映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-09-04 “軽さ”の妙

gakus2004-09-04

 仕事絡みでビデオを2本観る。「エル・コロナド」と「ディボース・ショウ」。どちらも劇場公開時に見逃していた。

 「エル・コロナド」はなかなか豪快な冒険アクションで、画面いっぱいに爆破の炎が広がるわ、今にも崩れそうな巨大な橋を期待通りにぶち壊してくれるわと、派手な見せ場が矢継ぎ早に連なる。主人公のお嬢様のタフな変身ぶりも漫画風で○。

 「ディボース・ショウ」は個人的に大好きなコーエン兄弟の映画で、離婚訴訟の泥沼合戦を描く風刺的な内容ながら、ジョージ・クルーニーキャサリン・ゼタ=ジョーンズの美男美女共演に支えられ、粋な後味を引くラブコメディーとなっていた。サム・ライミ作品の常連で、コーエン兄弟とも縁浅からぬブルース・キャンベルが、ここでもカメオ出演していたのは、ちょっと驚き。「エル・コロナド」のヒロインが、キャサリンの夫の浮気相手に扮して列車プレイをやっていたのは、さらに驚き。調べてみると、この女優、クリスティン・ダッディーロはエアロスミス『JENNY'S GOT A GUN』のビデオクリップに出演していたことが判明。

 「ディボース・ショウ」はキューピットの絵を使った切り絵アニメーションで、バックを彩るプレスリーの『SUSPICIOUS MIND』の響きがマッチしていた。この軽やかなセンス、いかにもコーエン兄弟風である。

 プレスリーのレコードは持っていないので、『SUSPICIOUS MIND』のカバーを収めたファイン・ヤング・カニバルズ/FINE YOUNG CANNIBALS、1986年のファーストアルバムのジャケを。プレスリーもバズコックスも同系列のファンキーなノリでカバーしてしまう、このバンドのフットワークの軽さも愛すべきものがあります。


エル・コロナド 秘境の神殿 [DVD]

エル・コロナド 秘境の神殿 [DVD]