映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-07-02 ジェネレーションギャップ

gakus2004-07-02

ニコラス・ローグ監督、幻の一作「WALKABOUT 美しき冒険旅行」のビデオをいただいたので観ようとしたところ、2〜3秒間隔で画面にノイズが走り、トラッキング調節もままならず、観賞を断念。しかし“ローグが観たい”熱は収まらず、しょうがなく所蔵のビデオから「パフォーマンス・青春の罠」を観直した。

いつ観ても思うけど、これはこの時代(1960年代後半)のイギリスじゃないと、絶対に生まれ得なかった映画だよなあ…。スウィンギン・ロンドン時代の若者というのは、その上の世代には理解されにくいほどの存在だったのだなあ、と思う。どの時代にもジェネレーション・ギャップはあるけれど、この時代の断絶は特に深かったのだろう。「欲望」なんかもそうだけど、若いヤツらをモンスター視しているような雰囲気があり、シュールな展開にそれが表れているようで興味深い。この映画のなかのミック・ジャガー、ホントに狂ってるみたいだし。

共演のアニタ・パレンバーグは元々ブライアン・ジョーンズの恋人だったが、やがてキース・リチャーズに乗り換え、この映画のころにはミック・ジャガーとも関係を持っていたという。ストーンズ内部のグチャグチャの愛憎関係。保守的な英国のお年寄には、そりゃ理解されないだろう。

サントラに収録されているミック・ジャガーのソロ名義のナンバー『MEMO FROM TURNER』はバックをストーンズのメンバー、プラス、ライ・クーダーが務めているせいか、アルバム『ベガーズ・バンケット』『レット・イット・ブリード』に収められても不思議ではないほどブルージーかつワイルド。先述のアルバム2枚の威光が強烈すぎて、あまり日のあたらない曲だが、隠れた好ナンバーだと思う。

明日はブライアン・ジョーンズの命日。死の謎が解明されないまま、35年が過ぎようとしている。


muramura 2004/07/08 02:23 ミックと映画といえば『フリージャック』を忘れるべからず!A・ホプキンスが出演理由を訊かれて、「ミック・ジャガーに会ってみたかったから」と言っていたのが忘れられません。

gakusgakus 2004/07/08 02:27 「フリージャック」で来日した時、上司に無理矢理頼み込み、カメラマンとして会見連れていってもらいましたよ。東京ドームで遠目から見るだけだったミックが半径3メートル以内にいることに、異常に興奮しました!しかし、そのとき撮った写真のうち、ちゃんと撮れてたのが一枚だけで、上司に呆れられましたとさ…。