映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-07-28 お父さんのバックドロップ

gakus2004-07-28

 「お父さんのバックドロップ」の劇場公開を前にして、原作者である中島らも氏が亡くなられたのは、なんとも残念。この映画の感想を、ぜひ知りたかった。

 パッとしないプロレス団体を牽引しているレスラーが、反抗的な息子に自分の生き様を見せるべく異種格闘技に挑戦。スピードと若さで勝る空手チャンピオンを相手に、ひたすら立ち向かっていく…という物語。関西が舞台で、人情味や親子愛が強調された、ストレートな下町コメディー。単純な自分は、男の子の父親であるせいか、あっさりホロッとさせられてしまった。

 中島氏については、もう20年近い前だが、学生のころに読んでいた『宝島』で“てっちゃん”(写真)を書いてた人だよな…という印象がある程度で詳しくは知らないし、思いいれも強くない。当時の宝島は、今思い返すと屈折したサブカル感で人気を博していたから、この人もそういうトンガリキッズ(死語)なのだろう、と。そんな人の書いた小説の映画化が、けれんのない熱血ドラマになる…というのは、時代の流れを感じる。もちろん小説と映画とは別物だが、中島氏もそれなりに加齢を重ねたのだな、という妙な感慨に浸ったのも事実。ご冥福をお祈りします。

 映画のエンディングに流れるのは、スネオヘアーなる日本のバンドの『ストライク』というナンバー。疾走感あふれるギターポップでメロディーも切なげ。2週間前の映画を観た直後、かなり気に入ったので、すぐにCD屋に行ってみたら、まだ発売されていませんでした…。いつ出るのか、要チェックであります。

muramura 2004/07/29 10:23 『お父さんは…』には大声では言い難い感想が渦巻いてますが、ゲスト出演の中島らも氏は最高でした。そういえば昔、らも氏が関西でラジオ番組を持っていて、「今日はバレンタインデーなのでフランク・ザッパ特集です…」みたいなシュールなことをやっていた覚えがあります。合掌。

gakusgakus 2004/07/29 15:53 床屋の役で出てましたね。“バレンタインにザッパ”ですか…その発想も凄いなー。ますます映画「お父さんの…」の感想を聞きたくなりました。

ミーミー 2004/09/06 23:20 スネオヘアーの『ストライク』は10月6日発売です(たぶん)
映画の予告みましたが面白そうですね。

gakusgakus 2004/09/06 23:41 情報ありがとうございました。映画の公開が10月9日なので、タイムリーなリリースですね。映画は比較的、多くの観客に訴える、良心的かつ娯楽味に富んだ内容ではないかと思います。