映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-07-16 ボーイズ・オブ・サマー

gakus2004-07-16

 カミさんが午後から外出するので、本日は子守担当。何して遊んでやろうか迷ったあげく、品川のプリンスシネマへ「スパイダーマン2」(日本語吹替版)を観に行くことに。

 音楽に注目して見直してみると、スコア以外に劇中でちゃんとフィーチャーされているナンバーは、2曲しかないことに気づく。一曲は『雨にぬれても』(6月17日の日記参照)で、もうひとつはピーターがMJの芝居を観に行くまえに流れるミディアムテンポのロックナンバー。これがJETかな…なにぶんサントラを聴いていないので、よくわからなかい。あとはエンディングタイトルで3曲立て続けにかかるけど、どれもロケンロー!という勢いは感じないミッドテンポのナンバー。うち、ひとつはDashboard Confessionalではないかと思われる。メロディーの“泣き"が特徴的かな、というのが根拠だが、これまた自信ナシ。この辺に詳しい方がいらっしゃいましたら、お教えくださいませ。ちなみに国内盤のボーナストラックとして収録されたというTM REVOLUTIONの曲は全編終了後の吹替声優クレジットで流れてました。

 以下、親バカ話。4歳の息子にとって、今回が映画館デビューである。ドラマ的な部分で退屈して騒ぎ出し、他のお客さんの迷惑になるかも…という不安はあったが、意外にもエンドクレジットが終わるまで食い入るように観ていた。ドック・オクが手術台で大暴れするシーンでは他の子が泣き出し、お母さんに連れられて退場。さすが「死霊のはらわた」のパロディー・シーンだけある。ウチの子は大丈夫か?と様子をうかがってみると、“こわかったね"とボソリ。ストレスを克服してスパイダーマンの能力を取り戻したピーターが、調子こいてビルからジャンプ〜落下〜コケて“アタタ、アタタ"と声を上げるシーンでは、2割弱程度の入りの閑散とした場内に、ウチの子の甲高い笑い声が響き渡った。

 自分の映画館初体験を振り返ると、やはり4歳のときで、父に連れられて「モスラゴジラ」を観たのを覚えている。おかげで、当時はシリーズの流れとして善玉に傾いていたゴジラを、正しく悪玉として認識できた。映画そのものはもちろん、暗くて、とてつもなく広い(と感じられた)映画館という場所の興奮も、そこで食べたチョコフレークの記憶とともに今でも鮮明。映画ファンの多くが、映画館で映画を観ることにこだわるのは、そんな記憶の刷り込みによるところが大きいのではないだろうか。時代は変わって今やシネコン全盛期。メイプルシロップ味のポップコーンを食べながら観たスパイダーマンは、子どもの記憶にどこまで残るのだろうか…。帰り道、糸を出すスパイダーマンの手のポーズを何度も何度も繰り返している息子を見ながら、そんなことを考えた。

 写真は、サントラ収録アーティストのひとつである、THE ATARISのアルバム『SO LONG, ASTORIA』。ドン・ヘンリーのヒット曲をワイルドにカバーした『THE BOYS OF SUMMER』は泣きメロや少年の日の回想を歌う歌詞の効果も手伝って、ノスタルジーをくすぐられます。



<追記>

ピーターがMJの芝居を観る前にかかるナンバーは、やはりJET『HOLD ON』でした。