映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-08-03 セックスマシンって…

gakus2004-08-03

 このところカンヅメ仕事が多く、なかなか出歩けなかったが、今日は2週間ぶりに映画を観た。モノはフィリップ・カウフマン、久々の新作「ツイステッド」(10月公開)。

 アシュレー・ジャッドふんする敏腕だが精神的に不安定な女刑事が、連続殺人の容疑者にされるというサスペンス。映画の冒頭で、サイコな犯罪者を逮捕したヒロインが、バーで同僚たちと祝杯を上げる。店内でかかっているのは、ジェームス・ブラウン/JAMES BROWNゲロッパでおなじみの『GET UP〜SEX MACHINE』。アシュレーはノリノリで踊っている。そして2件目のお店で、カウンターにいる見ず知らずの男をナンパし、そのまま一夜限りの火遊びに突入。そして彼女の男漁りは、これが最初ではないことが、やがてわかってくる。セックス・マシンって、おまえかよ! この後、ヒロインと関係したことのある男が次々と殺され、それゆえに彼女に容疑が向けられることになる。

 フィリップ・カウフマンの映画なのに2時間超えていない(96分!)ことに、なんとなくイヤな予感はしたんだけど…。

 例のバーのシーンでは、『SEX MACHINE』に続いて、同じくJBの『PAPA DON'T MAKE NO MESS』がかかる。写真は、13分以上におよぶこの曲を収めた1974年の『IT'S HELL』。このアルバム、表ジャケよりも裏ジャケの方が面白いので、そちらをのっけてみました。JBをとりまくバケモノどものフキダシが小さくて読めないのが残念。“ヤツ(JBのこと)は強すぎて止められねえ"“ゴッドファーザーだからなあ"ってなことを言ってます。いずれにしても、夏場に目の当たりにするには、とんこつラーメンのように濃厚で熱過ぎるデザイン。このころのJBのアルバム・ジャケットは、こんなのばっかりで燃えます(笑)。