映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-07-17 「スパイダーマン2」覚書

gakus2004-07-17

 記憶が生々しいうちに「スパイダーマン2」のディテールについて書いておこうと思う。2度観たとはいえ、あと二晩も寝たら忘れてしまいそうな、些細なことです。

 ブルース・キャンベル発見。一作目のリングアナ役に比べると、ピーターとしっかり絡むし、マシな役かも。また「死霊のはらわた供廚竜嗚棆肇好灰奪函Ε好圈璽殴襪皀團兇鮨い損ねる男役で出演していることを確認。ちなみに、スピーゲルの次回監督作はハーシェル・ゴードン・ルイスの「2千人の狂人」をリメイクした「2001人の狂人」。これはヤバそうである。ジョン・ランディスも出演しているらしい。

 そのジョン・ランディスも「スパイダーマン2」にもで出ているとのこと。IMDBで調べてみたら、“DOCTOR”としか記されていないが、どの医師? ドック・オクを手術しようとして殺された中の一人か?ピーターにスパイダーマンを辞めることを勧めた、グレイトフル・デッドのTシャツを着ている医師? いずれにしても、ヒゲを剃って眼鏡を取られるとお手上げである。

 そのグレイトフル・デッド医師、ピーターの病の原因はココにある、と頭を指差す。すなわち心の問題ということ。日本では心の位置は胸のあたりと決まっているが、米国人はやっぱり頭なんだ…と再確認。

 一作目から感じていたが、キルスティン・ダンストの長髪は好きじゃない。そのせいもあってか、実は「スパイダーマン2」で、彼女以上に印象に残ったのは、ピーターが住むアパートの大家の娘だった。最初、観たときはその理由がわからなかった。クリクリっとした目は印象的だが、よくよく顔をみると、やっぱり華がないし…。じゃあ、彼女に強烈な磁場を感じるのはなぜか? ピーターにケーキを勧めて部屋に誘うシーンで、その理由が判明した。ジーンズの位置である。俗に“ジーンズは腰で履け"と言われているが、彼女は腰以下で履いており、そのせいで脚の付け根のラインがチラチラ見えてしまうのだ。ピーターを誘っているように見えたのは、そのせいだったのか!と納得。隣で観ていたウチの息子は“オヘソ見えてる〜”と無邪気にウヒャウヒャ笑っていた、同じころ父親は、その下を気にしていたのでした…。

 写真はグレイトフル・デッド/GRATEFUL DEADの『WHAT A LONG STRANGE TRIP IT'S BEEN』。熱心なデッド・マニアではないので、この編集盤しか持ってません…。