映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-07-09 美しき冒険旅行

gakus2004-07-09

 ついに、ついにニコラス・ローグ幻の(単独クレジットでは)初監督作「WALKABOUT/美しき冒険旅行」を観た!

 オーストラリアの砂漠をドライブ中の一家。父親の自殺によって14歳の娘と6歳の息子が取り残され、ひと気のない広大な荒野をさまようことになる。途中、アボリジニ人の少年に助けられ、灼熱の大地で生きる術を学ぶ。そして14歳のヒロインはアボリジニ少年との間で、性の違いを意識することになる…。文明批判としてオチをつけると同時に、思春期特有の未成熟なエロチシズムを伝える作り。ヒロイン、ジェニー・アガターの美しさだけでも、十分酔える。

 特筆すべきは、やはり映像。水鉄砲から発射される水、ハリネズミやトカゲなどのチョロチョロした動き、そして全裸で泳ぐヒロインなどなど、映像でなければ表現できない鮮烈な美しさが随所に顔を覗かせ、ハッとさせられる。映像美にもいろいろあって、写真集のようと評される、いわゆるフェトジェニックなビジュアルを撮れる監督は多いが、この映画の場合はムービージェニックとでもいうべき“動き”の美しさがある。先述のヒロインの泳ぐシーンなんかは、水面の揺れによって変化する体の線が、なんともいえず幻惑的なのだ。色使いの巧みさも技ありで、ローグが当時から映像派にこだわりを持っていたことが確認できる。ホント、ビデオで観たことが惜しくなるほど。スクリーンで、もう一度観てみたい。

 父親の自殺直前、ラジオからロッド・スチュアートの『GASOLINE ALLEY』が流れる。ロン・ウッドとの共作で、マンドリンのリフが印象的なナンバー。“家に帰りたい"とハスキーな声で訴えるロッドのボーカルは、この後の小さな姉弟の過酷な旅を予兆しているかのようだ。

 写真は、この曲を収めた1970年のアルバム『GASOLINE ALLEY』。1970年代前半のころのロッドのボーカルは、フェイセス/FACESの一員として残した曲も含めて鬼気迫るものがあり、いつ聴いてもゾクゾクさせられる。

WALKABOUT 美しき冒険旅行 [DVD]

WALKABOUT 美しき冒険旅行 [DVD]