映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-07-05 遠い遠い国再訪

gakus2004-07-05

 吹替版で「シュレック2」を観た。字幕版に続いて2度目だが、2度観てもやはり面白い。関西弁のシュレックに眉をひそめる向きもいるが、これはこれで良いと思う。“(ギャグが)すべったかな?”と照れ笑いするシュレック、それなりに愛嬌があります。

 ディズニーアニメの吹替版ではミュージカルシーンで歌われる歌も日本語役で吹替えられるが、本作も同様である。『ヒーロー』は、しっかり日本語訳で歌われていたけれど、麻倉未希のカバーとは違っていた。当然か…。『アチチ(正式タイトル忘れた…)』は竹中直人&山寺宏一が、郷ひろみバージョンの日本語ではなく、リッキー某の歌う詞と一緒で、息の合った掛け合いを聴かせる。

 挿入歌がしっかりフィーチャーされている映画だから、こちらも吹替になってたらどうしよう…という不安もあったが、“♪へ、へ、へ、へ、変化〜♪”とはなっておらずオリジナルのままでホッとした。デビッド・ボウイ、ちゃんとデュエットしていました。ただ、キーが低いのか、オリジナルのようなシャウトは聴けず。

 写真はスライ&ザ・ファミリーストーン/SLY & THE FAMILY STONE、1968年の傑作アルバム『DANCE TO THE MUSIC』。「シュレック」のDVDには隠しコマンド映像が収録されており、そこではこのタイトル曲を中心にしたオマケのミュージカルシーンが楽しめる。シュレックが歌う『素顔のままで』(ビリー・ジョエル)、フィオナ姫の『ライク・ア・ヴァージン』などがメドレーになっているが、フィオナが歌うということはキャメロン・ディアスが歌っているということで、キャメロンといえば「ベスト・フレンズ・ウェディング」「普通じゃない」でオンチは証明済み。実際ここでもそれほど上手ではないが、もっとヘタだったような気が…。これホントに本人か!?


muramura 2004/07/07 10:25 キャメロン・ディアス、『ヴァニラ・スカイ』でも一曲歌ってましたよ。監督と奥方ナンシー・ウィルソンが作った曲で、劇中ではキャミーがトム・クルーズに車の中で聴かせるデモテープの曲として登場。こちらも珍しく、オンチ系ではなかったかな。でも、キャミーのオンチ演技(?)は凄まじいっすよね。『ベスト・フレンズ〜』のあのシーンは、映画史上に残る奇跡の瞬間だと思っております。

muramura 2004/07/07 10:26 M・マイヤーズの『素顔のままで』ですか! 知らなかった。20年来のB・ジョエルフリークとしては、要チェックですな。

gakusgakus 2004/07/07 22:28 muraさま お帰りなさいませ。「ヴァニラ・スカイ」は観ていませんでしたが、歌ってましたか!さらにキャメロン・クロウの奥方がナンシー・ウィルソンだったという方に驚き。「オースティン・パワーズ」のカントクがバングルズのスザンナ・ホフスのダンナだったことを知ったとき以来の衝撃ですわ…。

路地裏猫路地裏猫 2004/07/08 22:01 遅ればせながら『シュレック2』字幕版を昨日(7/7)観ました。仕事のために

路地裏猫路地裏猫 2004/07/08 22:05 仕事のために吹替版も観たかったんですよ…と書き込もうと思ったら、途中で投稿されちゃいました。近日中にサントラ買います!

gakusgakus 2004/07/08 23:29 この映画、楽曲の使い方が丁寧なので、サントラを聴くとそのシーンが思い出されて良いですよ。ウチでもよく聴いてますが、なかなかの好盤ではないか、と。